検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

22件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
ゼニカルを取り入れて心と身体をすこやかに保つダイエット
誰もが、一度はダイエットにチャレンジしたことがあるのではないでしょうか。その理由としては、スタイルを良くしたい、もしくは、健康維持のためでしょう。ダイエットを始めると、とにかく早く、1キロでも痩せたい、早く効果を出したい、と誰もが思うものです。しかし、なかなか、思うように体重をコントロールできず、短期間でダイエットを終わらせてしまうこともあるものです。一方、急激に、体重を落とすことができたとしても、体重の維持ができず、リバウンドしてしまった方も多いかもしれません。

このように、ダイエットを成功させる事は、とても難しいものです。最近では、テレビや本、雑誌、動画などでダイエットに関するものは、いくらでも、簡単に手に入ります。それでも、ダイエットに成功することは、難しいです。なぜならば、ダイエットは気軽に始められますが、実は、本人の食習慣や運動習慣などの根本的な深い部分の生活習慣に関わるものですから、簡単にそれらを変えるということ自体が、難しいのです。無理矢理、痩せようとして、急激に食事を減らし、過度なカロリー制限をしたり、ハードな運動を突然行ったりすることは、大変危険でもあります。また、自分でダイエットの管理ができず、多額のお金を払い、ジムなどに管理してもらう方法もあります。それでも、一旦、理想の体重になったとしても、すぐに、リバウンドするようでは、お金だけでなく、自分の体や心にも大きな負担が強いられます。

それでは、無理なく自分のペースに合わせて続けていけるダイエット法とは、どんなものがあるでしょうか。まず、ダイエットは、健康維持の方法でもありますが、手段を間違えると、健康を害する危険もあるということを覚えておきましょう。ダイエット情報は世に溢れていますので、これらをどんどん取り入れ、ダイエット難民になってしまう方がいます。何度もダイエットの反動を繰り返し、リバウンドを繰り返すことでかえって、太りやすくなってしまうこともあります。また、カロリー制限を意識するあまり、1日に必要な最低限の栄養さえ取れなくなってしまうこともありえるのです。また、精神的に追い込まれ、とにかく痩せなきゃ、私は太っている、と強迫観念に迫られて、摂食障害を併発してしまう場合もあります。特に女性の場合は、急激なカロリーコントロールによる食事制限は、生理不順や婦人科系のトラブルにもつながりますので、気を付けなければなりません。

たとえ、ダイエット中でも、自分に必要なカロリーをきちんと取り、バランスよく食べることが大切です。ここで問題になるのが、お菓子ですが、甘いものは心のリフレッシュにもなります。何事も、絶対ダメという事はなく、例外は作っておいてください。それらが心のゆとりになり、かえって、ダイエットを長続きさせる秘訣にもなります。適度に、お菓子を取り入れることも大事です。アルコールも、禁酒をする必要はなく、飲み過ぎや、習慣になっている毎日の飲酒を少し見直してみることから始めましょう。せっかく、強い意志で始めたダイエットもリバウンドを繰り返すことで、かえって太りやすい体質になっては、元も子もありません。やはりダイエットは、長いスパンで考えるのが良いでしょう。

そして、ダイエットを成功させる最も大事な要素になるのは、心の問題です。自分は太っていているから、なんとしても、早急に、痩せなければ。そう思っている女性は、大変多いと思います。特に日本人は、痩せ過ぎな状態を、美しいと感じる傾向があります。今一度、自分の体に合った適正体重を知ることも大切です。健康診断書などで目にする、BMI があります。BMIは、Body Mass Indexの略で、体格を示す指数のことです。BMIは、肥満度を表す指標になっています。ぜひ、活用してみてください。BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)の計算式で求めることができます。このBMIが、25未満であるならば、無理にダイエットをする必要はないでしょう。

自分の体の健康を守るためにダイエットはするものです。美しさとは、健やかな体のもとに宿るものです。自分にふさわしい形のダイエットを心がけてください

また、ダイエットを手軽に成功に導く助けとなる薬の併用も選択肢の一つです。ゼニカルという薬は、スイスの製薬会社で開発され、製造された肥満のためのお薬です。有効成分であるオルリスタットには、リパーゼと呼ばれる消化酵素の働きを弱める作用があります。リパーゼの働きを弱めることで、食物に含まれている脂質の体内への吸収を抑制してくれます。ここで、体に吸収されなかった脂質は、数日後に、便として体から排出されます。

ゼニカルは、もともと、糖尿病や高血圧、肥満を始めとした、生活習慣病の薬として開発されたものです。現在では、これらの疾患がない方にも同じような効果を期待できたため、ダイエットの薬として認知されるようになりました。世界中で広く利用されている薬です。安心な医薬品を使い、あなたのダイエット生活を、より快適に、無理なく成功へと導く一助としてください。
無理なダイエットをする前に!ダイエット効果を高めてくれる心強い味方「ゼニカル」の効果
ダイエット経験者の誰もが一度は、「食べたいものだけを食べて、楽に痩せられたらいいのに…」と考えた事があるのではないでしょうか。無理なく痩せられるダイエットは、ダイエッターの理想でもありますが、実際ダイエットには時間と労力が付き物だという現実を突きつけられる事が多いものです。結婚式や病気の治療など痩せなくてはいけない理由がありすぐに痩せたい場合や、努力を継続するのが難しいといった場合には、多少苦しくても短期間で効果を出せる無理なダイエットに走りがちです。

例えば、様々種類がある「食事制限ダイエット」です。糖質制限やカロリー制限、単品ダイエットなどが代表的で、お金もかからず簡単に始められる一方、体に悪影響を及ぼすダイエットばかりです。特に糖質制限ダイエットは、ごはんやパンといった糖質のみの摂取を控える方法で一見体に及ぼす影響は少ないように見えます。しかし、炭水化物が体内に不足してしまうと、頭痛や集中力の低下、倦怠感などを引き起こしてしまいます。死亡率が上昇するという研究結果も出ているほど、長く続けてしまうと危険性の高いダイエットなのです。また、単品ダイエットは、キャベツやもやしなどカロリーの低いものだけを食事として食べ続けるダイエットですが、栄養素が偏り様々な支障を来します。タンパク質の不足は体力低下を、鉄分の不足は疲労感を、カルシウム不足は骨粗しょう症を引き起こします。このような状態が続くと、低血圧や不整脈といった重大な疾患を招きかねません。運動が苦手な方は、食事制限に頼りがちですが極端な食事制限は身体に負担をかけてしまいます。お菓子や脂質、アルコールの摂取量を控え、食事は主食、主菜、副菜のバランスを考えて摂るようにするのが健康的に痩せられる方法です。

もう一つ、危険性の高いダイエットと言われているのが、長時間有酸素運動を続ける方法です。ウォーキングやサイクリングをする際、筋肉に軽めの負荷をかけながら行うのが有酸素運動ダイエットと呼ばれています。有酸素運動は、体脂肪だけでなく中性コレステロールを減らしてくれる効果があり、効率的に減量させられます。しかし、1日に数時間など長時間やりすぎてしまうと、タンパク質まで分解してしまい、筋肉量が減り痩せにくい体質になってしまうことがわかっています。「痩せなくては…」というプレッシャーからついつい運動を頑張ってしまいがちですが、適切な方法と時間で体を動かすことが減量へと繋がります。有酸素運動を取り入れる場合は、1日30分を週3.4日程度行うのが適切だと覚えておきましょう。

ここまで例にあげた短期集中型のダイエット方法は、リバウンドしやすい傾向があり、リバウンドを繰り返していると痩せにくい体質になってしまうので注意が必要です。時間をかけずに成功するダイエットはそう多くはありませんが、長期的目標を立ててのダイエットのサポートをしてくれるのが「ゼニカル」という肥満治療薬です。

「ゼニカル」は、スイスの製薬会社が開発した世界的に知られている脂肪の吸収を抑制してくれる薬剤です。肥満を原因とする高血圧やメタボといった生活習慣病を防ぐために作られました。実際に肥満治療薬として広く利用されており、現在ではダイエットのために服用する人も増えてきています。

ゼニカルの作用として、リパーゼという消化分解酵素を抑制し脂肪の吸収を抑えるというものがあります。この効能は、炭水化物やビタミン、ミネラルといった脂質以外の栄養素には効きません。そのため、あまり脂質を多く摂らない人や単純に痩せたいという人にはあまり効果がありません。脂っこいものが大好きで普段からよく食べ、肥満気味の人にこそ最大限のパワーを発揮するのです。なお、妊娠中や授乳中の女性は、胎児に影響を与える恐れがあるため服用が禁止されています。

ゼニカルは、食事1回に付き1錠を、食後1時間以内に服用することで脂質を体内に吸収せずに便と一緒に排出してくれます。脂質を含まない、サラダや煮物といったヘルシーな食事をした場合には服用しても意味がありません。服用後1~2日経つと油分が排出されますが、ベタ付いているのでトイレにこびりついて汚れてしまう可能性も少なくありませんのでその点は注意が必要です。

薬を毎食後服用するだけですので、ゼニカルによるダイエットは継続しやすい方法と言えるでしょう。運動や食事制限の場合、精神的な負担もかかりますので継続は難しいものです。また、便と一緒に油分が排出されるので視覚的に効果がわかり、ダイエットのモチベーションを保ちやすいのもポイントです。

肥満に悩む方々は、運動や食事制限など厳しいダイエットを避けて通りたい方ばかりでしょう。苦しくて続かないダイエットはもうやめて、食べたいものを食べたいだけ食べて「ゼニカル」の力を借りつつ、心に余裕のあるダイエットに挑戦してみませんか?
自分に合ったダイエット方法は見つかる?ゼニカルの検討もアリ!
これまで、多くのダイエット方法が紹介され淘汰されています。かつては、「食べるだけダイエット」の元祖でもある「リンゴダイエット」や、副交感神経を刺激して痩せ体質を誘引するといわれた「グレープフルーツダイエット」など食べ物を食べて痩せる方法が主流でした。それから、代謝を促す効果がある補酵素ダイエットや、軍隊方式のエクササイズダイエットなどいろいろなダイエット方法が生まれています。なかにはダイエットをいろいろ試しても痩せない、効果が出なかったという人もいることでしょう。いわゆる「万年ダイエッター」としていろいろなダイエット方法を試し続けている人もいるかもしれませんね。

ダイエットに関しては、個人がそれぞれに持つ性格とリンクさせた方法で実践するのが一番痩せやすいといわれています。ダイエットに向かない性格もあるようですね。「マイペースでのんびりタイプ」「ストイックでせっかちタイプ」「内向的でインドア派」「社交的でアウトドア派」の4つの指向に自分を照らし合わせてみましょう。せっかちな人であれば、速攻性が高いダイエット方法を求めますし、インドア派の人がエクササイズジムで集団レッスンを受けても効果が上がることはありません。このように、自分の性格に合わせたダイエット方法を模索すると長続きしやすいようです。

マイペースタイプなら、ヨガやピラティスなど自分のペースで動けるダイエットをおすすめします。体を動かすことで代謝を高め、腸の動きを活発にさせます。せっかちタイプの人はカスタマイズメニューで即痩せが期待できるパーソナルトレーニングや加圧トレーニングがおすすめです。ピンポイントで部分痩せなどにも注力しやすいでしょう。内向的な人ならば、DVDを見ながらできるエクササイズや、ヘルシーな食材で過ごす食事制限などが選ばれています。アウトドア派でかつ社交的なタイプならば、華やかなスポーツジムでのスタジオエクササイズなどがおすすめです。いずれの方法も初期費用が掛かりますが、自分らしく楽しんでダイエットに励めることでしょう。

ダイエットは即効性が求められますが、健康的に痩せるには計画的に時間をかけて体を作ることが大切です。そのためには生活習慣を根底から覆すことが大切だとも考えられています。改めるべき生活習慣には「食生活と睡眠時間」があげられます。睡眠時間については、できるだけ6時間以上の睡眠を確保すべきという考え方が定着しています。睡眠のみ分泌される代謝ホルモンなどもあるため、睡眠時間が少なければ代謝が衰えてしまう可能性も否めないからです。体を休めることで、血流が内臓の動きをサポートしやすくなり、胃腸での消化を促すこともできます。睡眠時間が少ない人は体に脂肪をため込みやすい体質に変わっているため、トリートメントしながら痩せ体質を作り上げる必要があります。

また食生活を整えることがとても大切な要素になるでしょう。BMIや体脂肪率などから算出される「基礎代謝量」をもとにカロリー管理を行うと痩せやすい体になります。これに運動などをプラスすることが大切です。
単純にカロリー制限をするだけではなく、ビタミンやミネラル、アミノ酸といった栄養素を補うことも意識しましょう。サプリメントよりも食事から摂取することで吸収率が上がります。また、筋肉を増強させたいならば、良質なたんぱく質を摂取することがメインとなるでしょう。

脂質や糖質制限を避けたい、おいしいものをたっぷり食べて痩せたいという気持ちを持つ人もいるでしょう。これまでの生活環境や生まれ持つ性格もあるので、否定することはできません。しかし、ダイエットには「おいしく食べてきれいに痩せる」といった命題も存在します。それぞれの矛盾をかかえたままダイエットをすれば「食べられないストレス」と「食べてしまった罪悪感」に駆られてしまうでしょう。これが負のスパイラルとなって摂食障害に至る可能性も考えられます。

ここで試してほしいのが「アリ/アライ(Alli)」です。海外では肥満を治療する医薬品として販売されており、とくにグラクソスミスクライン社の「アリ(Alli)」はゼニカルと同じ成分ながら、ゼニカルよりも成分含有量が少ないので、処方箋不要の市販のダイエット薬となります。肥満治療薬のゼニカルを使うことに躊躇している人や、お試しでダイエットをしたいならアリから始めてはいかがでしょうか。アリにはジェネリック薬の販売あるので、安価に購入したい人におすすめです。もちろん効果はゼニカルと同等です。脂っこい食事を食べるときには心強い味方となるでしょう。

アリやゼニカルを使って行うダイエットは、どのような性格の人にも向いています。しかし気を付けてほしいのは漫然と続けないことです。生活改善が定着し、痩せ体質を手に入れたら、別のダイエット法へ移行することをおすすめします。運動などを取り入れておいしいものを食べながら体重維持を試みてくださいね。
効果的な腸活ダイエットのやり方とは?短期間で効果を出すならゼニカルも検討しよう!
ダイエットの効果を高めるためには、食事として食べた成分の中で不要なモノをできるだけ体内に蓄積させず、体外へ排出するための工夫が必要です。減量したい人の中には、食べると太るから絶食するという人がいるかもしれません。しかし絶食系のダイエットは長く続けられない一時的なものです。得られる効果も一時的なものですし、絶食することによって体内環境がマイナスの方向に変化するリスクもあります。そのため、何をどのぐらい食べるかという点に注意することは大切ですが、絶食のように食べないダイエットは、本当にやせたい人にはお勧めではありません。

食べながら痩せるダイエットとは、食べたものを最大限に排出するダイエットと言い換えることができます。食べたものを排出するためには腸が活発に活動することが必要不可欠です。そう考えると、どのようにして腸を活性化すればよいかを考えることが、ダイエット効果に直結すると言っても過言ではないでしょう。

私たちが食事で摂取した食べ物は、胃や小腸の中で少しずつ分解されながら最終的に大腸へと運ばれます。大腸の中にはたくさんの細菌が常駐しており、その中には腸内環境を整えてくれる善玉菌もいれば、便秘の原因になったり毒素を作る悪玉菌もあります。腸内細菌の数は1,000兆個以上とも言われており、その数を正確に把握することは難しいでしょう。しかし食生活や生活習慣をみなすことによって、この腸内細菌における善玉菌と悪玉菌のバランスを改善することは可能ですし、腸壁にこびりついている頑固な便をすっきり体外へ排出することもできます。

それでは、最終的にダイエットという効果に結び付けるためには、どんな生活習慣や食生活を意識すればよいのでしょうか?

1つ目に意識したいことは、炭水化物を控えるという点です。炭水化物は体内で分解されると糖となります。体内ではエネルギーを供給する原料となる大切な栄養成分ですが、あまり体を動かさない人の場合には、糖が分解されないまま体内に吸収されて脂肪として蓄積されやすくなってしまうのです。しかも、炭水化物は消化に時間がかかるため、完全に消化分解されない状態で体に負担がかかりやすくなってしまいます。この点において、炭水化物は腸内環境にとってもダイエットにとっても注意が必要な栄養成分です。

もしも普段からエクササイズをしていたり、体を動かす仕事をしているような人は、炭水化物を積極的に食べることはスタミナをアップするという点で大切です。しかしそうでなければ、炭水化物の量を控えてみてください。それだけでポッコリしていたお腹がペタンコになったり、これまで何をしても減らなかった体重が不思議なほど減るという嬉しい現象を経験できるでしょう。

2つ目に意識したいことは、食事では食物繊維を積極的に食べるという点です。食物繊維には2種類あり、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維とがあります。これらは腸内では異なる役割をします。水溶性食物繊維は、腸内で水に溶けてゼリー状となり、腸内にある食べ物や便を取り込みながら肛門へと近づきます。一方で不溶性食物繊維は、腸壁にこびりついている頑固な宿便をこすり落としてくれる役割があります。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をどちらも積極的に摂取することで、腸内をすっきりキレイにお掃除できるのです。

食物繊維は、海藻や繊維質が多い野菜に多く含まれています。和食中心の食生活をしている人なら、普段の食生活の中で十分な量を摂取できているかもしれません。しかし欧米的な食生活をしている人は、食事で十分な食物繊維を摂取できていない可能性が高いものです。そんな時には、サプリメントを活用するなど工夫をして、毎日継続的に食物繊維をたっぷり摂取することをおすすめします。

3つ目に意識したいことは、水分補給をたっぷりするという事です。水分を取りすぎるとむくみやすくなるという人はいるかもしれません。しかし塩分を控えめにしながら水分をたっぷり補給すれば、むくみが起こらずに腸内環境をすっきりと改善できます。

私たちの体は、約60%は水分で作られています。体内の水分が不足すると様々なところに不調のサインが出てきますし、便秘もそうしたサインの一つとなってしまうでしょう。水分補給に関しては、冷たい水よりも温かい白湯などをうまく活用するのがおすすめです。また一度にたくさん飲むのではなく、少量をこまめに飲むことで、体内の水分量を高く維持できる体質へと近づきます。

4つ目に意識したいことは、脂質は体内に吸収させないという点です。ゼニカルなどの医薬品を使って、摂取した脂質が体内に吸収される前に排出することは、ダイエットという点では満足できる効果が期待できるのではないでしょうか。脂肪吸収阻害剤に関しては、海外からの個人輸入代行サイトを利用すれば、リーズナブルかつ手軽に購入できます。上記の方法と並行しながら活用することで、短期間でも大満足のダイエット効果を得られる可能性がアップするでしょう。
ゼニカルで肥満とさようなら!肥満の原因や対策法
ゼニカル(Xenical)とは、脂肪吸収薬として海外では肥満解消薬として許可されている一般薬です。国別に体型を比べてみると、海外には日本人よりも大柄で肥満体形の人がたくさんいます。

日本での「肥満」と海外の「肥満」は量や質が桁外れに違います。ジャンクフードや脂分たっぷりの肉類、乳製品、フライ製品など海外は生命の危険を伴うような肥満が非常に多く深刻化しています。もちろん日本でも肥満はありますが、野菜、魚中心の伝統的な日本食はそこまで脂肪が多くありません。

肥満の原因は大きくわけて2種類あります。それは脂肪がどこについているかの違いです。体の脂肪は皮下脂肪と内臓脂肪があり、片方だけではなく両方ついている場合も多いです。

皮下脂肪は、皮膚の下にある脂肪の事をさします。この脂肪は外側からつまむことができるもので、触って柔らかい部分は脂肪、その奥にある固いのが筋肉になります。皮下脂肪は筋肉と皮膚の間に蓄積され、体を守る役割も果たしているため一概に全て悪いわけではありません。

問題は皮下脂肪が過剰についている事です。皮下脂肪があると主におしりや太ももの部分が大きくなり洋ナシのような体型になりやすいです。

内臓脂肪とは、胴回りに集まっている消化器官を取り囲むようにしてついている脂肪の事です。内臓は、体の中に壁もないのに臓器が混じりあう事はありません。それは内臓脂肪が存在し、内臓どうしの摩擦や衝突を防いでくれるからです。この脂肪は腸壁から余分なものとして排出された脂肪が、体の外に出ずに残って蓄積されたものです。手足は細いのになぜかおなかだけぽっこりと出ている人は、この内臓脂肪が原因かもしれません。

皮下脂肪の原因は、過剰な脂肪の摂取と運動不足です。また一部には年齢による更年期の症状の一つとして皮下脂肪が増えるという人もいます。皮下脂肪は目につく場所に脂肪が蓄積するため見た目で判断がつきやすいです。急激に痩せなくなったと感じる方で更年期の年代に突入されている場合、最近イライラしやすい、経血の量やサイクルに変化が生じているなど他の症状もあわせて照らし合わせてみてください。更年期障害における肥満は、ホルモンバランスを整えることで解決できる場合があります。食事は普段から気を付けているし、運動も常にしていても肥満の仕組みはそれだけが原因ではありませんのでよく観察しましょう。それ以外の皮下脂肪の対策としては、食事療法と運動を取り入れる事です。食事療法はカロリー計算特に糖質と脂質の取りすぎに注意しましょう。運動は有酸素運動がおすすめです。皮下脂肪は身体活動量をあげると老廃物として流れやすくなります。長年運動をされていない方は、まずは呼吸を意識したストレッチから始めましょう。脂肪が燃焼されるためには、酸素が必要で細胞に酸素を送るためには呼吸をしっかりと行う事が先決です。ストレッチは呼吸しながら固まった体に酸素をいれるイメージで行います。体を柔らかくほぐし、緊張がとけたらゆっくりと歩くなど有酸素運動を30分ほど行うだけで十分です。

内蔵脂肪がつく原因は消化力に対する食事の量です。普段内臓では食べ物の消化活動が行われています。食べ物を分解し、体の栄養と不必要な老廃物を分けて栄養分を血中にながします。しかし、過剰に摂取された栄養分は、一定量は臓器で貯蔵しますが、上限を超えると内臓脂肪となり体の中に蓄積されるのです。

皮下脂肪と比べると、内臓脂肪は筋肉の奥についているため一度ついてしまうとなかなか落とせません。基本的には摂取カロリーがオーバーのままでは何をしても効果がなくなってしまうため、カロリー計算を行います。最近ではPFCバランスもよく聞く言葉です。たんぱく質、脂質、炭水化物の3つをバランスよく食べ量を減らすことで、必要な栄養だけを摂取します。カロリー計算はアプリなど毎日つけても楽しめるものを導入し、工夫をしながら継続できる方法をみつけてみましょう。

肥満は、なにも片方の脂肪だけが過剰になるとは限りません。皮下脂肪、内臓脂肪のどちらもついている事があります。まずは、食事の質と量を見直しましょう。習慣というのは毎日の事ですから、楽な方へと傾いてしまうのは仕方がない事です。おいしい食事やお酒を飲む事で楽しみを見出している人もいるでしょう。でもそればかり続けていると過剰な脂肪は確実に体を蝕み、年齢とともに訪れる加齢による問題を加速させます。大事な体でずっと過ごすためにも今から意識していきましょう。

全体的な食生活を見直しながら、どうしてもカロリーオーバーしてしまうという人にはゼニカルが強い味方になってくれます。ゼニカルの効果は世界中で認められており、服用すると約30%の脂肪が体内から排出されるという臨床結果もあります。お財布が厳しいという人も、ゼニカルのジェネリック薬品がでていて価格が抑えられているため、そちらもみてみましょう。ゼニカルのジェリック薬品としては、トリムz、ORLISTATなどがあります。
少しの努力でダイエット効果を上げる朝活!ゼニカルとの併用がおすすめ
ちょっと頑張るだけでしっかりと痩せる方法、それは朝の時間をダイエットに活用することです。朝のダイエットがおすすめなのは、1日の中で特に脂肪が燃焼しやすい時間帯だからです。

その秘密は、交感神経です。人の体を整える自律神経には、交感神経と副交感神経があります。副交感神経はリラックス作用があり、夜に優位になる神経です。これに対して、交感神経は日中の活動している時間帯に優位になります。

交感神経が活発になると、心臓が力強く働いて、血管を拡大して血液の流れが良くなり、筋肉に潤沢に送り込まれます。その結果、基礎代謝量が上がり、脂肪を燃焼しやすくなるのです。同じ運動量でも、夜に比べて、朝は約10%もエネルギー消費量が増えると言われています。

また、朝に運動をすると交感神経が刺激されて、1日中基礎代謝が高い状態が続きます。ダイエットの秘訣の一つは、基礎代謝を上げて何もしていないときの消費カロリーを増やすことです。1日中基礎代謝が高い状態が続くと、その分だけ痩せやすくなるのです。さらに、脳も覚醒するので、日中の勉強や仕事の効率もアップしますから、良いことづくめです。

逆に、夜は副交感神経が優位になり、基礎代謝量も下がります。運動をしても、脂肪燃焼効率が悪いのです。さらに、交感神経が刺激されますから、せっかくリラックスしているのに、興奮状態になってなかなか寝付けず、良質な睡眠が確保しにくくなるのもデメリットです。

このような理由から、痩せるために運動をするなら、朝が最適なのです。オススメのトレーニング方法は、ストレッチをして体をほぐし、スクワットで筋トレをした後に、20分程度ウォーキングする方法です。スクワットは下半身、お腹、背中にある大きな筋肉を使うので、脂肪燃焼効果が高い筋トレです。無理のない範囲で続けましょう。その後、有酸素運動であるウォーキングをすることで、より脂肪燃焼効果がアップします。有酸素運動を行ってから筋トレをするよりも、先に筋トレをしてから有酸素運動を行う方が効率的に脂肪が燃焼し、ダイエット効果が高いと考えられています。

その理由は、筋トレを行うことで、体内の成長ホルモンの分泌が促されるからです。成長ホルモンは、筋肉や骨を強くする働きがあります。しかし、先に有酸素運動を行うと、そちらにエネルギーを取られてしまいます。筋トレは瞬発的に筋肉に負荷を掛ける必要があり、一瞬で大量のエネルギーを必要とします。有酸素運動でエネルギーを使ってしまったら、瞬発的なエネルギーが足りず、効率が落ちてしまうのです。ストレッチと筋トレの時間は、合計5~10分程度でOKです。あまり無理をしないようにしましょう。

ウォーキングは20分程度が目安です。朝日を浴びて歩くことで体内時計がリセットされ、幸せホルモンの別名を持つ「セロトニン」の分泌が促されるのも、朝のウォーキングの大きなメリットです。気分が明るくなり、やる気が出てきますし、夜もぐっすりと眠れるようになります。また、朝の運動で腸が刺激され、便秘が改善される効果も期待できます。

そして、ダイエット効果を上げるために欠かせないのが朝食です。朝の運動は朝食前に行う方がダイエット効果が高いのですが、空腹の状態で運動を行うのは危険です。必ず水分を補給し、バナナなどで軽く栄養補給を行ってから、運動に取り掛かりましょう。

なぜ、食事の前に運動をする方が効果的なのかというと、寝ている間に体内の糖質が消費され、体の中が空っぽになるからです。この状態で運動をすると、エネルギーとして、糖質の代わりに脂肪が燃やされるのです。

運動後の朝食は、たんぱく質を中心に、ビタミンとミネラルを補うメニューがおすすめです。運動後の筋肉はダメージを受けています。ダメージを回復させるためには、たんぱく質が欠かせません。トーストとコーヒーだけの朝食では、たんぱく質が圧倒的に不足しています。コーヒーには牛乳を入れてカフェオレにし、卵やチーズなどを添えましょう。和食なら、豆腐のお味噌汁や納豆、焼き魚などをメニューに加えてください。

乳製品や大豆製品は、良質なたんぱく質とともに、セロトニンの生成にも欠かせない栄養素が含まれています。摂取することで幸せホルモンの分泌量が増えると言われていますから、積極的にメニューに取り入れましょう。

とはいえ、「朝は少しでも眠っていたい」「朝は忙しくて時間が取れない」という方も多いと思います。そのような場合は、歯磨きをしているときに踵のかかとの上げ下げをする、ながら運動がおすすめです。ながら運動なら、時間がなくても大丈夫でしょう。踵の上げ下げを行うことで、ふくらはぎの筋肉が刺激されます。ふくらはぎは、下半身の血液を心臓へと送り出すポンプの役割をしています。ふくらはぎを刺激することで血行が良くなり、基礎代謝を上げることができます。

また、駅ではエスカレーターではなく階段を使う、歩くときにいつもより早足を意識する、歩幅を大きくして歩くなど、通勤時間をエクササイズに充てるのもおすすめです。

朝を有効活用すれば、筋肉を鍛えると同時に基礎代謝を上げ、1日中代謝が高い状態で過ごせます。少ない努力でダイエットが実現できる、朝の時間帯を有効活用しましょう。より一層の効果を得るなら、ゼニカルなどのダイエットサプリの併用をおすすめします。
ダイエットの敵は脂肪!内臓脂肪と体脂肪、特徴や違いを知ろう!
ダイエットをする際には、ただ体重を減らせばよいというわけではなく、いかに体の脂肪を除去するかという点が大きなポイントとなります。脂肪は体の機能をコントロールしたり体温を保つ働きなどがあり、人間が生きるためには必要不可欠です。しかし必要以上に多くついてしまうと肥満となりますし、見た目が悪くなったり健康被害が出るリスクもあるでしょう。そのため、体脂肪を適度に維持することは、美容面でも健康面でもとても大切なのです。

体につく脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪とがありますが、どちらも脂肪という質に関しては違いはありません。ただし、どこにつくかという部位によって呼び方が変わり、落ちやすさも変わります。

内臓脂肪とは、内臓の周辺についた脂肪を指します。内臓のあるお腹周りにつくのが特徴で、胃や腸の外につきます。内臓脂肪が多い人は、おへそのあたりがポッコリと出ており、体型としてはリンゴ型肥満と呼ばれる体型が多いです。

内臓脂肪で気を付けなければいけないのは、見た目はそれほど太っていなくても、内臓脂肪が内側に蓄積されている可能性が高いという点です。見た目が痩せているので脂肪は少ないだろうと油断していると、実はない脂肪がたっぷりついていたという事態が起こりかねません。

内臓脂肪は臓器の周辺についていますが、つきやすく落としやすいという特徴があります。食生活を見直したり運動をすることで、比較的素早く落とせるのではないでしょうか。

一方の皮下脂肪とは、皮膚のすぐ下の部分につく脂肪で、あまり動かさない体の部位につきやすい傾向があります。お尻や太もも、二の腕やお腹などにつきやすく、そこに過度な水分や老廃物が付着することでセルライトを作ってしまう点も皮下脂肪の特徴です。

皮下脂肪は、男性よりも女性につきやすい傾向があります。また運動不足の人はつきやすく、一度つくとダイエットや運動をしてもなかなか取れないという点もまた、この脂肪の大きな特徴です。

この内臓脂肪と皮下脂肪を合わせたものが体脂肪となります。そして、体重に対して体脂肪が占める割合を、体脂肪率と呼びます。体重計の中には、体重だけでなく体脂肪率なども瞬時に計算してくれる体組成計などがあり、自宅でも気軽に体脂肪を計測することは可能です。

ちなみに体脂肪は、体内の水分量によって大きく変化しやすいという特徴があります。朝と夜とでは違いますし、食前と食後でも大きく変わることがあります。そのため、できるだけ安定した信頼できる数値を計測するなら、食後すぐのタイミングは避けて、食後2時間以上経過してから計測するのがおすすめです。

体脂肪率の目安は、男性と女性で異なりますし、ライフスタイルによっても大きく違います。男性の場合には体脂肪率は10%~19%程度が一般的ですが、アスリートだと体脂肪率が一桁という人も少なくありません。見た目に引き締まったボディを目指すなら、体脂肪率は15%程度を目標とするのが良いでしょう。

女性の場合には、男性よりも体脂肪率は多くなります。体の構造的に脂肪がつきやすく、一般的な体型でも体脂肪率は22%~29%程度あります。脂肪は女性ホルモンと大きな関係があるため、あまり体脂肪を減らしてしまうと、生理が止まってしまったり、将来的には骨粗しょう症のリスクが高まるため注意しなければいけません。

女性でも、アスリートやモデルなどでは、体脂肪が10%台の人がいます。しかしこれは、残念ながら健康的な痩せ方をしているケースは少なく、体に大きな負担がかかっている可能性があります。モデルのようにほっそりした体型は、多くの女性にとっては憧れかもしれません。しかし、健康的ではなく様々な点でリスクが大きいという事を理解して、真似しないように心がけたいものです。

それでは、体脂肪を減らすには何をすればよいのでしょうか?大きく分けると、生活習慣の見直しと、食生活の見直しが必要です。まず生活習慣の見直しに関しては、規則正しい生活をして代謝をアップすることや、有酸素運動を取り入れてついた脂肪を少しずつ落とす習慣を身に着けると良いでしょう。運動が嫌いな人や苦手な人なら、日常生活の中に運動の要素を取り込んではいかがでしょうか?例えば、自宅から駅までの道のりは歩くとか、会社ではエレベーターを使わずに階段を使うだけでも、大きな運動効果が期待できます。また、マイカーではなく電車やバスを使うようにしたり、車内では座らずに立っているだけでもダイエット効果があります。

食生活では、早食いや大食いは厳禁です。空腹になると、体は食べたものをより多く吸収しようと作用するため、できるだけ空腹にならないように心がけ、食事の量を減らしながら回数を増やすのが効果的です。また、よく噛んで食べることによって満腹感が高まりますし、消化が良くなり痩せやすい体質づくりにもつながります。

こうした生活改善と合わせて、脂肪が体内に吸収されるのを阻害するゼニカルなどを活用する方法もおすすめです。医薬品の作用で強制的に摂取した脂肪を輩出できるため、脂質が多い食事をした時に摂取すれば、食べたものをなかったことにできるかもしれません。
人気のトクホ飲料やゼニカルで無理のないダイエット
体重が気になる人におすすめなのが、脂肪の吸収を抑える効果が期待できる特定保健用食品(通称トクホ)です。トクホ飲料を毎日飲むだけでダイエット効果が得られるなら、これほど楽なことはないでしょう。ただ、トクホといってもその種類は千差万別です。同じダイエット目的に使用するとしても、商品ごとに健康効果は違います。となると、「結局どれを選べばいいの?」となってしまいますが、そんな方はぜひトクホ飲料の選び方の基本を知っておきましょう。

トクホ飲料を選ぶ基本中の基本として、それが本当に消費者庁長官許可の特定保健用食品なのかをチェックすることです。世の中には紛らわしい商品もたくさん存在します。飲料に限らずトクホ製品は、健康効果を表示する許可を消費者庁長官から受けている製品です。トクホ製品には必ずトクホマークがありますので、トクホ飲料を買う時はマークの有無を必ずチェックしてください。

ダイエット効果が期待できるトクホ飲料にも、効果によっていろんな種類があります。冒頭でも述べた脂肪の吸収を抑える効果もその一つですが、それ以外にも脂肪の分解を助けたり糖の吸収を抑えたりといった飲料も多いです。求めたい効果に合わせて選ぶとよいでしょう。

ふだんから脂質の摂り過ぎが気になる方には、脂肪の吸収を抑えるトクホ飲料がおすすめです。このタイプは食事と一緒に飲むため、脂っこい食べ物のお供としてふだんのお茶代わりにするだけで効果が期待できます。特に、食生活が不規則になりがちな人によいでしょう。

脂肪の吸収を抑える以上に、積極的に脂肪の分解を助けてくれるタイプもあります。脂肪の燃焼を助けてくれるといってもよいので、この種の飲料を選ぶなら、食事だけでなく運動にも気をつけたいところです。運動による脂肪燃焼の効果をさらに高めてくれる効果が期待できます。この種の飲料は食事のお供として飲むだけでなく、好きなタイミングで飲んでかまいません。日常への取り入れやすさもポイントです。

なお、トクホ飲料を飲む際には知っておきたい前提があります。トクホ飲料の謳う効果はさまざまですが、どんな効果を期待するのであれ、数か月は継続することです。一度飲んだだけではもちろん効果が得られませんし、1週間に一度などの頻度の少なさでも効果は期待できないでしょう。効果を得るにはできるだけ毎日飲む必要があるので、続けやすさにも注意したいところです。ただし、1日に摂取してよい量が決まっているトクホ製品もあります。毎日摂取するのが基本ですが、過剰摂取には気をつけてください。

トクホ飲料の選び方の基本がわかったところで、実際にはどんな種類のトクホ飲料が売れているのでしょうか。Amazonや楽天市場などのECサイトでの売れ行きを参考に、人気のトクホ飲料をいくつかチェックしておきましょう。

トクホ飲料として広く知られる花王の「ヘルシア緑茶」が依然として人気です。この製品にはいくつか種類があって、なかでも「うまみ贅沢仕立て」が3種類の茶葉を使用した贅沢な味わいで高い人気を得ています。内臓脂肪を減らすのに有効な茶カテキンが豊富に含まれているため、脂肪が気になる方におすすめです。また、それだけでなく、茶葉のブレンドやお湯の温度、抽出時間などにもこだわったお茶ですので、単にお茶の味わいとして見た時にも高く評価できます。

サントリーの「黒烏龍茶OTPP」も人気のトクホ飲料です。ウーロン茶とは、途中で酵素による発酵を止めて製造する半発酵茶という種類ですが、その際に「ウーロン茶重合ポリフェノール」という成分が出ます。黒烏龍茶OTPPは、そのウーロン茶重合ポリフェノールが豊富に配合されているのが特徴です。この成分は、脂っこい食べ物と一緒に摂取することで、脂肪の吸収を抑えるとともに、脂肪が体内に蓄積するのを防ぎます。また、マイルドな味わいのため、ウーロン茶の苦味が苦手な方にもおすすめです。

日本コカ・コーラから出た「コカ・コーラプラス」も人気です。コカ・コーラとして初めてトクホに認定された飲料で、カロリー、糖質はともにゼロ、難消化性デキストリン配合で脂肪の吸収を抑えてくれます。

日本コカ・コーラにはトクホのお茶もあります。「からだすこやか茶W」です。ほうじ茶に紅茶やウーロン茶をブレンドしたお茶で、さっぱり口当たりのよい飲み口となっています。こちらも脂肪の吸収を抑えるほか、糖の吸収も控えめにしてくれるため、脂質や糖分の摂り過ぎが気になる方によいでしょう。

大正製薬の「血中中性脂肪が高めの方の緑茶」も人気です。名前のとおりの効果が期待できるお茶で、粉末の分包タイプになっています。水にもさっと溶けてすぐに飲めるので、携帯に便利です。

それでも肥満が気になる方は、トクホ飲料だけでなく、肥満の治療薬として欧米で話題の「ゼニカル」も検討してみましょう。国内での知名度は低いですが、海外では高い効果があるとして話題になっています。国内でも個人輸入代行サイトを使えば入手可能です。
今すぐ始められるウォーキングでダイエット・ゼニカルの併用もおすすめ
ダイエットするためには、基本的なこととして食事制限と運動があります。このことはわかっていても、仕事や家事などでなかなか体を動かす機会に恵まれない人も多いでしょう。そんな人におすすめなのが、ウォーキングです。ただ歩くだけなら、どんな運動音痴の方でも、普段運動していない人でも手軽に始められるはずです。しかし「ただ歩くだけで本当にダイエット効果があるの?」と疑問に感じる人もいるでしょう。結論から言うと、ウォーキングだけでも十分にダイエット効果が期待できます。なぜなら、全身を使った有酸素運動になるからです。

有酸素運動の効果の中の一つに、脂肪燃焼効果があります。歩いているときに酸素を取り込み、糖質や体脂肪を燃焼させていきます。この体脂肪燃焼効果は、運動をやめた後でも数時間は保たれます。しかも下半身を主に動かす運動です。下半身には大きな筋肉が多くあります。大きな筋肉を鍛えれば、基礎代謝がアップします。普段生活しているだけでもいつも以上に効率的にカロリー消費できます。痩せやすく太りにくい体質に変化しますので、ダイエット後のリバウンドリスクも低減できるのです。

ある程度の時間歩き続けると、体がポカポカしてくるでしょう。これは血行が促進されているからです。ふくらはぎには血液を心臓に送り戻すポンプの役割があります。ウォーイングでふくらはぎを鍛えることで、このポンプ機能が強化されます。その結果、血流がスムーズになるのです。しかも全身くまなく血液が供給されるので、便秘や冷え性、肩こり、肌荒れなどのトラブルも解消される可能性があります。

ウォーキングをしてダイエットできるといわれると、どのくらいカロリーが消費されるか気になるでしょう。これはその人の体形やどのくらいの速度で歩くかによって変わってきます。もし1時間いつも歩いているようなペースでウォーキングをした場合、体重50kgぐらいの人だと、150キロカロリー前後エネルギーを消費できます。一方、同じ1時間で体重50kgの人が早歩きでウォーキングをした場合、200キロカロリー以上のエネルギー消費効果が期待できます。ジョギングや水泳のようなほかの負荷の高い有酸素運動と比較すると、カロリーの消費量は少ないです。しかし毎日続ければ、塵も積もれば山となるではありませんが、徐々にダイエット効果を実感できるでしょう。

ウォーキングダイエットにはやり方があります。ただやみくもに歩いても、期待しているようなダイエット効果は見込めないでしょう。正しいウォーキングの方法をまずはマスターしてみてください。まずシューズ選びです。自分の足に合ったシューズを用意しましょう。歩くときには背筋を伸ばして、胸を少し張るような要領で前を向いて歩きましょう。また足はかかとから着地して、踏み出す足は親指に力を入れて地面をけるようなイメージで足を運ばせましょう。

ウォーキングのペースですが、話すと多少息が切れるくらいの早さをイメージするといいです。また腕の振り方も重要なポイントです。ひじは直角に曲げて、体の横から後ろに振るようなイメージで動かしてください。よく腕を前後に大きく振っている人を見かけますが、これは間違いです。身体の横から後ろに向かって肘をつきだすようなイメージで動かすといいでしょう。こうすることで肩甲骨がよく動きます。肩甲骨周辺には褐色脂肪細胞が集まっていますが、この細胞を刺激できます。褐色脂肪細胞は脂肪燃焼を促進する働きがあるので、肩甲骨周辺を大きく動かすと効率的に体脂肪を燃焼できます。

また、歩幅は普通に歩いているときよりも少し大股で歩くのが効果的です。歩幅が大きいとそれだけ運動負荷が高まるので、同じ時間トレーニングしてもエネルギーの消費量がアップします。股関節をしっかり使うようなイメージで歩いてみるといいです。

ウォーキングダイエットをする場合、だいたい30分から1時間を目安に歩きましょう。少なくても20分間は連続して運動することです。有酸素運動は20分続けたところで、初めて体脂肪が燃焼するといわれているからです。30分から1時間で、5kmを目標に歩いてみましょう。

ウォーキングを毎日続ければ、ダイエット効果もいずれ実感できるでしょう。しかし中には毎日ウォーキングをするのは難しいという人もいるでしょう。その場合にはゼニカルを併用してみるのも一考です。ゼニカルは肥満治療薬の一種で、体内に脂肪が吸収されるのを抑制する効果があるといわれています。ゼニカルにはオルリスタットと呼ばれる成分が含まれています。オルリスタットにはリパーゼという消化酵素の働きを抑制する効果があります。リパーゼには脂肪を分解する働きがありますので、この働きを阻害すれば脂質の体内への吸収を防げます。脂質は吸収されなければ、弁となって体外に排出されます。ゼニカルを使いながらウォーキングなどの適度な運動を続けて、ダイエットにチャレンジしてみませんか?
どうやってダイエットする?脂肪を減らす方法
ダイエットの最大の敵とも言えるのが脂肪の蓄積です。また皮下脂肪だけでなく内臓脂肪の蓄積にも要注意。放置しておくと高血圧、高血糖、高脂血症といった生活習慣病のリスクを抱えることになりかねません。

ダイエットの目的はあくまで「健康に、美しく」行っていくことです。しかしどうしても体重を減らすことにばかり意識が向いてしまい、無理な食事制限といった体に負担をかけてしまう方法を選択してしまいがちです。そうした問題を避けるためにも、ダイエットは「体重を減らす」ではなく「余分な脂肪を落としていく」ことを目的に行っていくことが重要になってきます。

では脂肪を落とすことを優先してダイエットを行っていくためにはどうすればいいのでしょうか?食事制限がある程度必要になるのは事実です。しかしそれはあくまで摂取カロリーと消費カロリーのバランスを意識した上で、さらに栄養バランスを保ったうえで行っていくことが大前提です。簡単に言えば、消費カロリーさえ多ければ摂取カロリーが多くても脂肪と体重を減らしていくことができるわけです。

無理な食事制限が問題なのは摂取カロリーを減らす以上に消費カロリーを減らしてしまうリスクがあることです。辛い食事制限をしているのに効果が得られず、しかもリバウンドや体調不良、さらに女性の場合は月経不順などの問題のリスクを抱えてしまいます。

ですから脂肪を減らす場合には脂肪が蓄積しにくい環境づくりを意識していくことがもっとも重要です。食事で摂取したカロリーがきちんと消費され、余分な脂肪となって蓄積しない環境を維持できればいいわけです。これなら無理して食べたいものを我慢する必要もなく、栄養バランスも維持することができます。

脂肪を落とすことをよく「脂肪を燃焼させる」と言います。その鍵を握るのが運動と基礎代謝です。やはり運動はダイエットにおいて不可欠、何らかの形で採り入れていくことがポイントになってくるでしょう。

運動の中でもとくにウォーキングやランニングといった有酸素運動はエネルギーを確保する過程で脂肪を燃焼させるメカニズムが働くためダイエットに最適です。しかもハードな運動は必要なく、30分程度のウォーキングでも十分な効果が期待できます。しかも有酸素運動の場合、皮下脂肪だけでなく内臓脂肪を燃焼させる効果もあるので生活習慣病対策としても非常に優れています。

一方、基礎代謝とは人間が体を維持するために必要とする最低限のエネルギーのことです。生き物は動いているときだけでなく、単に生命活動を維持するためにもエネルギーを消費しています。そのため継続的にエネルギーを食事の形で摂取する必要があるわけですが、この基礎代謝が高い人ほど消費エネルギーも多く、脂肪を燃焼しやすい体質になっているのです。そしてこの基礎代謝を左右するのが筋肉の量です。人間の体でもっともエネルギーを消費するのが筋肉だからです。

ですから有酸素運動と筋トレをうまく組み合わせることでより効果的に脂肪を燃焼させていくことができます。筋トレもそれほどハードな運動は必要なく、水を入れたペットボトルをダンベル代わりにしたり、膝を立てた姿勢での腕立て伏せなど、負荷がそれほどかからない方法でも十分に効果が期待できます。

さらにこうした日常生活でできる方法に加えてもうひとつ、薬で脂肪を落とす方法もあります。その代表格としてとくに知られているのがゼニカルです。

このゼニカルはもともと肥満や糖尿病、高血圧などの治療に用いられているもので、体内での脂肪の吸収を抑制する働きを持っています。つまり、脂質をはじめとした脂肪の原材料となる成分を食事で摂取したときに脂質の吸収を抑制し、体内で脂肪になるのを防ぐことができるわけです。ゼニカルはアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けているなど、安全性の面でもとくに問題は報告されていません。

まずゼニカルで脂肪が作られるメカニズムを抑制し、適度な運動で脂肪が燃焼されるメカニズムを活性化させる。この2通りのアプローチを活用することでさらに効率の良いダイエット効果が期待できるようになるでしょう。とくに脂っこい食べ物が好きな方、少々肥満気味で体を動かすのが億劫になっている方にゼニカルは役立ってくれるでしょう。

ゼニカルのポイントは服用から1~2時間程度効果が発揮されることです。ですから食前・食後に服用するのがポイントです。この期間が切れた後に食事をしても効果が得られないので気をつけましょう。

基本的には毎日服用することになりますが、効果が実感できるようになるまでの期間は2~3週間というのが一般的な目安とされています。運動による脂肪燃焼効果もだいたいこれぐらい経過してから実感できることが多いですから、その間は効果が実感できなくても続けることが重要です。

ゼニカルはオルリニガルなどの名称でジェネリック医薬品として販売されています。これらは個人輸入代行業者などで購入可能です。なかなかダイエットが成功しない、脂っこいものをついつい食べすきでしまう、そんな悩みを抱えている方はゼニカルを導入したうえで改めてダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
年齢を重ねるとダイエットしても痩せにくい!その理由は?痩せるならゼニカルを使うのもアリ!
老若男女を問わず誰でも、人生の中で1度や2度はダイエットに取り組んだ経験があるのではないでしょうか。ダイエットには多種多様な方法があり、体質やライフスタイルによってぴったりのものは異なります。しかしどんな種類のダイエットをしても、年齢を重ねることによって痩せにくくなってしまうと感じる人は多いものです。

若い頃と同じような食生活や生活習慣をしているのに年齢とともに太ってきたという人は少なくありません。また、若い頃と同じ筋トレメニューをこなしていても、筋肉がつきづらくなったような気がするという人もいるでしょう。これはすべて、体の老化が大きく関係しています。

中高年のダイエットで痩せにくいのは、具体的にどんな老化が原因なのでしょうか。

1つ目の原因は、基礎代謝の低下です。基礎代謝というのは人間が生きるために必要とするエネルギーのことで、内臓器官を動かすとか、心臓を動かすなど、生活習慣とは関係なく生命維持のために使われるエネルギーが該当します。身長や体重などによって毎日どのぐらいのエネルギーが自然に燃焼されるかは異なりますが、誰でも年齢とともに基礎代謝は低下してしまいます。若い頃と同じ生活をしていても、年齢とともに太りやすく痩せにくくなってしまうのは、この基礎代謝が低下してしまうことが原因なのです。

例えば、年齢とともに筋肉量が低下します。筋肉は脂肪よりも多くのエネルギーを消費するため、筋肉量が多い人は基礎代謝も高く維持できます。しかし年齢を重ねることによって、運動をしても筋肉がつきづらくなり、運動をしている人でも筋肉量の減少に伴って基礎代謝も低下してしまうのです。

2つ目の原因は、ホルモン分泌の低下です。これも老化現象の一つで、特に女性の場合には50歳前後で閉経があります。人によって差はありますが、45歳から55歳ぐらいまでは、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなりますし、閉経によって女性ホルモンの分泌がストップします。

そうすると、それまで女性ホルモンが関わっていた脂質の代謝機能が低下するため、脂肪が体に蓄積されやすい体内環境が作られてしまいます。その結果、体内の脂肪が増えることで血液中の悪玉コレステロールなども増え、肥満や生活習慣病を発症しやすくなってしまうのです。

更年期を境に、それまではスリム体型だった女性がふくよかな肥満体型になりやすいのは、誰もが経験する女性ホルモンの分泌低下と大きな関係があるのです。

3つ目は、筋肉の老化です。上記の通り、誰でも加齢に伴って筋肉量が低下します。その中でも特に低下が著しいのは、体幹と呼ばれている背骨や骨盤など、骨を支えているインナーマッスルです。こうした筋肉が機能低下してしまうと、良い姿勢を維持することが難しくなって、猫背になったり、上半身の体重を太ももで支えようとして体が前傾姿勢になってしまうことが少なくありません。

そうなると、負荷がかかる太腿の筋肉ばかりが太くなり、そのほかはかかるべき負荷がかからないことによって筋肉量低下が進んでしまうでしょう。

4つ目は、内臓脂肪の増加です。これはホルモン分泌の低下とも関係がありますが、40歳を超えるあたりから多くの人は、筋肉量とホルモン分泌の低下によって、脂肪がつきやすい体内環境へと変わっていきます。特に脂肪がつきやすいのはお腹周りで、内臓脂肪がつきやすくなってしまうのです。

内臓脂肪は皮下脂肪とは違い、体の内側にある内蔵の周辺についてしまう脂肪で、運動をしてもなかなか分解することは難しいという性質があります。それに、皮下脂肪のようにエネルギーとして使われることが少なく、生活習慣や食生活を改善しない限りはどんどん蓄積されてしまう脂肪としても知られています。この内臓脂肪がたっぷりついてしまうと、いくらダイエットをしてもなかなか痩せないという事態になってしまいます。

それでは、中高年のダイエットは、どのようにすれば効果を実感できるのでしょうか?若い頃と同じように、規則正しい生活習慣や、栄養バランスの取れた食生活を継続することは、とても大切です。しかし基礎代謝が低下していることを考慮して、食事による摂取カロリーを見直したり、食事ではできるだけ糖質と資質を抑えて食物繊維を増やすなどの工夫をすると良いでしょう。

代謝機能の低下は老化現象ですが、代謝機能をできるだけ活性化できるような工夫も効果的です。例えば、体を冷やさないように心がけたり、体を温めてくれる食事をするなど、普段のちょっとした心がけもおすすめです。

更年期以降のダイエットでは、若い頃のような絶食系のダイエットをしてしまうと、痩せてスリムな体型を作るはずが、老いた体型を作ってしまいます。そのため、食べないダイエットはNGで、カロリーが少なめの食事をしっかりとるというスタンスが良いです。

ゼニカルのようなダイエット薬を使って、脂肪が吸収されにくい体内環境を作ることもまた、中高年のダイエットではおすすめです。吸収されない脂肪はそのまま体外へ排出されるので、太りにくい体内環境を手に入れてスリムなボディへと近づきます。
ダイエット成功の秘訣は継続すること!簡単な方法やゼニカルなどの薬を活用して手軽にダイエットをしよう!
ダイエットを成功に導くための秘訣はとにかく努力すること、と思い込んでいる人は少なくありません。厳しい食事制限や激しい運動は確かにダイエットに効果的に思えますが、たとえ一時的に痩せたとしても、すぐにリバウンドしてしまったり、不健康になってしまったり、とデメリットも多く存在します。

効果的かつ健康的にダイエットを成功させる秘訣は、自分にとって簡単と感じる方法を長期的に行うことです。つまり、ダイエットは一時的に頑張ったとしても得られる効果は少なく、長期的に継続した方が得られる結果は大きいということです。人間は、大変なことを長期的に続けたくないと思ってしまう生き物です。なので、ダイエット方法を選ぶ際は、自分でもこれくらいなら続けられるという、簡単な方法を選ぶことが重要なのです。

人によって、簡単であると判断するポイントは異なります。下記に記すダイエット方法は簡単かつ効果的な方法ばかりなので、この中からいくつか試してみて、自分が続けられそうだなと判断できた方法を継続すると良いでしょう。

簡単で効果的なダイエット方法の1つ目は、レコーディングダイエットです。これは、自分自身が飲食したものをすべて記録に残すというダイエット方法です。なぜ記録に残すのかというと、食べたものを文字に起こして可視化することで、自分が考えている以上に食べ過ぎている可能性を見つけ出すことができるようになるからです。

たまに、食事制限をしているはずなのに全然痩せないという話を聞きますが、実はそういう方の多くが、自分でも気づかないうちに、ちょこちょこと間食を取ってしまっています。そうした自分の無意識下の行動を統制するためにも、レコーディングダイエットは有効です。日々の自分の食事の量を把握したら、そこから少しずつ無駄を省き、摂取量を減らすだけで、体重は減少していくでしょう。

簡単で効果的なダイエット方法の2つ目は、置き換えダイエットです。朝食や夕食などを、通常の食事から、それ以外のダイエット食品などに置き換えて行うダイエット方法です。これまで、スムージー置き換えダイエットやプロテイン置き換えダイエットなど、様々な方法が流行しましたが、今回ぜひおすすめしたいのは、低GI食品に置き換えるダイエット方法です。

低GI食品とは血糖値の急上昇を防ぐ食材のことで、これらを率先して摂取することで、太りにくい体質に改善する効果が期待できます。これは1食だけを低GI食品にするのではなく、主食クラスの料理を率先して低GI食品に置き換えることで、より大きな効果を発揮します。例えば、普段食べている白米を低GI食品である玄米にする、食パンを全粒粉を使用したパンに替える、といった感じで行うのがおすすめです。

3つ目は、太りにくい時間に食事を取るという方法です。実は、人間の身体には1日のうちに何回か、食事をしても太りにくい時間帯があります。それは、6時から7時、10時から11時、そして16時から17時の3つの時間帯です。この時間帯は体内リズム的に血糖値が下がっている時間なので、食事を取る場合にはこの時間帯を狙うことで、太りにくくなると言われています。

この方法は時間帯が決まっている分、食生活のリズムを整えることにもつながります。内蔵の機能も向上し、消化のリズムも整うので、身体の中から痩せやすい身体になりたいという方には特におすすめです。

そして4つ目は、サプリメントや薬の力を借りる方法です。現在はむくみ解消や食欲抑制、そして脂肪燃焼など、ダイエットに有効なサプリメントや薬がたくさん存在します。そんな数あるダイエットの味方の中でも少しずつ認知度が上がってきているのが、ゼニカルという薬です。

ゼニカルとは、脂肪の吸収を抑制してくれる経口内服薬です。日本ではまだまだ認知度が低いですが、アメリカを始めとする多くの国では肥満の治療薬として認可され、一般的に使用されています。ゼニカルを服用後、脂肪吸収抑制の効果が期待できるのは1~2時間程度と言われています。その時間を過ぎてから摂取した脂肪はしっかりと吸収されてしまうので、服用するタイミングには注意しましょう。

また、軽度ではありますが、脂肪を排泄するために下痢や腹痛などが起こったり、ビタミンが体外へ排出されやすくなってしまったりなど、ゼニカルには副作用が現れる場合があります。こうしたリスクを最大限抑えるために、用法用量は正しく守って使用しましょう。

ゼニカルの入手方法は意外と簡単で、個人輸入の通販サイトで手軽に手に入れることができます。興味のある人はぜひ覗いてみてください。

以上が継続しやすい簡単なダイエット方法です。厳しい食事制限や運動ではダイエットが続かないと悩んでいる方は、今回紹介した方法を試してみてください。理想の体型を手に入れるためには、継続することが大切ということをよく覚えておきましょう。
脂質の吸収を抑えるゼニカルと脂質制限ダイエットを成功させるポイント
肥満の治療効果が高いと話題のダイエット薬「ゼニカル」をご存じでしょうか。「Ronche」というスイス生まれの製薬会社が開発した薬で、単なる肥満のほかに、高血圧や糖尿病などの生活習慣病からくる肥満を治療するために用いられています。高い効果があることが知られており、日本国内ではまだまだ知名度は低いですが、今ではアメリカ食品医薬品局(FDA)に認可されるなど、世界中の国や地域で利用されています。

ゼニカルによって肥満が治療できるのには、「オルリスタット」という有効成分に秘密があります。これは、膵臓の消化酵素であるリパーゼの働きを抑える作用のある成分です。リパーゼには脂質を消化・分解するという働きがあります。

栄養素のなかでもカロリーが最も高い脂質を分解するリパーゼの働きが抑えられるということは、脂質が体内に吸収されるのを防ぐということです。つまり、食べ物から摂取した脂質が、リパーゼを抑えることで体内に吸収されず、そのまま体外に排出されてしまうということを意味します。

ゼニカルを服用するだけで、薬の成分が勝手にリパーゼを抑制してくれるため、食べる内容や量に変化はなくても、体に吸収される脂肪分は大幅に減少します。ということは、ツラい食事制限などをすることなく、ダイエットができるということです。

ゼニカルによるダイエット効果は、ふだんから脂質をたくさん摂取している方ほど顕著に表れるでしょう。食べたいものを我慢することなく脂質制限ダイエットと同じ効果が得られるので、脂っこい食べ物が大好きという方におすすめです。

そんな便利なゼニカルですが、なかには「まず、自分の力で脂質制限ダイエットにチャレンジしたい」という方もいるでしょう。そんな方のために、脂質制限ダイエットで失敗しないためのポイントをいくつか確認しておきます。

脂質制限ダイエット中でもお肉は食べてかまいません。ただし、加工肉はなるべく避けましょう。ソーセージやベーコンなどの加工肉には、ふつうのお肉よりも脂質がたっぷり含まれています。

また、お肉のなかでもなるべく脂質量の少ないものを選ぶのがポイントです。たとえば、同じヒレ肉でも牛肉より豚肉の方が格段に脂肪量が少なくなります。おすすめは鶏肉です。しかも、モモ肉より胸肉やささみが脂質が少なくたんぱく質が豊富で、ダイエット中の栄養源として適しています。ただし、鶏皮には脂質が多いため、鶏肉を食べる時はなるべく皮は取り除いておきましょう。

脂質も生きるのに不可欠な栄養素なので、脂質制限ダイエット中だからといった完全に脂質を断ってよいわけではありません。しかし、どんな脂質でもよいわけではなく、なるべく良質な脂質を選ぶようにしてください。

肉類やお菓子、マーガリン等に含まれる飽和脂肪酸やトランス脂肪酸はなるべく避けたい種類の脂質です。代わりに、青魚やアボカド、オリーブオイルに豊富に含まれる多価不飽和脂肪酸や一価不飽和脂肪酸を取ってください。血中のコレステロール値や中性脂肪の値を下げる効果も期待できます。

同じ量の脂質を使った料理でも、ダイエット中は調理法にも気をつけましょう。炒め物や揚げ物よりも、蒸し料理や茹で料理、煮込みやグリルによる調理がおすすめです。炒め物を作る場合は、あまり油を使わなくて済むテフロン加工のフライパンを使うとよいでしょう。

また、調理の際は使用する調味料にも注意しましょう。たとえばドレッシングやマヨネーズなど、調味料のなかには脂質がたっぷり含まれているものもあります。同じドレッシングでも、洋風より和風の方が脂質量が少なくておすすめです。可能であれば、ドレッシングやマヨネーズではなく、塩やオリーブオイルでいただくようにしましょう。

ファーストフードやインスタント食品も脂質制限ダイエット中は避けたい食品です。これらの食品はとてもカロリーが高く、脂質の含有量も極めて高くなっています。たとえば、ファーストフード店でハンバーガーとフライドポテトにナゲットという食事をする場合、これだけで1,000kcal近くになることは珍しくありません。ファーストフードというぐらいですので時間がない時には便利ですが、体重を落としたいのであればなるべく控えましょう。

脂質制限ダイエットというと、あれも食べてはいけない、これも食べてはいけないと言われるばかりでストレスに感じてしまいます。実際はそんなことはありません。お菓子やスイーツも適量であれば食べても問題ないです。ただ、スイーツを選ぶ場合、洋菓子よりも和菓子の方が脂質量を考えるとダイエット中には適していると言えるでしょう。とはいえ、和菓子にも脂質や糖質が含まれていますから、食べ過ぎが禁物なのは言うまでもありません。

脂質制限ダイエットを成功させるポイントをお伝えしてきましたが、ここまで読んで「やっぱり自分には難しそう」と思った方もいるはずです。そういう方は、冒頭にお伝えしたゼニカルが適しています。食事内容を変えなくても、無理せず摂取する脂質量を減らすことが可能です。

カテゴリ一覧

ページトップへ
インデラル通販・個人輸入 / コンディション21 のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。