検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

17件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
更年期のつらい症状を軽減するサプリメント・漢方薬・プレマリン
更年期特有の症状の軽減にサプリメントが有効なことがあります。サプリメントは栄養補助食品であって薬ではありませんが、ご自身の症状にぴったりの成分が配合されているものなら、ある程度は症状を緩和する効果が期待できるでしょう。

ただ、更年期の症状に良いと言われるサプリメントにも多くの種類があります。サプリメントの種類が違えば、当然配合される成分も違うため、どんなサプリメントがご自身の症状に適切なのか判断するために、まずは更年期の症状向けのサプリメントに配合される代表的な成分をチェックしておきましょう。

更年期の症状に良いとされるサプリメントの多くには、エクオールという成分が配合されています。これはエストロゲンという女性ホルモンと同じような働きをする成分です。女性は閉経の前後を中心にエストロゲンが不足したり過剰に分泌されたりすることがありますが、そんな時にエクオールを摂取すると、エストロゲンの分泌を整えてくれます。更年期によく見られるホットフラッシュや肩こりなどの不調を軽減する効果が期待できるでしょう。

イソフラボンも代表的な成分です。こちらは大豆などに豊富に含まれるポリフェノールとして有名ですが、実は更年期障害の緩和治療に昔から利用されていました。女性ホルモンと似たような働きをするほか、カルシウムが溶け出すのを防いで骨粗鬆症のリスクを軽減します。

40種類以上の成分を含むローヤルゼリーも、更年期のサプリメントに配合されることが多いです。ビタミン、ミネラル、アミノ酸、エストロゲンなど、女性の健康に必要な成分がたっぷり摂れますので、更年期でなくても体質改善に良いでしょう。

ヨーロッパで昔から重宝されてきたレッドクローバーというハーブも、サプリメントの配合成分のなかによく見られます。エストロゲンと同じような働きをする成分が含まれているのが理由です。また、このハーブならではの効果に、鎮痛や抗炎症の作用があります。風邪気味の時などにもおすすめです。

以上、更年期のつらい症状を軽減するためにサプリメントを利用する際に注目したい成分でしたが、つらい症状の緩和には漢方薬という選択もあります。

更年期だからといって、その時期の女性が全員つらい症状を抱えているわけではありません。特に不調を感じることなく過ごす人もいます。一方、日常生活が送れないほどひどい症状を発症する人もいるように、個人差が非常に大きいのも更年期の一つの特徴なのです。

では、なぜ人によってこんなに違いがあるのでしょうか。漢方では体質の違いにその原因があると考えます。

「気」「血」「水」が漢方では体を支える三本柱として重視されているのをご存じでしょうか。これらは、簡単に言えば体の「元気」「栄養」「潤い」を示しています。この3つがどれもしっかりしていると体調が万全なのですが、人によってそれぞれ状態が異なり、どれか一つでもひどく弱っていると体調にも大きな影響が出てしまいます。更年期の症状がつらくなるのは、漢方では、これら三本柱のどれかが弱っていると考えられているのです。

また、更年期の症状は時間とともに変化します。今は不調もなく問題ないとしても、数年経てば大きく崩れることもあるのです。更年期の期間はだいたい10年ほどあると考えられますから、その10年間に症状が軽いこともあれば非常につらくなることもあると覚えておくとよいでしょう。

この変化も、漢方では上記の三本柱のバランスが崩れることによって表れると考えます。ちなみに、調子を崩しやすいと言われる順番は、気、血、水です。更年期の症状もこの順に変化することが多いとされています。

そこで、更年期の初期によく見られる不調、気の崩れによる症状を緩和するために有効な漢方薬をいくつか見ておきましょう。

一つは、のぼせやホットフラッシュの軽減に有効とされる「加味逍遙散」です。気の乱れを整えるとともに、過剰な発熱を抑えます。また、気だけでなく、血と水のバランスを整えるのに良い生薬も配合されているので、更年期に見られやすい代表的な不調に幅広く対応可能です。月経不順や冷え性、不眠などの改善にもよいでしょう。

不安が強くそのせいで不眠にもお悩みの方には、「柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)が良いです。気を整えることによって、高ぶりがちな神経を穏やかにしてくれます。不安や不眠のほか、強い恐怖感、動悸の改善にもおすすめです。

胃腸が弱く疲れやすい方におすすめなのが「加味帰脾湯」です。気だけでなく血の弱りを改善する生薬を配合した漢方薬なので、胃腸の弱い人、心身の疲れで眠れない人によいでしょう。ほてりやイライラの改善にもおすすめです。

サプリメントや漢方薬でも症状が改善されないなら、「プレマリン」という薬はいかがでしょうか。これはエストロゲンの補給のための薬で、海外では更年期障害の治療薬としてよく利用されています。国内でも個人輸入代行サイトを通じて手軽に入手できるので、更年期特有のつらい症状にお悩みなら検討してみてはどうでしょう。
更年期障害の症状はいつまで続く?プレマリンで対処するのも一考
中高年女性が悩まされる症状に、更年期障害があることは広く知られているでしょう。更年期障害で現れる症状はいろいろとあります。手足が冷える、倦怠感がある、不眠、憂鬱、イライラする、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴りなど人によってさまざまです。その中でも代表的な症状として、ホットフラッシュがあります。ホットフラッシュとは、別に運動をしたわけではないのに体が熱くなる症状です。のぼせたようになる、体が火照るなどです。また寝汗を大量にかき、起きるとパジャマがぐっしょり濡れているといった症状を訴える方も少なくありません。

中高年女性にとって更年期障害は避けて通れない症状かもしれません。しかし個々人を見てみると、その症状はかなりばらつきのあることがわかります。更年期障害で日々の生活に支障の現れる人もいれば、あまり感じることなく過ぎてしまうような人もいます。更年期障害で重い症状になりやすい人を見ると、いくつか共通効果があります。

まずは生活が不規則な人です。例えば夜更かしを続けている、休日になるとずっと寝ているような生活リズムが日によってばらばらだと、自律神経のバランスが乱れてしまいます。もし生活リズムが乱れているのであれば、今後更年期障害が広く現れる恐れがあります。規則正しい生活リズムを常日頃から意識しましょう。

現代社会はストレス要因がそこかしこに転がっています。仕事へのプレッシャーもありますし、人間関係の悩みもあるでしょう。ストレスフリーの生活を続けることは難しいかもしれません。しかし過度にストレスをため込みすぎてしまうと、更年期障害が強く表れる恐れがありますので注意しましょう。こちらも自律神経が関係しています。通常であれば、交感神経と副交感神経がスムーズに入れ替わって、心身ともに健康なコンディションを維持できます。しかしストレスを過剰に溜め込んでいると交感神経を常に刺激して、興奮状態が続きます。自律神経のバランスが崩れ、心身に不調をきたし更年期障害の症状も重たくなりがちです。

また、極端に痩せている人も要注意です。月経が起きるメカニズムとして、レプチンが関係しているといわれています。このレプチンは、脂肪細胞から分泌されています。しかし痩せていて脂肪細胞が十分でないと、レプチンの分泌量も低下します。その結果、ホルモン分泌に影響を及ぼします。過激なダイエットをしている人で月経の来なくなる方がいるのはこのためです。月経がないとエストロゲンの分泌も減少します。このように、痩せている人や無理なダイエットを何度も経験している人は、女性ホルモンがもともと低下しているかもしれません。卵巣機能にも悪影響を及ぼしているかもしれません。その結果、更年期障害になりやすいと考えられています。

また、更年期障害になりやすい性格もいくつかあります。完璧主義者、まじめな性格で言われたことを途中で投げ出さないような頑張り屋さんに多いといわれています。細かなことがいつも気になってしまうので、交感神経の刺激される機会が多いです。その結果、自律神経のバランスを乱してしまうわけです。性格はそう簡単に変えられるものではありませんが、もし心当たりがあれば注意しましょう。

夫婦関係や家族関係でストレスを抱えている人も注意しないといけません。更年期のタイミングでいろいろと悩みを抱える場合があるでしょう。子供がいる場合、配偶者との間で子育ての方針が食い違って対立しているケースもあるかもしれません。子供がある程度大きくなると進路に頭を悩ませることもあるでしょうし、反抗期で子供とコミュニケーションがうまく取れずに困っている人もいます。このようなストレスが過度にたまっていると、更年期障害が強く出てしまうかもしれません。

更年期障害が現れると、どのくらい続くのかも気になる人もいるでしょう。更年期障害は女性ホルモンの分泌が急激に低下することで発症します。しかし、女性ホルモンの急激な低下に体が慣れれば、更年期障害の症状も落ち着いてきます。この慣れるまでの期間ですが、人によって異なります。しかし一般的には50代後半になると、だいぶ落ち着く人が多いようです。ただし、絶対のこの時期とは言えません。50代後半にちょうど親の介護をしていて、それで手いっぱいだと更年期障害が起こらないケースもあります。そして介護が終わってほっとしたところで更年期障害を発症するような人もいるのです。

しかし、もし更年期障害で日常生活に支障をきたしているのであれば、対策を講じるといいでしょう。そこでおすすめなのが、プレマリンです。プレマリンは卵胞ホルモン薬のことで、女性ホルモンと同じ働きをします。更年期障害は女性ホルモンの分泌が低下することで発症する症状です。外部から女性ホルモンを補給することで、更年期障害の症状を改善できるといわれています。プレマリンは通販サイトなどでも販売されているので、一度チェックしてみるといいでしょう。
月経不順や更年期の悩みに役立つプレマリン
女性特有の悩み、月経不順と更年期は慢性化してしまうことも多く、しかも体の不調だけにとどまらず精神面の不調をもたらすケースもあるだけにとても厄介です。原因がひとつではないことも多く、症状を和らげつつ、根本から改善していけるような対策・治療を行っていく必要があります。それだけに「この方法なら月経不順・更年期対策はバッチリ!」といった方法はなく、ひとりひとりの健康状態に合った対策が求められます。

そのためにもどうして月経不順や更年期障害が生じるのか、体のメカニズムを知っておく必要があります。そのうえで自分が抱えているどんな問題がそのメカニズムに悪影響を及ぼしてしまっているかを把握し、それに合った対策・治療を採り入れていくことになります。

もともと女性の体は黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)という2種類の女性ホルモンがあり、この2つがバランスをとることによって月経周期が保たれています。いずれも卵巣から分泌されているホルモンですが、エストロゲンの方は月経から排卵期間(卵胞期)に分泌量が増えて優位になり、プロゲステロンは排卵期間から次の月経に至るまで(黄体期)に増えて優位になります。この一方が優位になる状況が通常28日で、これを月経周期と呼んでいます。

ところが何らかの原因でこの周期が乱れてしまうと月経周期が乱れてしまったり、下腹部痛や体調不良、イライラをはじめとした精神状態の不調といった問題が生じてしまうのです。

ではどうして月経周期が乱れてしまうのか?多くのケースでは日常生活の習慣が原因で生じると言われています。とくに現代の女性に多いと考えられているのが無理なダイエットとストレスの蓄積です。急激なダイエットは健康に大きな害をもたらすことはよく知られていますが、ホルモンバランスにも非常に大きな影響を及ぼします。スポーツ選手の中にも過度なトレーニングで月経周期の乱れや無月経の問題を抱えてしまうケースがあるほどです。

ストレスの蓄積も現代の女性によく見られる厄介な問題です。現代はストレス社会とも言われ、日常生活のさまざまな場面でストレスを感じてしまうものです。しかも慌ただしい生活のなかでなかなか思うようにストレスを発散・解消する機会が得られずに蓄積させてしまいがち、それが心身に大きな影響を及ぼします。

具体的にはストレスが脳の視床下部に影響を及ぼし、エストロゲンの分泌量を減らしてしまうことが明らかになっています。女性ホルモンの分泌量そのものが減少すれば当然ホルモンバランスにも乱れが生じてしまうわけです。

さらに睡眠不足や栄養バランスが偏った食生活もホルモンバランスの乱れの原因と考えられています。現代人のわたしたちは日常生活のさまざまな場面でホルモンバランスを乱しやすい原因を抱えているといってもよいでしょう。

一方更年期障害の場合は閉経に近づくにつれて卵巣機能が低下し、女性ホルモン、とくにエストロゲンの分泌量が減少していくことで心身のさまざまなトラブルが発症するようになります。エストロゲンは単に月経周期を維持しているだけでなく、女性の健康を維持するうえでじつに幅広い役割を担っています。子宮内膜の安定や乳腺の発達といった妊娠にかかわる機能だけでなく、骨を丈夫にする、血流を保つ、さらには精神状態を安定化させる役割も担っていると言われています。それが更年期に入って分泌量が減少していくことでこれらの役割が低下し、心身両面に影響が出てしまうのです。

更年期障害の症状にはしばしば個人差が見られますが、それは卵巣機能の低下のスピードに個人差があるからです。急激な低下でエストロゲンの分泌量が急速に減少していく人ほど症状が現れやすくなります。

このように、月経不順や更年期障害の原因からエストロゲンの分泌量が大きく左右していることがうかがえます。ですからこれまで挙げてきた原因の改善を目指すだけでなく、減少しているエストロゲンをうまく補うことでも症状を和らげることができるのです。

この方法でとくに広く知られているのがイソフラボンでしょう。大豆に多く含まれていることでも知られるこの成分はフラボノイドの一種でエストロゲンと分子構造が似ている特徴を持っています。これを食事やサプリメントで摂取することでエストロゲンの不足を補う効果が期待できると考えられています。また近年ではエクオールという成分も同様の役割を保つ成分として注目されています。

そして、より直接的な効果が期待できる方法としてプレマリンという薬剤の使用もあります。これはエストロゲンの不足を直接補うことができる女性ホルモン剤で、更年期障害や卵巣機能不全(不妊症)、機能性子宮出血といった問題の治療に広く用いられています。簡単に言えばエストロゲンの減少がもたらす器質的な病気の治療に役立てられているのです。

イソフラボンやエクオールの摂取に比べて直接的な効果が期待できるため、症状が重い月経不順や更年期障害の改善にとくに効果的です。ほかにも骨粗鬆症の対策や不妊対策の治療にも用いられています。

このプレマリンは個人輸入代行業者を利用することで海外製のものを気軽に入手することが可能です。月経不順・更年期障害ともに一度発症すると慢性化しやすく、長い間悩みを抱えてしまっている方も多いはず。もちろん、適切な用量・用法をしっかり守った上での使用が大前提ですが、そんな長年の悩みを改善する方法としてプレマリンは優れた選択肢の一つになるはずです。
体内で女性ホルモンが分泌されないならプレマリンで補充!ポイントと注意点とは?
女性ホルモンの分泌は、30代に入ると少しずつ減少し、更年期と呼ばれる45歳ぐらいからは急激に低下してしまいます。50歳ぐらいの年齢で、多くの女性は閉経を迎えますが、閉経の前後5年ずつトータル10年間は、多くの女性が女性ホルモン野分泌減少が原因で更年期障害を経験します。

更年期は、誰もが経験する老化の過程です。しかし更年期障害の症状は人によって様々で、特に不快な自覚症状がないという人もいれば、寝込んでしまうほど症状がひどく出てしまう人もいます。まだ、どんな症状が出るかは多種多様なため、どんな症状がどのぐらいの度合いで出るかには大きな個人差があるのです。

では、更年期障害にはどんな症状があるのでしょうか?多く見られるのはイライラしたり気分が落ち込んでしまうというもの、のぼせやほてりなどのホットフラッシュなどがあげられます。さらに、肩こりや頭痛で悩まされる人も少なくありません。人によっては、関節痛や腰痛がひどくなる人もいます。

こうした症状が突然現れると、日常生活に大きな影響が出てしまいます。中には不眠になってしまう人も多く、夜は眠れないのに昼は眠くてウトウトしてしまうこともあります。

自信が更年期障害になるかどうかは、その時になってみなければ分かりません。しかしなったとしても適切なケアをすれば、つらい毎日を過ごさずに済みますし、それまで通りのハツラツとした毎日を取り戻すこともできます。

それが、ホルモン補充療法(HRT)というものです。これは、体内で分泌されない女性ホルモンを外から補充するというもので、基本的には女性ホルモンの中でもエストロゲンを補充します。

しかし、ホルモン補充療法は、その人の年齢や子宮の有無、そのほかの既往症や体質などによって、エストロゲン剤と黄体ホルモン剤を併用することもあります。その理由は、エストロゲン剤のみを継続的に服用していると、子宮ガンなど女性特有のガン発症率が高くなってしまうからです。

このホルモン補充療法は、飲み薬タイプのほかには、塗り薬や貼り薬など皮膚から有効成分を吸収するタイプもあります。しかし大きな効果を得られるという点、そして汗をかいたりファッションなどにも影響を受けないという点で、飲み薬タイプを選ぶ人は多いです。

飲み薬タイプの女性ホルモン剤は、腸まで届くとそこから吸収され、肝臓まで到達します。そこから全身に運ばれて体内では女性ホルモンが分泌されたような疑似環境を作り出してくれます。毎日服用しなければいけないというデメリットはあるものの、これは貼り薬や塗り薬でも同じですし、時間を決めておけばウッカリ飲み忘れてしまう事態も避けられるのではないでしょうか。

飲み薬タイプの中でも特に多くの女性から支持を受けているのは、プレマリンです。プレマリンのジェネリックにはエストロモンなどもあり、リーズナブルな価格で購入することができます。これはエストロゲン剤で、すでに閉経を迎えた後の人なら安心して毎日継続服用ができます。

まだ閉経を迎えていない人も、プレマリンを使用することは可能です。ただしこの場合、乳がんや子宮がんなど、女性特有のガン発症のリスクが高くなってしまうという点は理解しておかなければいけません。そのため、これらの健診は必ず定期的に受けるなど、対策を講じることが必要です。

閉経前の女性がプレマリンを使用する場合、黄体ホルモン剤と併用するという方法もおすすめです。使い方は2通りあり、プレマリンと黄体ホルモン剤をどちらも毎日服用するという方法と、プレマリンを生理日以外毎日摂取して、黄体ホルモン剤は生理予定日の2週間前から生理までの期間だけ服用するという方法です。後者の方法だと、ホルモン剤を使って疑似的に体内で女性ホルモンのリズムを整えることができ、更年期障害の症状軽減という点では高い効果が期待できるでしょう。

更年期障害の対策方法として、気軽にホルモン補充療法に挑戦してみたいという人は、海外からの個人輸入代サイトを利用するのがおすすめです。プレマリンのような新薬はもちろんですが、ジェネリックも充実しており、リーズナブルに購入できる価格帯が大きな魅力です。しかも個人輸入代行サイトの多くはジェネリック医薬品大国であるインドで製造されており、品質の面でもお値段の面でもとても優秀です。

こうした海外からの個人輸入代行サイトを利用する際には、日本人が多く利用しているサイトを選ぶことをおすすめします。注文方法や支払方法などが分かりやすくて簡単だったり、万が一の際にも日本語で対応してもらえるなど、使い勝手がよく整備されていることが多いでしょう。また、個人輸入代行サイトでは購入した商品は海外からの発送となりますが、かかる送料が無料だったりリーズナブルなサイトを選べば、より気軽に利用できるのではないでしょうか。その点でも、日本人が多く利用するサイトなら優良なサービスが期待できます。
更年期障害の改善にはプレマリンがおすすめ!
女性の身体はとても繊細で、生理周期に伴う女性ホルモンの変化によって、体調が大きく左右されます。男性からしたら、その体調の変化は理解できないものかもしれませんが、生理痛がひどい場合、起き上がることも困難なほどつらい思いをする方も多くいるのです。

ホルモンは内分泌腺から分泌され、体内に存在する各種臓器の働きを調整する役割を持っています。その中でも、女性特有のホルモンのことを一般的に「女性ホルモン」と呼びます。女性ホルモンには卵巣より分泌される、エストロゲンとプロゲステロンとがあり、排卵や月経の周期をコントロールしたり、女性の健康や美しさを維持したりなど、さまざまな働きを担っています。

そんな女性ホルモンですが、年齢を重ねると、だんだん分泌量が低下していきます。更年期に入ると、卵巣の機能低下に伴い、エストロゲンの分泌量が低下していきます。

本来であれば、エストロゲンが減少した場合、脳から卵巣へとエストロゲンの分泌量を増やすように指令を出します。その指令を受ければ、若い頃ならきちんとエストロゲンの分泌量は正常値まで回復します。しかし、更年期に入ると前述の通り、卵巣の機能が低下するため、脳からの指令を受けてもエストロゲンの分泌量を増やすことができなくなってしまうのです。

指令が来るけどエストロゲンの分泌量が増やせない、そんな状態を繰り返していると、次第にその他のホルモンのバランスや自律神経のバランスが乱れてしまいます。これらのバランスの乱れによって起こる、さまざまな身体の不調のことを更年期障害と言います。更年期症状には多くの症状があり、人によって症状の程度は大きく異なります。つまり、軽い症状で済む人もいれば、日常の生活が困難になるほど症状が重くなってしまう人もいるというわけです。

更年期障害の特徴的な症状として、1つ目にホットフラッシュが挙げられます。ホットフラッシュとは自律神経失調症の症状の1つである血管運動系障害で、エストロゲンの減少が原因で自律神経が乱れた結果、血液循環の働きに異常をきたしてしまう症状です。ホットフラッシュになると、特に激しい運動をしたわけではないのに、突然顔がカッと熱くなり、だらだらと流れるほどの汗が出たりします。血管運動障害にはホットフラッシュの他にも、動機や息切れ、そして寒気など、さまざまな症状があります。

2つ目は、精神的な症状です。更年期障害はホットフラッシュのような身体的な症状だけでなく、精神の面にも大きな影響を及ぼします。代表的な症状に、うつやイライラ、そして不安感などの情緒不安定、不眠や意欲の低下などが挙げられます。この精神的な症状は身体的症状と併発することもあり、日々状態が変化するため、自分自身の力だけで対処するのが難しいことも多々あります。

そして3つ目は、運動機能や内臓機能に関連する各種症状です。運動器にまつわる症状にはむくみや手足のしびれ、そして腰痛などが挙げられます。消化器にまつわる症状には食欲不振や吐き気、下痢や便秘、そして泌尿生殖器にまつわる症状には頻尿や性交障害などが挙げられます。これらは更年期以外にも見られる症状ですが、これらの症状のいくつかが併発したり、症状がより重くなったりするという特徴があります。

このように、更年期障害は多くの症状があり、自身の力だけでは症状の改善が難しいことがほとんどです。規則正しい生活を心掛け、可能な限り自律神経のバランスを整えることで、多少状態が軽減されることはあります。しかし、症状が重い人にはあまり効果が見られないこともほとんどです。そういった重い更年期障害にお悩みの方には、その症状を改善させる効果のある治療薬を用いるのがおすすめです。

更年期障害の治療薬として知られるプレマリンとは、エストロゲンを補給できる女性ホルモン剤です。閉経前後に少量用いることで、更年期障害によって引き起こされる身体のさまざまな症状を改善する効果を発揮します。更年期障害は閉経する前後の5年間に発症しやすいため、その期間に用いることで、女性ホルモンの急激な低下を抑制し、症状を出しにくくするのです。

プレマリンの効果は即時性ではなく、効果が現れるまでにどれくらいかかるかはそれぞれ症状によって異なります。また、改善したい症状によって服用する期間は異なりますので、説明をよく読み、用法容量を守って正しく使用することが大切です。プレマリンは服用している最中のみ、女性ホルモンを補うことができるため、服用をやめてしまうと再び女性ホルモンが低下し、更年期障害の症状がぶり返すことがあります。

気になるプレマリンの入手方法ですが、現在は通販サイトを利用することで簡単に手に入れることができるようになっています。通販サイトのプレマリンは、高品質かつ安価なものが多い傾向があります。注文さえしてしまえば家に届くという手軽さなので、気になる方はぜひ通販サイトを覗いてみてください。
プレマリンで症状を軽く!女性の更年期特有の症状とその原因
女性にとっての更年期とは、閉経前後のおよそ10年の期間を指します。初潮の年齢に個人差があるように、閉経の時期も人によって大きな差がありますが、女性なら大半の人が40代~50代にかけて更年期を経験することになります。

更年期にはいろんなつらい症状が表れる人が多いです。その症状も人それぞれですが、突然の急な発汗やほてり、のぼせなどのことを指す「ホットフラッシュ」は、更年期に見られる代表的な症状でしょう。そのほか、「疲れやすくなった」、「すぐにだるくなる」、「夜ぐっすり眠れない」という悩みや、憂鬱感、頭痛、肩こり、関節痛、また、動悸、耳鳴り、めまいなどの症状が見られる人も少なくありません。

まれに、特に何の不快な症状もなく更年期が過ぎる人もいますが、あるアンケートによるとおよそ8割の女性は何らかの不快な症状に悩まされると答えています。また、少し不快ぐらいなら耐えられますが、日常生活に支障が出るほど重い症状を発症させる人も少なくありません。このように、特に重い症状が出る場合を更年期障害と呼びます。

では、そもそもなぜ更年期にこのような不快な症状が表れるのでしょうか。いくつかの要因がありますが、大きいのが女性ホルモンの加齢に伴う減少です。女性ホルモンにはいくつか種類がありますが、更年期障害に特に深くかかわりがあるのがエストロゲンで、このホルモンの分泌量の変化によって体調が大きく変化します。

エストロゲンという女性ホルモンは、妊娠や出産に大きな役割を果たすほか、髪や肌の潤いを保つこと、血管や骨を丈夫にすること、コレステロール値を調整することなどの役割も挙げられます。そのほか、集中力や記録力を高めたり、気持ちを前向きにして心の安定をもたらしたりといった精神上の健康にも大きく影響しているホルモンです。

エストロゲンは常に一定の分泌量ではありません。年齢によって大きな変化があります。まず、エストロゲンが活発に分泌され始めるのが思春期です。その後、一般的に妊娠の適齢期と言われる20代から30代にかけてピークに達します。それ以降はどんどん減少していき、60代を迎えるころには分泌されなくなる人がほとんどです。それ以前、40代から50代にかけてのエストロゲンの分泌が著しく減少する時期が、女性にとっての更年期に当たります。

なお、更年期にはエストロゲンの減少が急激になるだけでなく、分泌の仕方が不安定で大きな揺らぎがあるのが特徴です。なぜ、分泌が不安定になるのかというと、加齢に伴う卵巣の働きの低下と関係があります。卵巣の働きが低下すれば、分泌できるエストロゲンも少なくなるのは当然です。しかし、脳はそれを察知して卵巣にもっとエストロゲンを分泌するように命令を送ります。

ところが、いくら命令されても卵巣のエストロゲンを分泌できる能力が低下しているため、命令どおりに分泌することができません。その結果、脳の命令と実際の体の反応との間に大きなギャップが生まれ、それによって脳が混乱してしまうのです。これが自律神経の乱れにもつながり、先に挙げたホットフラッシュや憂鬱感、イライラなどの自律神経失調症のような症状を発症させてしまいます。

以上が更年期障害の起こる大きな要因ですが、これに加えて個人の性格やストレス耐性なども関係します。神経質で何事も完璧にしないと気が済まないという人は、細かいことを気にしない大らかな性格の人と比べて、更年期に生じる不快症状を敏感に察知してしまう傾向があるようです。

さらに、女性を取り巻く環境の変化も更年期障害の症状に影響を及ぼします。女性の40代から50代にかけての時期といえば、一般的には子育てが落ち着くとともにライフスタイルが変化する時期です。また、子どもの自立による別れや老親の介護といったストレスも存在します。こうしたストレスによって、更年期に表れる症状がより重くなることもあります。

更年期に見舞われやすい症状とその発生する仕組みはわかりましたが、具体的にはどんなことに注意すればよいのでしょうか。まず、エストロゲンの分泌が不安定になっているサインを見逃さないようにしましょう。人によっては30代から徐々にエストロゲンの分泌が不安定になっていきます。月経周期の乱れ、月経の量や間隔の変化などが見られた時は注意です。

一方、閉経してしまえばもはやエストロゲンの分泌がなくなるので、その不安定な揺らぎによる不快な症状もストップします。しかし、エストロゲンがこれまで担っていた血管や骨を丈夫にするなどの効果までなくなってしまうことには注意が必要です。そのため、女性は閉経後、動脈硬化や骨粗鬆症のリスクが上がることが知られています。

更年期を健やかに過ごすためには、食事や睡眠などを見直し、規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。それでも症状が重くツラい時は、プレマリンなどの薬を活用するのもよいでしょう。プレマリンは、閉経前後に使用することで、卵胞ホルモンを補って更年期特有の不快な症状を軽くしてくれます。特にホットフラッシュの改善に高い効果のある薬です。

カテゴリ一覧

ページトップへ
インデラル通販&個人輸入・コンディション21 のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。