検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

9件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
人前に出る機会が多いのに、あがり症がつらい! そんな方にはインデラルがおすすめ
大勢の人前でスピーチをする必要が出たときや、初めて会う人に自己紹介をするときなど、「あがってしまって、うまく話せない」「緊張して、何をしゃべったらいいかわからなくなる」といった悩みを持った方も多くいるでしょう。人前に出たりして、心臓の鼓動が速くなったり、呼吸が浅くなり息苦しさを感じたり、手足の震えがあったり、赤面して汗が出てきたりといった症状が出ることをあがり症と呼んでいます。個人差は当然ありますが、あがり症というものは誰にでも起こり得ることです。

このあがり症には、自律神経のバランスが影響しています。平常の状態であれば、交感神経と副交感神経がバランスよく働いていますが、不安を感じたり緊張を強いられたりすると交感神経が優位になり、先に述べたようなあがり症全般の症状が体に表れます。「以前、スピーチで失敗してしまった」など、人前で恥ずかしい思いをした経験が過去に一度でもあると、同じようにスピーチをする必要が出た際に、不安を強く感じます。「また同じような失敗をしないか」「失敗して人に笑われないか」と、他人の目線を強く意識してしまい、交感神経が強く活性化されてあがり症状が発生します。不安や緊張というものは、一見厄介なだけの存在に思えますが、これらによって生じる警戒心を上手に活用することで、人類は厳しい環境の中でも現在まで生き延びていくことができたのです。また、ほどよい緊張感は高いパフォーマンスを発揮するのに必要なものでもあります。つまり厄介な存在ではありますが、不安や緊張というものは人類にとって必要なメカニズムなため、上手に付き合っていく方法を知ることが大切です。

あがり症の他の要因としては、自己肯定感の低さがあります。自分のことを受け入れてもらえないかもしれないと感じてしまい、失敗したときの批判を常に恐れてしまうのです。「人前に出るとすぐ緊張してしまう」といった人は、緊張していることを隠そうとしたり、自分のことを他人がどう見ているかを気にしたりすることで、その意識が更なる不安を生じさせてしまっていることがあります。そうなると余計に体が緊張してしまい、それがまた不安を生むといった悪循環に陥ってしまいます。その結果、上手に話すことができず失敗してしまい、「やっぱり自分は人前に出るのが苦手だ」という意識がどんどん強くなり、その苦手意識が更にあがり症の要因となってしまいます。ですので、まずは「緊張してはいけない」という意識をなくすことも、あがり症の対策としては重要です。

あがり症と上手に付き合っていく方法は、主に二つあります。ひとつは「認知行動療法」で、もうひとつは「薬物療法」です。「認知行動療法」は、ものの考え方や受け取り方である認知に働きかけて、気持ちを穏やかにしていく治療法です。人前で恥をかいた経験をすると、「また同じ失敗をして、恥をかくのではないか」と不安になってしまい、自力で問題解決が難しい心理状態になってしまいます。あがり症における認知行動療法では、「人前は怖いところ」という認知を変えて、「人前は怖くないところ」という考え方を受け入れられるようになることを目指します。

日常生活の中でできる、あがり症に対する簡単な認知行動療法として、「電車などで席を譲る」というものがあります。電車で座っているときにお年寄りが乗ってきたとき、席を譲りたいけど、断られたり、周りの目が気になったりして、躊躇してしまうことはありませんか。それは自意識が過剰になっている状態です。本来の目的である「席を譲る」ということよりも、自分のことに意識が向いてしまっているのです。この認知は、あがり症になりやすい思考癖です。他人からどう思われるといったことに意識を向けず、本来の目的に集中するためのトレーニングとして「電車などで席を譲る」は効果的です。また、「注意トレーニング」という他の物事に注目することによって緊張を和らげるトレーニングもあります。自分が画家になったつもりで、周りにいる人の顔をよく観察します。もちろん実際に似顔絵を描くわけではありませんが、絵を描こうとするには、顔全体の形や顔それぞれのパーツの形、目の大きさや色、髪型などを細かく観察する必要があります。細かく観察をしていると、相手に注目するので、自分に意識が向かいません。人でなくても、周りにある物や風景でも大丈夫です。

上記のようなトレーニングを続けてもあがり症がなかなか収まらなければ、「薬物療法」も検討してみるのがいいかもしれません。薬物療法では、不安を軽減したり、手の震えを止めたりといったあがり症の症状を抑える効果が期待される薬を服用します。あがり症の薬の一つにインデラルがあります。インデラルは交感神経の働きを抑制する効果がある薬です。先に述べたように、緊張や不安により優位となった交感神経をインデラルの力によって抑え込むというものです。人前によく出る機会があるものの、よく緊張してしまってつらいという方は、インデラルを試してみるといいでしょう。
あがり症とは?そのメカニズムと対策を探る
あがり症とはその名前の通り人と接するときや人前に立つときに過度な緊張状態に陥ってしまう症状のことです。よくスポーツ選手が試合のときに緊張のために思ったようなパフォーマンスを発揮できないケースが見られますが、日常生活のなかでこうした状況と頻繁に遭遇してしまうのがあがり症の大きな特徴なのです。

どんなにプレッシャーに強い人や、大舞台で活躍する人でもまったくあがらないということは滅多にないものです。人前に自分を晒す機会が多い人は何らかの形でプレッシャーを克服する、またはプレッシャーとうまく付き合うことで自身のパフォーマンスを発揮できていると言っても良いでしょう。しかしあがり症の人は症状が極端にあらわれてしまい、あがらないよう対策を行おうにもうまくいかないケースが多いのです。

でもどうして極端な症状が現れてしまうのか?じつははっきりとした原因はよくわかっていません。そのため本人の性格的な部分や、健康状態が原因で発症する可能性が高いのでは、と考えられています。例えば自律神経が乱れているため、ちょっとしたことで血流が急激に高まって紅潮や動悸が起こる、あるいは体内の神経伝達物質のバランスが崩れているので神経が過敏になっているなど、体の状態があがり症の原因になっているケースも指摘されています。あがり症というと精神的な問題と思われがちですが、体の健康が思わぬ形で関係している可能性もあるわけです。

一方、精神的な問題も無視できません。とくにあがり症の方に多いと考えられているのが過去のトラウマです。例えば子供の頃に人前でなにか大きな失敗をしてしまい恥ずかしい思いをした、あるいはその失敗を周囲の人達からバカにされて傷ついた、といった経験をするとそれがトラウマになって過度な不安を抱え込みやすくなります。過去のトラウマと同じようなシチュエーションになったとき、あるいは単に人前で何かをするときに「また失敗したらどうしよう」「失敗してバカにされたらどうしよう」と過敏に反応してしまい、極端にあがってしまうのです。

なお、このあがり症は年齢を問わず見られますが、全般的な傾向として若い段階で発症することが多くなっています。あがり症(社会不安障害)のおよそ半分が11歳、つまり小学生の間に発症し、9割ほどが23歳まで、つまり社会人になる段階にはすでに発症していると言われているのです。この点からも子供の頃のトラウマが大きな影響を及ぼしていることが伺えます。

あがり症の症状としてよく挙げられるのが人前で話す時に声や手が震えてしまう、過度な緊張で頭の中が真っ白になって何をしたらよいかわからなくなってしまう、あるいは顔の紅潮や激しい動悸などが挙げられます。

厄介なのはこうした症状があがり症をさらに悪化させ、改善・治療の機会を奪ってしまうことです。過去の失敗のトラウマが原因であがってしまい、それが大きな失敗をもたらすことでますますあがりやすくなってしまうのです。まして社会人になってから大きな失敗をすることで人物としてのマイナス評価に結びついてしまうと過度な緊張を通り越して恐怖を感じてしまうことさえあります。

そうなると「緊張しないように」と意識してますますあがってしまうだけでは済まなくなり、緊張する状況を避けるための回避行動をとるようになります。人前に出る機会を避ける、先延ばしにする、さらには人とのコミュニケーションそのものを避けるようになってしまいます。その結果として社会生活を送りにくくなり、学校や職場から孤立し、さらには社会から孤立してしまう…そんな苦しみを味わっている方も少なくありません。

このように深刻な状態になる前に適切な対策を行っていくことが重要なのです。そんなあがり症の対策には大きく分けて薬物療法と行動認知両方の2種類があります。

行動認知療法では自分の行動や思考パターンの把握を心がけながら過度にあがってしまう状況の改善を図っていきます。あがり症の症状をもたらしてしまう過度な思い込みや思考・行動パターンを客観的に見直しながら改善を図っていくわけです。

具体的な方法としては毎日の出来事や、そのときに感じた自分の考え・感情を記録する。そしてそうした出来事に対する自分の考え方が偏っていないか、主観的になりすぎていないかを分析する作業が挙げられます。あがり症の方は思い込みや強すぎる自己批判、深読みしすぎてしまうといった思考のクセを持っている傾向が見られます。例えばちょっとした自分の行動で人を不快にさせてしまったり、笑われてしまったのではないかと心配になるクセです。こうしたクセを客観的に見つめ直すことで改善していくのです。

薬物療法では、インデラルをはじめとしたベータブロッカー(ベータ遮断薬)という薬の投与が行われます。精神的な悩みというと抗鬱剤や精神安定剤を連想する方も多いと思いますが、これはもともと血圧を下げるために用いられている安全性の高い薬です。この薬の効果によって緊張がもたらす過度な動悸や紅潮、手足の震えを防ぐことができます。

薬の力でまずあがり症の症状そのものを和らげることで心の余裕をもたせ、人前で適切な振る舞いができる環境を整えるわけです。こうしたインデラルなどの薬剤は個人輸入代行業者で海外製のものを購入することもできます。人に相談できずにひとりであがり症の悩みを抱えている方はこうした形で薬を入手したうえで対策を行っていくのもひとつの選択肢となるでしょう。
あがり症に見られる症状と改善のための対策
大勢の人の前でプレゼンや講演をしなければならない場合、きっと誰もが多少の緊張を覚えることでしょう。人間にとって「緊張する」ということは、誰にでもある自然な反応です。人間は感情を持つ生物なので、あまり緊張しないという人はいるかもしれませんが、全く緊張しないという人はいないことでしょう。しかし、すごく緊張しやすいという人も結構多いようです。

緊張しやすい人は大勢の人の前に立つ時はもちろん、少人数の前であっても自分の意見を述べなければならない時や初対面の人と挨拶をする時にも緊張します。アスリートなどは適度に緊張していた方が良いパフォーマンスができると言われますが、緊張しやすい人の場合、緊張して失敗してしまうことの方が多いのではないでしょうか。そのため、できる限り緊張を隠そうとする人もたくさんいるようです。

極度に緊張しやすい人や緊張によってたくさんの失敗をしてしまう人は「あがり症」かもしれません。「あがり症」は社会不安障害とも呼ばれ、精神疾患の一つに数えられています。この「あがり症」には様々な特徴や症状が見られますが、そのうちのいくつか例を挙げてみましょう。

赤面症や震え。赤面症は緊張した時や恥ずかしいと感じる時に顔が赤くなる症状です。あがり症でない人もすごく恥ずかしい思いをした時には「顔から火が出るほど恥ずかしい」という言い方をするかもしれません。顔が真っ赤になるということです。あがり症の人の場合、そうしたことが実際に、そして頻繁に起り得ます。誰かと話している時やプレゼンの際に顔が真っ赤になってしまいます。
加えて、あがり症の人は誰かに見られている時などに手や足がガタガタと震えてしまうといった症状もよく出ます。大勢の人の前で話をしなければならない時、そういう状況に慣れていない人は足が震えてしまったという経験があるかもしれません。しかし、あがり症の場合、ひどい時には同じ場所に立っていられないほど、また震えで原稿を持つことやペンで字を書くことができないほど震えてしまうことがあります。

多汗症や吃音。あがり症の人によく見られる別の症状に「たくさん汗をかく」というものあります。緊張した時には誰でも多少は汗をかくことがあると思いますが、あがり症の人は大量の汗を脇や手のひら、顔にかきます。汗が流水のように滴ることもしばしばあるようです。
また、吃音などの言語障害もあがり症の人によく見られる特徴です。普段は問題なく話をすることができるのに、緊張する場面になるとどもってしまい、上手に話すことができなくなってしまうのです。

パニック状態や呼吸困難。かなりひどい症状になると、パニックや呼吸障害を引き起こすことがあります。パニック状態はいわゆる「頭が真っ白になってしまう」状態で、記憶を失ってするべきことや話すべきことを忘れてしまったり、自分が何をしているのか、何を話しているのかが全くわからない状態になってしまうことがあります。また、極度の緊張から呼吸が上手にできなくなることもあります。息を吸うタイミングがわからなくなったり、ひどい動機や息切れが起きることもあります。

あがり症になると、次もまた本番で失敗したらどうしようという不安などから、さらに症状が悪化してしまうということもあり、悪循環に陥ってしまうこともあります。しかし、適切に対処していけば症状を軽減させることは可能です。どのように対処することができるのでしょうか。

一つ目は、普段から意識して緊張と上手く付き合う方法を学ぶことです。極度に緊張してしまう一つの原因は自意識が過剰だからです。つまり、人からどう見られているかが気になるため緊張してしまうのです。このような意識を改善するためには、自分ではなく他人に目を留めることです。
まずは緊張してしまうことを隠そうとする努力をやめて、自然体でいるよう意識します。次に、他の人に目を向けて、他の人のことを考えるようにします。例えば、対面で自分と話している人がいる場合、簡単なことで良いのでその人のことを考えます。メガネをかけているなとか、おでこにほくろがあるな、髪型がカッコイイな、そのようなことで良いので相手のことを考えます。すると、自分に向いていた注意は徐々に薄れていき、同時に緊張も和らいでいくのを期待できます。
こうしたことをいきなりプレゼンの場で実行するのではなく、普段から意識的にトレーニングしておくことであがり症の対策につながります。自分以外の誰かに注目することができるようになれば、いざ人前で何かをしなければいけない時にも自意識過剰になることを防ぐことができるかもしれません。

二つ目は薬物療法です。インデラルなどの薬はあがり症などに効果があると言われています。不安を軽減したり血圧を下げる効果のある薬を服用すると緊張を和らげることができます。また、薬を持っている、薬を飲んでいるという事実も、精神的な安心感につながり、緊張を和らげる効果があります。そのような薬は通販でも手に入れることが可能です。
精神性発汗への対症療法についてくわしく解説
汗は、体温を調節する役目を持っています。暑い時期、サウナなどの暑い場所で体温を下げるために汗をかくことは温熱性発汗と呼ばれており、健康に生きる上で欠かせない存在です。一方で、全ての汗が体温調節の役割を担っているわけではなく、体温調節の役割を担っていない汗の代表格が緊張した時の汗です。緊張など精神的なものが原因で汗をかくことは精神性発汗と呼ばれており、性質は温熱性発汗と大きく異なります。温熱性発汗が全身のあらゆる場所で起こるのに対し、精神性発汗は手のひら、足の裏、脇など限定された場所でしか起こりません。現代社会では、精神性発汗はほぼほぼマイナスの働きしかしませんが、元々は人間に欠かせない存在でした。精神性発汗は、狩りの際や、敵から逃げる際に滑り止めのような役割を果たしていたと考えられています。しかし、現代社会で精神性発汗がプラスに働くことはまず存在せず、むしろ悩みの種となっているのが実情です。緊張などに伴って精神性発汗が起こる際のメカニズムは、現在でも解明されてはいません。そのため、現在のところ精神性発汗を根本的に抑える薬は開発されてはおらず、精神性発汗の多さに悩んでいる場合、基本的には対症療法が用いられます。

一応、胸腔鏡下胸部交感神経切除術という手術で汗を抑える方法もあるにはあるものの、用いられることは稀です。細かなメカニズムこそはっきりしていませんが、交感神経の働きが過剰になり精神性発汗が引き起こされることは分かっています。胸腔鏡下胸部交感神経切除術は内視鏡を使って、汗に関係している交感神経を文字通り切除する術式です。根本的な治療ができる一方、全身麻酔が必要などデメリットも大きいため、汗のせいで日常生活がまともに送れないほど苦労しているような、ごく一部の人を対象としています。精神性発汗は常に汗の量が多いわけではないため、胸腔鏡下胸部交感神経切除術を受けることはできないでしょう。

精神性発汗で用いられる対症療法にはカウンセリング、薬の使用など多くの種類がありますが、まず押さえておきたいポイントが意識の改善です。周囲の目を気にする人ほど緊張、そして精神性発汗が起こりやすいため、過剰に周囲を意識する傾向がある場合、意識を改善することで汗を抑える効果が期待できます。汗をかいている姿を見られたくない、ダラダラ汗をかいていると嫌われる、みたいな意識が強いと、逆に人前で緊張してしまい汗を多くかく結果につながりかねません。心構えだけで全てが解決するわけではありませんが、汗をかいても仕方がないと、ある程度は割り切ることも大事です。また、認知行動療法を取り入れて、注目を集める場面での緊張を緩和させるのも効果的です。認知行動療法とは精神療法の一種で、物事に対する受け取り方に働きかけ、気持ちを楽にするために用いられます。スピーチなど、多くの人から注目を集める際に緊張から多くの汗をかいてしまう人は、汗をかくことで自身の評価が落ちるという風な捉え方をしがちです。もしかしたら、実際に汗をかくことで嫌われたり、馬鹿にされたりした経験があるのかもしれませんが、汗をかいている人を見て、誰もが嫌悪の感情を示すわけではありません。しかし、汗をかくと100%嫌われるというように物事の認知が悪い方に歪んでいると、汗をかいてはいけないと余計に緊張感が高まり、結果的に汗が増えます。これはあくまで一例で、同じ精神性発汗に悩まされていても、物事の捉え方には個人差があるのが普通です。しかし、人前で汗をかきやすい人は何らかの認知の歪みが発生している可能性が高いので、認知行動療法を取り入れ、気持ちを楽にするのも手です。認知行動療法では、まずストレスや緊張を感じる際の気持ちを認識した上で、見方や行動を変えていく練習を行います。1人で行うこともできるものの、自分自身では認知の歪みに気づくのが難しい場合もあるため、認知行動療法にくわしいカウンセラーの指導の元で行うのが確実です。

そして、人前で緊張しやすいタイプなのであれば、インデラルを使用して症状を抑える方法も検討しておきたいところです。インデラルはβ遮断薬に分類される薬で、心臓の機能に作用しているβ受容体を遮断することで高血圧や不整脈などの症状を抑えるのが本来の効果です。β受容体の遮断による副次的な効果として現れるのが、あがり症や社交不安障害といった精神的な症状の緩和で、この特徴から精神科の領域でも使用されています。精神科の領域で使用されている薬の中には重たい副作用を持つものもありますが、インデラルは比較的副作用が少なく、使用しやすい薬です。もっとも、副作用が出にくい薬ではあるものの、低血圧や気管支喘息の症状を持つ人などはインデラルの使用は厳禁なので、使用前に禁忌を確認することは必須です。インデラルは汗に直接的には作用しませんが、人前で緊張しやすいのであれば、インデラルを使用することで間接的に汗の症状を減らす効果が期待できるでしょう。
商談やプレゼンの前に!自分で刺激できる緊張緩和のツボ
商談やプレゼンなどビジネスシーンでは緊張を強いられる場面がいくつもあります。そういう場面が苦手な方は、考えるだけで憂鬱になるのではないでしょうか。特に緊張しやすくあがり症を自覚している方ならなおさらです。性格を簡単に変えることはできませんが、緊張やストレスを緩和する方法ならあります。それがツボ押しです。

東洋医学では、悲しみは肺に、怒りは肝臓に、恐怖は腎臓にというふうに、ネガティブな感情を担当する内蔵が決まっています。内蔵のバランスの崩れによって、各臓器が対応していたネガティブな感情が噴出してしまい、それが目に見える症状となって表れるという考え方です。つまり、東洋医学では心と体には密接な関係があると考えています。

また、人間の体には、血液とエネルギーが流れる「経路」という通り道が張り巡らされているとも考えています。この経路に存在する血液やエネルギーの出入口が「経穴(けいけつ)」、つまり、一般的に「ツボ」と呼ばれる部分です。

ツボは全身に約360個あると考えられていますが、顔だけで60個以上、頭だけで70個以上も存在しています。このツボを指圧や鍼灸などで刺激すると、臓腑の崩れたバランスが良くなり、ネガティブな感情にもうまく処せるようになるという仕組みです。

「ツボ押しなんて効くんだろうか?」と疑問に感じる方もいるでしょう。最終的には個人の感想になりますが、実際、大事な商談やプレゼンの前に鍼灸院で施術してもらうという人は少なくありません。そういう人たちは、ツボを刺激してもらったことで仕事が成功したと信じています。ですので、緊張を緩和するのに効果があると信じてやれば、ある程度は効果が感じられるのではないでしょうか。

ともかく、ツボ押しは人にやってもらうだけでなく、自分でやることでも効果が得られます。それでは、緊張を緩和するために自分で押すのに適したツボにはどのような種類があるのでしょうか。

緊張すると顔がこわばるという方は多いです。そんな方におすすめのツボが顔にある「上星(じょうせい)」というツボです。髪の毛の生え際から約2センチほど上、前頭部の真ん中に位置します。

顔のこわばりだけでなく、緊張のせいでうまく頭が回らない、また、ぽーっとのぼせたようになってしまうという時におすすめです。また、気温が高い時期ほど頭ものぼせやすくなり、そのせいでうまく頭が回らなくなることもあります。このツボを押して、気持ちからクールダウンすることを心がけるとよいでしょう。

手のひらにも緊張緩和にぴったりのツボが存在します。それは、手のひらの真ん中、拳を作った時に中指の先がちょうど当たる部分にある「労宮(ろうきゅう)」というツボです。

このツボは心臓に関係しています。緊張と心臓に密接な関係があるのは誰でも理解できるでしょう。緊張してドキドキと動悸が激しくなった経験は皆さんあるのではないでしょうか。労宮を刺激することによって、高鳴る緊張を抑える効果が期待できます。

また、このツボは自分で押すだけでなく、誰かに押してもらってもよいです。顔と違って手なら比較的人に頼みやすいですので、大事な商談やプレゼンの前に同僚などに押してもらってはいかがでしょうか。

労宮と近い場所にも、もう一つ緊張緩和に良い「大陵(だいりょう)」というツボがあります。ちょうど手首にあるツボで、手首を曲げた時にシワが寄るところがその場所です。

緊張のせいで睡眠不足になってしまう、くよくよと悩んでしまうという症状に良いでしょう。心臓よりも頭に緊張が出るタイプの人におすすめです。大陵を刺激することで、リラックス効果が得られることがあります。緊張のあまり眠れない夜にもぴったりです。

胸にもツボがあります。両乳首を結んだちょうど真ん中辺りにある「膻中(だんちゅう)」です。緊張するとこのツボの気の通りが悪くなると考えられています。緊張した時に思わず手で胸を押さえてしまうのは、誰でも無意識にこのツボを刺激して緊張を抑えようとするからだとの説もあるほどです。

緊張のせいで動悸が激しくなったりイライラが募ったりした時は、膻中を刺激しましょう。同じく労宮も心臓と関係のあるツボでしたが、両方とも刺激すると相乗効果が期待できるでしょう。

最後に紹介するのは、足にある「光明(こうめい)」というツボです。足の外側、くるぶしから指5本分ほど上に移動したところにあります。このツボは胆嚢と関係していると考えられており、刺激することで胆嚢を丈夫にする、つまり、胆力をつける効果に期待大です。緊張のあまりパニックになってしまう方におすすめします。

以上、緊張緩和に役立つさまざまなツボを紹介しましたが、注意したいのが刺激の仕方です。強く刺激すれば良いというわけではなく、痛気持ちいいぐらいの強さでゆっくり押さえます。5秒間ほど押し続けるとよいでしょう。

ツボ押しでも改善されない強い緊張でお悩みの方には「インデラル」という薬もあります。個人輸入代行サイトにて購入できるので検討してみてください。
スピーチや面接で緊張してしまう「あがり症」を克服する方法6つ
スピーチや面接など、人前で話すのは誰でもプレッシャーを感じ緊張するものです。電話や複数人との会話など、ささいな会話でも緊張してあがってしまうという人も珍しくありません。精神的にも肉体的にも疲れてしまうし、そのような状況は避けて通りたいものです。しかしそうもいかないのが人生です。どうにかして人前で話すことに対する緊張と付き合って行かなければなりません。緊張、いわゆる「あがり症」と付き合って行くにはどうすればいいのでしょうか。

まず「あがり症に苦しんでいるのはあなた1人ではない」ということを理解しましょう。周りの人を見ると、何事もないかのようにスピーチや電話対応をしているように見えます。しかし多少の差はあれど、ほとんどの人が人前で話すときは何らかのストレスを感じているのです。著書「幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない」で知られる心理療法士ラス・ハリスは「私は今までに何千人もの患者を診てきたが、人前で話すときに緊張しないという人には1度も会ったことが無い」と語っています。ハリス本人も、世界中で何度も講演会を開いているにも関わらず、いまだに人前で話すときは不安と緊張を感じるそうです。あがり症は人間にとって当たり前の反応なのです。

「失敗しない」を目的にしないということも重要です。人前であがってしまう主な理由が「失敗して恥をかきたくない」という心理です。この感情も人間として持っていて当然のもので、別に問題ではありません。しかし失敗しないこと以外にゴールがあったはずです。人前で話すことになったそもそもの理由ですね。自己紹介で自分のことを知ってもらうため、仲間と作った企画の魅力を伝えるため、お客様が知りたい情報を伝えるため、などということが人前で話すことになったきっかけだったのではないでしょうか。自分は緊張しないで堂々と話せるんだぞ、ということを見せつけるためにスピーチをしているわけではないはずです。その本来の目的を思い出せば、不安や緊張を脇に置いておき、伝えることに集中できるようになります。

薬の利用も効果的です。危ない薬ではありません。危ないほうに頼るのは完全に逆効果です。合法で健康に害を及ぼさず、あがり症を改善する薬というものは存在します。例えば「インデラル」という薬があります。インデラルはプロプラノロールという血圧と心拍数を抑える働きを持つ成分を利用し、あがったときに現れる症状、手足・声の震えや動悸などを抑えます。実際に社会不安症候群を持つ人たちにも利用されており、効果は実証済みです。即効性もあり、今すぐに上がり症をどうにかしたいという方にはピッタリです。また、「薬に頼るのはちょっと抵抗がある」という人もいると思いますが、アルコールや喫煙、過度のカフェインなどに頼るよりよっぽど健康的ですし、あがり症に対するストレスで体を壊してしまったら本末転倒です。

体をほぐすのも効果的です。あがり症は精神的な症状だと思われがちですが、実は肉体的な要素も十分にあります。緊張やストレスを感じたときに、手足が震えたり、声が出づらかったり、汗をかいてしまうのが良くある例です。そしてその肉体的な症状に気が付き、それが気になってさらに緊張してしまう、という悪循環に陥ってしまうのです。軽いストレッチをしたり、ちょっと歩き回ってみたりして体をほぐし、その悪循環を断ち切りましょう。また体を動かすことで血の巡りが良くなり、頭が真っ白になってしまうことも防ぐことができます。しかしあまり過度に動きすぎると、動悸を助長するので気をつけましょう。

身だしなみを整えるということも、人前で話すことが得意な人が行っているテクニックです。あがり症を引き起こす要因の1つが「自分がどう見られているかを気にしてしまう」ということ。自分の姿がおかしく映っているのではないか気になって自信がなくなると、緊張も増してしまいます。見ている人はそこまで気にしていないのですが、自分で気になるとどうしよもありません。事前に身だしなみのチェックは入念に行いましょう。髪やお化粧、シャツの襟などは鏡の前でしっかり整え、どこから見られても大丈夫、というようにしておけば、余計な不安を取り除くことができます。

最後に、最も難しく最も有効な方法が「緊張を受け入れる」ということです。まず、緊張を取り除くという試みはだいたい失敗します。そもそも緊張という反応は、人間の動物としての防衛本能です。原始時代の人間は、未知のものに注意しなければ生きていけませんでした。そのため非日常を感じると、危険信号が体から現れるようにできているのです。その危険信号の1つが緊張なのです。現代では、人前で話すことは非日常と言えます。つまり緊張を取り除くことは、刃物で襲われた時の恐怖心を取り除くくらい難しいことなのです。緊張と戦わずに、あるがまま受け入れるほうがはるかに生産的です。

あがり症は厄介ですが、正しく対処していけば克服は可能です。上手に上がり症と付き合っていき、快適で充実した人生を手に入れましょう。
気圧で頭が痛くなる!もしかしたら病気かも?
天気が良くない時には、なんとなく気分がすぐれないと頭が痛くなるという人が増えるものです。これはただの偶然ではなく、天気が悪くなる時に発生する気圧の変化が大きく関係していることが多いです。低気圧が近づくと、自分を取り巻く気圧も下がり、気圧の変化を感じ取るセンサーの役割りをしている内耳が交感神経を活発に働かせます。その結果、体温を高めたり血管を収縮する作用を持つノルアドレナリンという神経物質が多く分泌され、体には頭痛をはじめとするさまざまな症状が起こりやすくなってしまいます。

この症状は、気象病と呼ばれており、気圧の変化によっておこります。具体的にどんな症状が起こるかは人によりますが、片頭痛になる人もいれば、肩や首が凝って痛くなるとか、耳鳴りがするとか、古傷が痛むという人もたくさんいます。自律神経の乱れが引き起こす不快な症状のため、全身どこにどんな症状が起こるかは人それぞれです。体に蕁麻疹が出るという人もいれば、気管支喘息がひどくなる人もいます。また、めまいやふらつきがひどくて起きることもままならない人もいます。

気象病を発症する要因は気圧の変化ですが、その他にも人それぞれ特定の条件によって症状が引き起こされる場合があります。頭痛という症状に関していうと、天気が悪くなる低気圧が近づくと頭が痛くなるという人は多く、その他にも湿度が高くなると頭痛がするとか、気温が高くなることで頭痛がする人もいます。また、日差しが強い場所に行くと頭が痛くなるという人もいて、人によって個人差があります。

この気象病は、症状の度合いがそれほどひどくなければ、薬を飲んでやり過ごせるかもしれません。しかし度合いがひどくなると、日常生活に支障が出てしまうこともあります。仕事に行けないという人もいるのではないでしょうか。これは低気圧の影響による症状なので、天気が回復すれば自然治癒することが多いのですが、その度に仕事を休むことは難しいものです。その場合は、普段の生活の中でいくつかの点に気を付けることで、気象病にかかりづらい体質づくりができます。

1つ目は、睡眠時間をたっぷり確保するということです。睡眠時間は毎日7時間から8時間程度確保するのが理想的で、できるだけ毎日同じ時間に就寝して起床する習慣をつけるのが効果的です。また、睡眠の時間だけでなく質も重要で、できるだけ深い熟睡ができるよう、睡眠環境を見直すこともおすすめです。寝室を暗くしたり、窓から離れた所で寝て外からの音が耳に入りにくくするのも良いでしょう。その他にも、寝室の気温と湿度を快適な状態にすることによって、睡眠の質を高められます。

2つ目は、血行の促進するという方法です。特に頭痛がひどい人は、頭部への血行不良が起こりやすい傾向にあるため、頭部に十分な血流が届くように工夫すると良いでしょう。全身の血行促進という点においては、お風呂に入って湯船にしっかり浸かるのが効果的です。気象病対策としては、熱すぎるお湯よりもぬるめの温度が良いです。

その際に、頭部への血行を促進するために肩から首にかけてマッサージするのがおすすめです。イメージとしては、首や肩のストレッチをするような感じで行いましょう。筋肉の凝りがほぐれて血行が良くなることで、頭がスッキリします。

3つ目は、気圧の変化を事前にキャッチするという方法があります。気象病は気圧が下がることによって引き起こされますが、天気予報を見ることによっていつぐらいに天気が崩れるのか、つまり気圧が下がるのかをざっくり予測できます。事前に分れば、前日あたりに血行を良くしたり睡眠時間を多めにするなどの対策ができるでしょう。それに、頭痛がすると予測できるなら、頭痛薬を持って外出することもできるのではないでしょうか。

この気象病は、気圧の変化を感じ取る内耳が敏感に機能しているために起こります。この内耳の作用を少しリラックスすることによって、気圧の変化に体が過敏に反応しにくい体質づくりができ、症状の改善や予防効果が期待できます。

そこでおすすめなのが、インデラルです。この医薬品は、緊張症やあがり症など神経が高ぶり過ぎる状態の人に大きな効果が期待できますが、自律神経が過敏に作用する人にとってもプラスの効果が期待できます。インデラルを服用すると、神経機能がリラックスし、それによって内耳のセンサー機能も鈍化できます。

インデラルは、飲むと即効性があります。そのため、もしも天気が悪くなるたびに体調が崩れるとか頭が痛くなる人は、インデラルを携帯しておき、嫌な予感がした時にサッと飲むという方法もおすすめです。

インデラルは、ドラッグストアなどで市販されているわけではありません。気軽に購入するなら、海外からの個人輸入サイトを利用するのが便利です。日本人が多く利用しているサイトなら安心ですし、注文方法や配送方法に関してもプロセスがシッカリしています。
あがり症で悩んでいるのなら運動を取り入れよう
人前に出ると緊張してしまう、自分はあがり症ではないかと不安に感じていませんか?あがり症や緊張対策はいろいろと紹介されていますが、今すぐでも実践できる方法があります。それは運動です。運動といっても筋トレではなく、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をするのがおすすめです。

そもそも私たちはなぜ緊張するのか、それは自律神経の中でも交感神経が活発になるからです。交感神経には活動力を高める働きがあって、体温や心拍数を上げる、興奮させるなどの効果があります。運動すると交感神経が活発になります。ただでさえ緊張するのに、運動してさらに緊張させてどうするのかと思う人がいるでしょう。ここでポイントになるのが、緊張する場面の少し前に運動する点です。

運動しているときには交感神経が活発になります。しかし運動した後しばらくすると、今度は副交感神経が優位になります。副交感神経には体温や心拍数を低下させる働きがあります。興奮も収まって、リラックスした状態になります。つまり興奮が静まって、あがりにくくなるわけです。皆さんも運動して汗を流した後で、心地よい気分を経験したことはありませんか?有酸素運動をして数時間は、副交感神経が優位な状態が続き緊張しにくくなります。

また運動することでセロトニンが活発に分泌されるのも、あがり症の方にとってプラスです。セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれるもので、気分がリラックスできます。あがり症の研究もおこなわれていますが、あがり症の方はセロトニンが少なくなっていることが多いこともわかっています。セロトニンを増やすには、朝に有酸素運動をすることです。というのもセロトニンが活発に分泌される条件として、日光を浴びる、リズム運動をするのが好ましいとされるからです。

有酸素運動というとウォーキングやジョギングなどが挙げられます。誰でもいつでもできる運動でしょう。ではウォーキングやジョギングをどのくらいすればいいのかというと、だいたい15~30分を目標にしてみましょう。普通の人であれば15分もウォーキングをすればセロトニンも活発に分泌されているはずです。しかしあがり症の方であれば、セロトニンが少なかったり、分泌が鈍くなったりしているかもしれません。ですから少し長め、30分くらい歩いてみるといいでしょう。

普段運動していない人からすると、15分間歩き続けるのは少しハードルが高いかもしれません。その場合には5分でも10分でもかまいません。できる範囲で歩く習慣をつけましょう。だんだん歩くことに慣れていきますので、15分オーバー歩き続けてもそれほど体に負荷はかかっていないはずです。ウォーキングだけでは物足りなくなってきたら、ジョギングを取り入れてみるのもいいかもしれません。ジョギングをしっかり行って、たっぷり汗をかきます。そしてシャワーを浴びれば、心地よくなるでしょう。

ただしやりすぎは禁物です。やりすぎると、肉体的に今度は疲弊してしまうからです。緊張はしないかもしれませんが、疲れや眠気を催してしまいます。注意力散漫になって、逆に失敗してしまう恐れもあります。有酸素運動自体はあがり症対策におすすめですが、やりすぎないようにほどほどに行うといいでしょう。

もし有酸素運動を試してみても、なかなかあがり症の症状が収まらなければ、薬を使ってみるのもいいかもしれません。その中の一つにインデラルがあります。インデラルはβ遮断薬の中の一つです。β遮断薬は交感神経の働きを抑制する効果があるといわれています。興奮したり緊張したりすると、交感神経が優勢になります。それをインデラルの力によって抑え込もうというわけです。ですから人前など緊張する場に出ても、それほど極度にあがる心配もなくなります。特にあがっていろいろな症状の伴う人には、インデラルがおすすめです。震えや動悸、吐き気のような症状が強く出てしまうのであれば、お守り代わりにインデラルを持つのはいかがでしょうか?

インデラルを購入したければ、通販サイトで購入するのも一つの方法です。もしインデラルを通販で購入したければ、コンディション21を利用するといいでしょう。というのもインデラルだけでもいろいろな商品を取り扱っているからです。2.5~40mgと配合量の異なるインデラルをコンディション21では取り扱っています。最初のうちは2.5mgなど軽めのものから使ってみて、なかなか効果が現れないようであれば、徐々により多く配合されている商品に変えてみるといいです。

コンディション21のおすすめポイントですが、大容量の商品を取り扱っている点です。中には600錠がセットになっている商品も見られます。何度も繰り返し注文する必要がないので、まとめて購入したいと思っているのであれば、大容量の商品をオーダーしましょう。業歴も長く、業界でも老舗の通販サイトなので、安心して利用できるはずです。
あがり症にもタイプがある!?タイプ別の原因と克服法
あがり症を自覚している人は多いですが、そういう人たちをタイプに分けると以下の4種類に分類することができます。

具体的には、他者を意識しすぎるタイプ、失敗を過度に恐れるタイプ、責任感が強すぎるタイプ、未経験のことが苦手なタイプの4つです。自分がどのタイプに分類されるかがわかれば、あがりそうな場面で自分がどんな思考をたどりやすいかがわかります。

まず、他者を意識しすぎるタイプの人です。文字通り、自分のことよりも他者のことを意識しすぎてしまうため、自分が何をやっているかもわからなくなってしまうような人のことを指します。要は、いつも他人の目を気にするようなタイプです。「変に思われたらどうしよう」と不安に感じています。

ところが、実際には人間は他人のことなどそれほど気にしていません。こう書くと冷たい印象がありますが、好意的に解釈すれば、人は他人の失敗に寛容だということです。もちろん失敗の程度にもよりますが、少なくとも親しい人、信頼している人の場合、少々失敗したところで人間関係が崩壊するようなことはありません。たとえば、人前でのスピーチが苦手な人は多いですが、あなたがスピーチで失敗したところでほとんどの人にとってはどうということはないでしょう。

このように考えると、人前でのスピーチなどに過度に緊張しなくなります。さらにあがり症を克服したいなら、親しい人や信頼できる人の前で練習するのがおすすめです。そしてその人たちに結果をフィードバックしてもらうのです。すると、自分で失敗したと思った点と、他人が感じていることが違うことがわかります。自分が他人の視線などから感じることと、実際に他人が感じていることは違うのです。それを知るだけでも、過度な不安を取り除くことにつながるでしょう。

続いて、失敗を過度に恐れるタイプの人です。何かに挑戦する時、人は成功したいと前向きに考える人と、失敗したくないと後ろ向きに考える人に分かれます。このタイプはもちろん後者です。失敗したくないという気持ちが強すぎるために、それが過度なあがりとなって表れてしまいます。

このタイプの人は、なぜ失敗したくないのか徹底的に考えてみましょう。できれば紙に書き出してみるとよいです。すると、失敗したところでそれほど悪いことばかり起こるわけではないことに気づきます。また、逆に成功した時のことも強くイメージしてみてください。こうすると、失敗を恐れる気持ちが和らいでいきます。

3つ目は、責任感が強すぎるタイプの人です。責任感が強いのは仕事において大切とされており、実際、このタイプに当てはまる人はふだんから仕事での評価も高いのではないでしょうか。しかし、それが強すぎると逆にストレスになってしまいます。

このタイプの人があがり症を克服するには、責任感が自分自身への過度な期待になっていることに気づくことです。それに気づけば、任されたことはちゃんとやりたいというモチベーションだけが残ります。あとは、本番に臨むに当たって、納得できるまで準備を重ねることです。そうすれば、過度な期待ではなく、「自分ならできるはず」という自信を持てるようになります。

4つ目は、初めてのこと、未経験のことが苦手なタイプの人ですが、このタイプの人のあがり症克服はそれほど難しくありません。経験したことがないことに緊張するわけですから、何度か経験するうちに慣れます。たとえば、人前でのスピーチが苦手なのは、その経験が足りていないからです。慣れるまでスピーチをやっていれば、それが日常になるため苦手とは感じなくなっていきます。

もちろん慣れるまでが苦しいという気持ちはあるでしょう。それを克服するには練習しかありません。練習を繰り返し、それが日常になるまで準備すれば、本番でも練習どおり振る舞えるようになるでしょう。

いざ本番を迎えてあがっていることに気づいた時はどうすればよいでしょうか。あがり症の特徴に手の震えがありますが、これを改善するための方法を考えてみましょう。

手が震えるのは、手の筋肉に力が入りすぎているからです。重いものを持ち上げる時に手が震えるのと同じですから、震えをなくすには力を抜くしかありません。

といっても、自分で気づかずに力が入りすぎているのがそもそもですから、力を抜こうと思っても難しいでしょう。それなら、逆に思い切り手に力を込めてみてください。握りこぶしを作ってギュッと力を入れるのです。それからふっと力を抜くと、手だけでなく体全体から余計な力が抜けるように感じられます。

なお、あがり症の症状には、手の震えと並んで声の震えもありますが、これは呼吸が浅くなっているのが原因です。腹式呼吸を意識してみましょう。お腹から深く呼吸するわけですが、コツは、息を吐く時にお腹を凹ませないようにすることです。その時に声を発すると、自然とお腹の底から出てきますから、芯の太い震えない声になります。

あがり症の諸症状にどうしてもお悩みであれば、即効性のある方法を選ぶのも一つの方法です。「インデラル」という薬があります。通販サイト「コンディション21」で購入できますので、試してみてはいかがでしょうか。
あがり症の改善に服用するインデラルってどんな薬?その作用や飲み方とは?
あがり症(社交不安障害の場合)の薬として知られているインデラルですが、それは一体どういった薬なのでしょうか?インデラルを正しく服用するには、その効果や作用、飲み方についてよく知っておくと良いかもしれません。

一般的に服用されているインデラルは1cmにも満たない小さな錠剤タイプで、主成分はプロプラノロール塩酸塩と呼ばれる心臓の動きを落ち着かせ、血圧を下げる効果のある成分から作られています。

あがり症(社交不安障害の場合)を血圧降下の薬で抑えるのは、あがり症が単に『内向的な正確・重度の恥ずかしがり屋』といった心の問題に限らないからです。社交不安症障害はSADと呼ばれる精神疾患は、メンタルケアと同時に体の緊張をほぐすことも重要な治療だとされています。

あがり症の人であれば良くご存じの通り、緊張状態になると突然動悸や目眩が生じますし、顔面がこわばったり、声が上ずってしゃべりにくくなったり、手や足が震えて動作が不自然になるといった症状が起こります。社交不安症障害の人が不安な状況におかれたときに、健康な人と比べると過剰に脳の反応が強く出てしまうのが原因とされています。脳が過剰に不安感を意識して、それで極度に体が緊張してしまうのです。この時に交感神経が以上に活性化し、脳内のホルモンバランスが著しく乱れます。

具体的には、脳内にノルアドレナリンやドーパミンが大量に分泌されて、心をリラックスさせるセロトニンの量が低下すると言います。この状態になりますと、ちょっとした不安感が増幅されて、恐怖感や焦燥感にとらわれてしまいます。

そこで、インデラルの主成分であるプロプラノロール塩酸塩で心拍をおさえ、激しく鼓動する心臓を休ませます。心拍数が落ち着くと、体の震えや顔の紅潮やこわばりも収まりますので、あがり症の症状自体を収めるには効果的です。

プロプラノロール塩酸塩が心臓を休ませる作用メカニズムですが、心臓を動かす交感神経を活性化させるβ受容体がこの成分でブロックされるからです。これで脳からの命令が遮断され、脳内ではパニックを起こしていても、心臓は平安を取り戻し、心拍も脈拍も落ち着いていきます。実はこの効果はそのまま血圧を下げる結果になります。インデラルが高血圧の薬とされるのは、この作用が要因です。狭心症の人にも処方されています。

また、インデラルは片頭痛を抑える効果もあります。片頭痛は頭の側頭部が血脈に応じて痛みを生じるもので、長期的に、しかも不定期に起こる厄介なものです。仕事をしている時や家事や勉強をしている時など、ちょっとしたストレスのかかる状況では片頭痛が強く出ることがあって、日常生活にはなにかと支障のある病気です。

片頭痛の原因は今もって明らかではありませんが、症状としては頭部(こめかみのあたり)の血管がずきずきと強く痛みます。心拍や血圧を下げることで頭痛が緩和するために、予防薬・対処薬としてよく利用されます。

このように、インデラルは交感神経のβ受容体をブロックする、いわゆる遮断薬(ベータブロッカー)という系統の薬で、幅広い病気に効果を発揮する医薬品です。日本ではちょっと使用される機会が少ないですが、世界的には非常に知名度が高いです。日常から携帯薬として常備し、適宜服用する人が多く見られます。

そこで、インデラルのフック用の仕方ですが、あがり症の方は1日2錠(10mg錠)がひとつの目安です。つまり、1日に有効成分プロプラノロールを20mg摂取するのが適切とされています。もちろん、あがり症の症状には個人差がありますので、具体的な適量は別途確認するようにおすすめします。なお、インデラルは症状が出てから服用するというよりも、予防薬として使われます。

片頭痛発作の発症を抑える予防薬としては、通常として1日20〜30mgのプロプラノロールを摂取します。こちらも1日に1錠ずつ3回服用するようすすめられています。

また高血圧症の改善には、1日に30から60mgのプロプラノロールを摂取するケースが多く見られます。つまり10mg錠を1~2錠、1日3回に分けて服用します。こちらも症状に応じた適量がありますので、この数値はあくまでも参考としてみてください。

なお、服用する際の注意事項があります。インデラルを飲むときは落ち着いたところで、椅子などに座った状態で服用するようにすすめられています。車を運転していたり、高いところで作業しているときは飲まないように注意してください。またアルコールを飲んでいるときも飲まないようにしてくだい。

インデラルの購入方法ですが、インデラルにもジェネリック薬がいろいろと出ています。あがり症では長期の服用が必要となることが多く、安心安全な品質で、しかも価格の安いインデラルを見つけておくのもポイントです。ちなみに世界的に質の高いジェネリック薬が安価で入手できるインド製インデラルはおすすめで、インデラル通販・78ショッピングの個人輸入代行サービスを試してみると良いでしょう。
人前でスピーチすることがどうしても苦手な方へ。スピーチ成功法とあがり症改善方法を紹介
「人前でスピーチするのがどうしても苦手」「人前でスピーチすると緊張で声が上ずってしまう」「大勢の前でスピーチすることを考えるだけで胃が痛い」など、人前でのスピーチに苦手意識がある人は多いと思います。しかし、中には朝礼で3分間スピーチが義務付けられていたり、上司の前でプレゼンする必要があるなど、避けて通れない場合もあることでしょう。

人前でプレゼンテーションを成功させるには、経験を積むことが大切だと言われています。成功を体験することで、今後スピーチが上手い自分を自然と想像できるようになるからです。スピーチに対して自信がつくことも大きいでしょう。しかし、まだまだ経験を詰めていない、今回が初めてのスピーチだという方は、上手な人のスピーチのやり方を知ることが大切です。スピーチの成功例を自ら実践することにより、自然とそれらの技術を身につけることができるからです。

上手いスピーチをする人というのは、主題を決めて、そこから話をずらさないようにしています。スピーチというのは、大体の場合は話す時間をあらかじめ決めていることが多いです。話す内容があちこちに飛んでしまったら、全部を言い終わる前に終了の時間がきてしまいます。そして、聞いている側も、結局なにをこの人は言いたかったのかが理解できずに終わってしまいます。話を派生させていくのはいいですが、話している最中に「話の内容がずれていないか」「その話は言う必要があるのか」は、常に頭の隅に置いておきましょう。脇道にそれてしまったら、軌道修正をするようにしてください。話す内容はできるかぎり一つに絞るのが肝心です。

また、どんな人にでも、分かりやすい言い回しや言葉で話すこと、たとえ話を入れることも、スピーチが上手い人は実践しています。ついつい賢い人に見えるように、難しい言い回しを言う人がいますが、それだと周りの人に興味を持ってもらえません。堅苦しい言い回しは、場の空気が固くなったり、場を白けさせてしまいます。学生時代の校長先生の長くて硬いお話を思い出してください。聞いていて興味を持つことができましたか。

また、専門用語などもなるべく使わないようにするか、噛み砕いて説明するようにしましょう。専門用語は、知っている人からすれば当たり前の言葉ですが、知らない人からすれば意味が分からず、話の内容についていけません。スピーチがうまいと感じる人は、どんな人にも分かりやすい言葉や言い回しで話しています。テレビで司会をしている池上彰さんのように、誰でも分かるように話すように心がけましょう。

そして、スピーチをするに当たって意識してほしいのが冒頭部分です。最初の話のつかみ部分で、その人の話を聞くのかを人は無意識に決めているといわれています。そのつかみ部分で興味を惹かなければ、相手はあなたの話をきちんと聞いてくれなくなるでしょう。つかみ部分は重要で、これは最初の30秒で決まるとされています。中には儀礼的な長い挨拶を言う人もいますが、興味を持って聞いてもらうという点ではあまり向いていません。見た目は聞いている風を装っていますが、本音では飽き飽きして話を聞き流している人も多いようです。最初のつかみで、相手にもっと聞きたい、興味が惹かれるというような状態にできるように頑張りましょう。

例えば、相手が驚くような内容をいきなり投げかけることなどが効果的です。いきなり「えっどういうことなの」というインパクトを与えることに成功しますから、そのまま自然と話に引き込むことが可能になります。例文としては、「私は高校時代テストで0点を取ったことがあります」などです。相手はその後の展開が気になることでしょう。

そのほかの話の入り方として、言われた相手が思わず考えてしまうようなことを話すという方法もあります。例えば、「なぜ学校で投資を教えることになったのでしょうか」などです。続いて、その授業の概要、授業に投資が指定された理由などを話すと良いでしょう。ここで重要なのは、ただその制度の理由を解説するだけにならないことです。相手の意見をただ話しているだけの人と、自分の意見をきちんと取り入れて話している人。どちらの話のほうが心に届くかと言われたら、後者のほうではないでしょうか。自分の言葉で話すようにしましょう。

このほかに、相手が思わずふっと笑ってしまう内容を話すのも良いです。「スピーチに緊張しすぎて口から心臓が出そうです。途中で噛みまくっても暖かい心で流してくださいね」「ダイエットに失敗してしまいました」などです。自分の失敗談などをおり込むと、親近感を覚えて相手が興味を持って聞いてくれます。

しかし、どうしても緊張してしまってスピーチが成功するイメージが湧かないという方は、誰か芸能人の方でも良いですから、その人になりきって自信満々に話すという方法が効果的です。そのほかにも、腹式呼吸をして緊張を和らげたりしてみましょう。これらの方法を試してみても、一向に改善されない、あがってしまい頭が真っ白になり言葉が出てこないという方は、インデラルという薬がおすすめです。この薬はあがり症の方に効果があるもので、スピーチの緊張を和らげてくれるでしょう。コンディション21という通販サイトでお得に販売されています。
インデラルであがり症を治そう
人前に出るとあがってしまう、外出するだけでも緊張してしまうといったあがり症の人の場合、日常の様々なシーンでストレスを感じやすいですが、そういった人の助けになってくれるありがたい薬がインデラルです。インデラルは元々心臓の治療薬として使われていた薬ですが、動悸、震え、血圧を下げる作用があるためあがり症にも有効で、近年ではあがり症の治療薬の第一選択しとして利用されています。妊娠中や授乳中にも問題なく服用できるため若い女性でも安心して利用できるなどメリットも多いため、もしあがり症に悩んでいるというのであればぜひこれを活用して治療に臨んでいくと良いでしょう。ただ単にその場での緊張を緩和するだけで無く利用し続けていくことであがり症そのものをしっかり直していけるので、真剣に悩んでいる人にこそおすすめの薬です。

インデラルはあがり症の中でも人前で話をする際に動悸が起きてしまう、手足や声が震えてその場に立っているのもままならないというような深刻な症状を持っている人に有効な薬です。あがり症で深刻な症状が出る人は身体が過緊張の状態になってしまい、そうなると自分ではどうにもならなくなってしまいますが、インデラルを服用すれば脈を落ち着け血圧も下げ、動悸も抑えてくれるので自然とリラックスした状態になれます。会社の会議や朝礼、発表などの場面でガチガチに緊張してしまうというような際も落ち着いてパフォーマンスを発揮できるので助かるでしょう。あがり症は仕事の成績にも影響を及ぼすことがしばしばありますから、仕事面で悩みを抱えている人もぜひ積極的にインデラルを利用し治療を行っていくことをおすすめします。

インデラルは緊張する場面が予測可能な場合、30分~2時間ほど前に飲めば充分効果を発揮してくれるので、会議や発表会、スピーチの前など、しなければならないシーンにおいて直前に服用すれば問題ありません。あがり症の症状を抑えるために活用できる薬は幾つか選択肢があるものの、他の薬の場合は長期的に飲み続けなければその作用を得られないこともあるので効き目を実感するために長い時間がかかるのです。一方のインデラルは飲んですぐ効果を発揮してくれるので助かります。たった1回の緊張のために何週間も前から服用し続けなければならないということがありませんし、突然人前に立たなければならなくなったという時でも安心して服用できるので心強いでしょう。あがってしまう時以外は薬を飲みたくないという人も必要最低限の服用で済むので利用しやすいです。

あがり症は不安障害の一種とされますが、日常的にあがってしまうかもといった不安にさらされたり過緊張の状態が続いているとそれだけで大きなストレスとなり、神経もすり減ってしまいます。最初は少し緊張してしまうだけだったのが次第に症状が深刻化、ストレスで仕事に行くのが難しくなったり外出が困難になってしまうといった支障が出てくることもあるのでそうなると大きな問題です。社会生活に不便が出てくるほどとなると治療にも時間がかかってきてしまうため、あがり症は単なる緊張しやすい体質と甘く考えず早期治療に取り組んでいくことが大切です。あがり症をこじらせ、自分に自信が持てなくなり引きこもりになってしまうというようなこともありますから、そうなる前にきちんと治療に臨むことが必要なのです。

インデラルは服用し続けることによって緊張しやすくなっていた身体がリラックスするようになり、少しずつ薬を減らしていけます。一生飲み続けなければならないというのでは無く最終的には飲まなくともいられるほどにあがり症を改善していけますから、これは非常にありがたいことでしょう。治療が順調に進んでいけば半錠でも充分になったり、会議や発表の状況によっては薬なしでも大丈夫といった風に段階を踏んで薬を減らしていけるので、無理に薬を絶たなければならないというような心配はありません。
あがり症の治療の選択肢としてとても有効に利用できるインデラルですが、気管支喘息のある人や心臓病の種類によっては服用できないので気を付けましょう。また低血圧の人もインデラルを服用すると血圧が下がりすぎてしまうので服用はできません。片頭痛治療薬のマクサルトを服用している場合併用できないのでこの点も注意が必要です。他の薬と同様、アレルギーや気分の変化、不快感などの副作用が起きる可能性があるといったことについても良く心得ておきましょう。
あがり症の人にとって人前で緊張せずに話ができるようになるのは夢のようなことですし、電車などに乗るのが不安な人の場合には出勤はもちろん遠方への外出も憧れで終わってしまうことがしばしばです。しかしインデラルがあれば人前で落ち着いて喋れたり電車を乗り継いで遠出するといったことも夢では無くなりますから、ぜひこれをつかって治療に臨み、生活をより豊かなものにしてください。
インデラルとは?基本を知る
インデラルとはもともと狭心症や不整脈などの治療に用いられている薬です。しかし現在では社会不安やあがり症、あるいは偏頭痛の治療など、幅広い範囲で活用が見られるようになっています。

とりわけ社会不安・あがり症は現代社会の大きな問題点ともなっている「心の病」とも深く関わっているため、インデラルの効果が話題になる機会も増えています。ですから、この方面でインデラルの名前が知られるようになったのは比較的最近ですが、医療の分野ではかなり以前から使用されてきたことになります。これはこの薬剤の安全性を確認する上でとても重要な意味を持っているでしょう。

このインデラルは「ベータ遮断薬(ブロッカー)」と呼ばれる系統に分類される薬剤です。「遮断」という言葉が使われていますが、交感神経の働きを抑える働きを持っており、それによって心臓の負担を和らげる効果を発揮します。

不整脈や狭心症の患者さんの心臓では低下している心臓の機能を補うため、交感神経の働きが活発になっています。これによって心臓の働きを維持しようとしているのですが、この状態が長期間続いてしまうと心臓が大きな負担を背負ってしまい、心不全のリスクを抱えてしまいます。そこでこのベータ遮断薬を使用することで心臓を休ませるのです。

このメカニズムからも推測できるようにベータ遮断薬は長期的に服用することを前提としています。機能が低下している心臓に負担をかけずに健康を維持する必要がありますから、長期的に服用して心臓を適度に休ませて負担を軽減させることが求められます。それだけ長期の服用に耐える安全性が求められるわけですが、インデラルはこの点ベータ遮断薬の中でも優れた特性を持っています。

とくに注目されるべきなのは妊娠中や授乳中の服用も可能な点。そのためベータ遮断薬の中において若い女性にとってもっとも理想的な選択肢ともなっているのです。

ではこの交感神経を抑えて心臓を休ませる機能がどうして社会不安やあがり症などの治療に役立っているのか?ここにはわれわれ現代人がなかなか思うようにコントロールできずに悩んでいる自律神経の問題が関わっています。

疲労やストレスが自律神経を乱してしまい、心身両面の健康を損ねる原因になる、とはよく言われています。とくに厄介なのが交感神経の存在です。上述したように心臓の働きを活発化させるほか、血管を収縮させ、脳に刺激をもたらしてしまうこの交感神経は心身の休息を妨げてしまう面も持ち合わせているのです。とりわけストレスを慢性的に感じている環境ではこの交感神経が優位になりやすいと言われています。

社会不安やあがり症はまさにこの交感神経が優位になった状況によってもたらされます。例えば人前に立つと極端に緊張して体や声が震えてしまったり、顔が紅潮してしまったり、さらには頭に血がのぼって混乱状態に陥ってしまうなどの症状はこの交感神経の過剰な分泌・作用がもたらしているのです。

このような社会不安やあがり症は生まれ育った環境によって身についてしまうこともあればトラウマになるような直接のきっかけが原因で発症することもあります。いずれにしろ一度苦手意識を持ってしまうとなかなか解消するのが難しく、同じシチュエーションに立たされるとつねに同じ症状に見舞われてしまいかねません。

どれだけ「緊張せずにリラックスしよう」「周囲の人達はあなたのことをそんなに気にしていないから人目を意識しなくても大丈夫」などとアドバイスされてもなかなか思うように改善できないもの、本人もそのことはわかっていても体が勝手に反応してしまう面があるからです。

そんなときにはどうやって改善すれば良いのでしょうか?その一つの選択肢としてインデラルが注目されているのです。緊張しない、他人の目を意識しないといった精神面のコントロールによって症状を和らげるだけでなく、交感神経の活性化による体のメカニズムを抑制することで症状を和らげる。精神と体の結びつきを利用した治療方法と言えるでしょう。

何しろ薬の効果によって体が過剰に緊張する状態を和らげることができるのですから確実かつ高い効果が期待できます。しかもそれだけにとどまらず精神面への良い影響も期待できるのがポイントです。

人前で過剰に緊張した結果スピーチなどで大きな失敗をしてしまった場合、それがトラウマになって社会不安・あがり症を悪化させてしまう傾向が見られます。そこでインデラルを服用し、医学的に症状を和らげた状態で人前で問題なく振る舞える「実績」を作るのです。この「成功体験」が自信をもたらし、次回以降の機会に過剰な緊張や不安を和らげてくれるのです。簡単に言えば「人前で振る舞うなんて自分には絶対に無理」な状況から「なんだ、自分にもできるじゃん」に持っていけるわけです。そして最終的にインデラルなしでも人前で振る舞えるようになれば治療完了というわけです。

そんなインデラル、個人輸入代行業者で海外製の製品を気軽に購入することも可能です。コンディション21などの代行業者では言葉の壁もまったくなくほとんど通常のネット通販と変わらない感覚で購入できます。商品のラインナップも豊富なため、人前で緊張してしまい悩んでいる方は検討してみてはいかがでしょうか。
インデラルを飲むと効果はどのぐらい続く?
1966年に開発されて以来、さまざまな場所で多くの人達をサポートしてきたインデラルは、現在でも多くの場所で使われています。体内の神経メカニズムに直接作用するので、自身ではコントロールできない緊張やパニック障害なども、薬効成分によってある程度抑えることができます。目的や症状によって、どんな服用方法をするのがベストかは異なりますが、あがり症や緊張症の改善という点では、どんな飲み方をすれば良いのでしょうか?

インデラルは、即効性があります。そのため、飲むと30分から1時間程度で効果が現れます。あがり症や緊張症の人は、いつどこで緊張するか全くわからないということはあるかもしれませんが、多くの場合には会議やプレゼン、スピーチなど、緊張することが事前に予測できることは多いものです。あらかじめ緊張することが分かっているのなら、インデラルを服用することによって、リラックスした状態で臨める体内環境を手に入れることができるでしょう。

それでは具体的に、どのように飲めば良いのでしょうか?効果が表れるまでの時間は、上記の通り30分から1時間程度で、人によって個人差があります。そのため、緊張するだろうという時間から逆算して、1時間から1時間半ぐらい前にインデラルを服用することをおすすめします。

服用する量の目安は、約10mgから40mg程度がおすすめです。まずは少量から試してみて、効果を確認しながら量を調整すると良いでしょう。最初から用量を多めに服用して状態を見ながら減らすのではなく、最初は少量から始めて、効果を高めるために服用量を増やすというスタンスの方が安心です。

それでは、インデラルを服用すると、効果はどのぐらい持続してくれるのでしょうか?医薬品によって、効果がどのぐらい続くかは異なります。インデラルの場合には、持続時間は約3時間から4時間程度で、それほど長くありません。もしも、午前中に緊張するシチュエーションがあり、午後にも別のシチュエーションで上がる可能性があるのなら、それぞれのシチュエーションの前にインデラルを服用することで対応すると良いでしょう。ずっとリラックスしている必要はありませんし、薬効の持続時間も、3時間から4時間が経過したら突然効果がなくなるわけではありません。リラックスしていたのに、ある瞬間から緊張がよみがえってパニック状態になることはないので、安心してください。薬効は少しずつ薄れていくので、持続時間の目安を考えながら、追加服用することも必要かもしれません。

インデラルの魅力は、服用すると即効で効果を得られるという点です。普段から緊張しやすい人なら、バッグやお財布の中にインデラルを常備しておき、必要な時にサッと飲むということも可能です。いざとなったらインデラルがあると思えば、それだけで大きな安心感が生まれますし、緊張してパニック状態になり、失敗体験を重ねる不安からも解放されるのではないでしょうか。

緊張する場面の度にインデラルのお世話になっていると、ついつい過剰摂取になってしまうかもしれないという不安があるかもしれません。社会生活を営んでいると、誰でも緊張するシーンはありますし、人によっては一日に複数回緊張するシーンに直面することもあるでしょう。インデラルは、飲むと即効で効果が期待できますし、一度服用すれば3時間から4時間程度はリラックスして過ごせます。もしも対人コミュニケーションがとても苦手で、インデラルがなければ一日を過ごせない人なら、服用量を一日の中で調整しながら、過剰摂取にならない工夫と対策をするのがおすすめです。

ちなみに、インデラルには副作用のリスクがあります。必ず副作用が起こるわけではないものの、誰にでも起こる可能性はあります。そのため、服用前にどんな副作用があるのかについては、理解してお行きたいものです。

よく見られる副作用には、めまいや徐脈があります。しかし、発生する確率はそれほど多くはなく、全体の1%~2%程度です。もしも副作用が出た場合には、すぐに使用を中止して、症状が改善するのを待つことをおすすめします。

インデラルは、海外からの個人輸入代行サイトを利用するのがおすすめです。オンラインショッピングなので気軽に購入できますし、海外からの個人輸入サイトでも、日本人が多く利用しているサイトなら安心です。個人輸入サイトの中には、外箱から内容物が分からないような配慮をした梱包をしてくれる所もあります。そうしたサイトを利用すれば、同居している家族やアパートの管理人などにも、自分がインデラルをネット注文したことがバレないので安心です。

緊張症やあがり症、不安な気持ちは、自分自身で経験しなければどれだけつらいことなのかは分かりません。それに、緊張したために失敗経験を積んでしまうと、それがトラウマとなり、緊張の度合いがさらに悪化してしまう可能性もあるでしょう。インデラルを上手く活用することによって、それまで恐れていた失敗体験を、大きな成功体験の連続へと変えることが可能です。
あがり症はアルコールを飲めば改善できるのか?
会議やプレゼンでは大勢の前で話すことが大の苦手だけれど、お酒の席ではリラックスできる、と感じる人は少なくありません。不安症やあがり症の対策として、お酒を飲めば良いのではないか?と考えている人もいるでしょう。

アルコールには、確かに神経の緊張を軽減してリラックスさせてくれる作用があります。しかし、だからと言って緊張する度にお酒を飲むことが、必ずしも解決策となるわけではありません。その理由は、不安症やあがり症は、心の病だからです。

あがり症や不安症は、人前で緊張しない人やすでに場慣れしている人にとっては、それほどおおきな悩みではないような感じがするでしょう。しかしこうした精神トラブルは、過去からの失敗体験が積み重なることによってどんどん悪化してしまいます。人によっては緊張のあまり呼吸できなくなってしまったり、吐き気を感じるなど、耐え難い症状で悩まされてしまう人もいます。

お酒がなければ緊張するようなシーンでも、アルコールを飲んだおかげでそれほど緊張せずに済むことは、少なからずあります。それは、アルコールが持つリラックス作用によるものです。しかし日常生活の中では、少し緊張したからと言って、その度にお酒を飲むことはできません。特に仕事においては、プレゼンの前に緊張するからという理由でお酒を飲んでしまったのでは、大変です。私達が緊張しやすい場面には、プレゼンや会議での発表など会社や仕事に関係することが多いですが、その他にもスポーツの試合や初対面の人と会うなど、多種多様なシーンがあります。その多くは、事前にアルコールを飲むことは難しいでしょう。

しかし例外的に、緊張を和らげるためにお酒を少々飲んでも、それほど大きな問題にはならないシチュエーションがあります。それが、冠婚葬祭です。例えば結婚式の祝辞を述べる際には、もともと緊張症の人は緊張してしまうでしょう。飲み過ぎて呂律が回らないなんて言うのは論外ですが、少しだけお酒の力を借りることでリラックスできるのなら、そうした方法もアリかもしれません。

パーティの席という点では、冠婚葬祭ではありませんが、合コンや婚活などのパーティも挙げられます。会社の忘年会や新年会なども、パーティの一環と言えます。こうした席でも、一言を求められることはありますが、お酒を少しだけ飲むことでリラックスできるのなら、飲んでもそれほど大きな問題にはならないシチュエーションです。

例外的にお酒を飲むことがOKなことはあります。しかし全般的には、緊張するからと言ってアルコールを飲むという対策方法は、現実的ではない解決方法だと考えるのが妥当です。それに、アルコールは飲み方を間違えると、人生を大きく狂わせてしまう原因にもなりかねません。

あがり症や不安症を抱えている人は、毎日の中で緊張する機会が多く、一日の大半を緊張して過ごさなければいけないことが少なくありません。緊張するのは気持ちの持ちようだと考えていたり、場慣れすれば緊張しなくなると考えて、専門家に相談することもなく、症状がどんどん悪化してしまう人もいます。

そんな緊張した一日の後に飲むお酒は、自宅ででも飲み屋でも、とてもおいしいものです。今日は頑張ったからいつもよりも多めに飲んでも良いかな、と自分自身にご褒美を上げる人もいるのではないでしょうか。

そのご褒美がたまにならOKなのですが、もしも毎日のお酒の量が少しずつ増えている人は、注意が必要です。不安障害やあがり症が原因でアルコールの摂取量が増えているリスクがあるからです。お酒を飲んでも、緊張するとか上がってしまうと言った根本的な問題が解決するわけではありません。しかし、お酒を飲むことによって一時的にでもリラックスできるので、そこに心の逃げ場を見つけてしまうわけです。

もしも慢性的にあがり症や緊張症で悩んでいて、お酒を飲めばリラックスできると考えている人は、まずインデラルなどの医薬品を試してみることをおすすめします。通販で購入すれば、家族やマンションの管理人などに知られることもありませんし、ネットショップのような感覚で気軽に購入できます。服用することによって薬効成分が神経の緊張状態を軽減してくれるので、誰でも大きなリラックス効果を実感できます。アルコールを飲み過ぎた時のように呂律が回らなくなる、と言ったトラブルは起こりませんし、何よりもインデラルはお酒ではないので、緊張症対策のために飲んだからと言ってトラブルになる心配は少ないでしょう。

インデラルを服用することで、緊張して頭の中が真っ白になったりパニックになる頻度を減らすことができます。それが少しずつ成功体験につながり、やがてはインデラルを服用しなくてもそれほど緊張せずに取り組める時が来るかもしれません。何よりも、あがり症によって引き起こされる不安定な精神状態から解放されることで、精神状態が良くなるのではないでしょうか。
偏頭痛の予防に効果的?栄養豊富な要注目のナッツ3選
4人に1人の日本人が悩んでいるというほど、偏頭痛とは国民的な症状です。年齢、性別にかかわりなく誰にでも発症する可能性のある頭痛ですが、傾向的には女性の30~40代に多いと言われています。偏頭痛に悩む女性の数は、実に男性の3倍以上です。

つらい偏頭痛の解消のためにいろいろな方法が提案されていますが、ナッツが偏頭痛を予防するという話を聞いたことはないでしょうか。ナッツにはさまざまな栄養素が豊富に含まれていますが、実は、ナッツに含まれる栄養素のなかには、血管や脳の神経を正常にする働きを持つものもあります。

たとえばアーモンドです。いろんなナッツがありますが、そのなかでもアーモンドは特に輸入量が多く、どこでも簡単に手に入ります。そんな身近なアーモンドですが、含まれる栄養素は実に豊富で、特に多いのがたんぱく質と食物繊維です。

たんぱく質は、臓器や筋肉、髪の毛など体のあらゆる組織の生成に必要な栄養素で、炭水化物と脂質とともに3大栄養素として知られています。また、野菜に豊富に含まれているというイメージがある食物繊維ですが、塩分や糖分、脂質などを体から排出したり、腸内環境を整えたりといった、これもまた重要な役割を担っています。

また、ビタミンEもアーモンドにはたっぷり含まれており、あらゆる食材のなかでもトップクラスです。強い抗酸化作用のビタミンEをしっかり摂れば、免疫アップや老化防止などの効果が期待できます。

そして、偏頭痛持ちの人が要注目なのが、アーモンドが豊富に含むマグネシウムです。マグネシウムには抗炎症作用のほか、血管の拡張や収縮を抑える働きがあります。気分をリラックスさせる効果もあるので、偏頭痛の予防や緩和も大いに期待できるでしょう。

そんな重要なミネラルであるマグネシウムですが、日本人は十分に摂取できていません。玄米や大豆、魚などに比較的に多く含まれていますので、食生活を見直してみてはいかがでしょうか。それでは不十分だと感じるのであれば、おやつにアーモンドを取り入れて補うのがおすすめです。

アーモンドほど身近な存在ではありませんが、カシューナッツにも偏頭痛の予防効果が期待できます。ナッツとしては脂質が少ないのがカシューナッツの特徴ですが、含まれる栄養素はアーモンドと同じく豊富です。先にも挙げたマグネシウムがたっぷり含まれているほか、鉄、銅、亜鉛、リンなどのミネラルを摂取できます。

また、マグネシウムと並んで、偏頭痛の緩和を期待できるのが、カシューナッツが豊富に含むビタミンB群です。ビタミンB群には血管や神経の働きを正常に保つ働きがあるので、不足すると頭痛などの不調が表れやすくなってしまいます。ビタミンB群は体内に貯蔵しておくことができないので、食べ物から積極的に摂取するようにしましょう。カシューナッツのほかには、卵、豚肉、大豆などが多く含んでいます。

お菓子やパンにもよく使われるクルミも、マグネシウムが豊富で偏頭痛予防に有効なナッツです。また、それだけでなく、クルミには多価不飽和脂肪酸が他のナッツよりも豊富に含まれています。コレステロール値の調整や血圧を正常化する作用がある必須脂肪酸で、生活習慣病を予防するうえでも積極的に摂取したい成分です。

またクルミは、多価不飽和脂肪酸の一種、オメガ3脂肪酸の含有量がナッツのなかでもトップクラスです。この脂肪酸にはメラトニンという睡眠を促進するホルモンの分泌を助ける働きがあるので、しっかり摂取するほど熟睡しやすくなり、睡眠の質も高まります。寝不足も偏頭痛には大敵ですから、クルミでしっかり対策しましょう。

マグネシウム、カシューナッツ、クルミと紹介してきましたが、偏頭痛対策は別として、ナッツはカロリーが気になるという人も多いのではないでしょうか。確かにナッツには比較的多くの脂質が含まれているため、量を食べるとすぐカロリー過多になってしまうでしょう。したがって、「偏頭痛にいいから」、「体にいいから」といって、ナッツばかり大量に食べるのはおすすめできません。

ただ、ナッツ類に含まれる脂質は、他のあぶらっこい食品と比べると体に良い影響をもたらしてくれる脂質です。先にも見た多価不飽和脂肪酸のように、血圧やコレステロール値を正常にしてくれる働きを持っています。

では、食べすぎにならない適度な量はどのぐらいでしょうか。ナッツの種類によって違いますので、ここではナッツで摂取するカロリーを1日あたり150kcalとして、アーモンド、カシューナッツ、クルミそれぞれの目安摂取量をお伝えします。

アーモンドは1日あたり23粒程度が目安です。これでカロリーは約150kcalになります。カシューナッツの場合、1粒あたりのカロリーがアーモンドより高いので、1日16粒前後が目安です。クルミはさらにカロリーがあるので、1日10粒程度がちょうどよいでしょう。

ナッツ類には偏頭痛の予防効果が期待できますが、当然ながら即効性は期待できません。偏頭痛をすぐにでもなんとかしたいという場合は、「インデラル」のような薬に期待した方がよいでしょう。通販サイト「コンディション21」なら、個人でも手軽にインデラルなどの薬を購入できます。

カテゴリ一覧

ページトップへ
インデラル通販&個人輸入・コンディション21 のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。