検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

17件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
黄体ホルモンプレマリンは、女性のライフステージを力強くサポートします
女性の体の一生について考えてみると、その年代のライフステージによって、身体だけでなく心に大きな変化があります。ライフステージは、月経が始まる思春期から、妊娠出産を迎える成熟期、そして閉経となる更年期、その後高齢期に向けて、ホルモンの種類や、分泌量が変化し、体と、心に大きな影響が起こります。

思春期では、急に女性ホルモンの分泌が増えることにより、体と心が不安定になる時期です。また、妊娠、出産を経験する成熟期では、女性ホルモンの分泌が、最大となるので、病気の危険も増大する時期といえます。その後、閉経を迎え、更年期に入っていきますが、この時期になると、女性ホルモンが、急に減少することで、再び、体と心のバランスが、不安定になります。

それでは、それぞれのライフステージを更に詳細に見ていきましょう。まず、胎児期、小児期を過ぎ、子供から大人へと体が著しく変化する時期である思春期。思春期は、通常、8〜18歳と言われています。女性の場合、初潮が始まってから月経が安定するまでの期間となります。女性ホルモンの1つである、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が少しずつ始まり、大人の女性の体に近づいていきます。まだ、この頃には、卵巣の働きが成熟していないため、月経期間や周期が不安定となりがちです。安定してくるのは、思春期の後半位で、この頃になると、卵巣や子宮が徐々に成熟へと向かいます。個人差もありますが、徐々に月経痛も軽減されていきます。また、思春期には、体と心の成長スピードがうまく合わず、バランスを崩しやすい時期です。加えて、思春期では、この時期特有の精神状態もあり、注意すべき点があります。それは、無理なダイエットよる生理周期の乱れや無月経、生理不順、PMSなどです。

次に、成熟期となる20歳〜45歳。この時期になると、一生のうちで、最も女性ホルモンの分泌が多く、月経も安定してきて、妊娠、出産に適した時期を迎えます。心身ともに安定する時期となります。この年代で注意しなければいけない事は、子宮頸がんや乳がんです。また、子宮筋腫や子宮内膜症などにもかかりやすい時期です。1年に1度は検診を受診するようにしましょう。また、仕事やプライベートでも、充実した毎日を過ごす方が増えているでしょうが、卵巣機能としては、30代半ばを過ぎていくと、老化が進んでいくこととなります。

更年期は、45歳から56歳頃と言われています。この頃から、女性ホルモンの分泌量が、少しずつ減少していき、やがて、閉経を迎えます。日本人女性の閉経の年齢の平均は、おおよそ50~51歳であると言われますが、これも大変個人差があります。このように、エストロゲン(卵胞ホルモン)が減ることにより、更年期障害の症状が現れます。症状も、人によりかなり差がありますが、主な症状を見ていきましょう。体の不調としては、月経の異常や、肩こり、腰痛また関節痛なども挙げられます。皮膚の症状としては、肌の乾燥やドライマウス、ドライアイなどがあります。また、ホットフラッシュと呼ばれるのぼせやほてり、発汗、手足の冷えなどがあります。精神面での症状としては、頭痛や不眠、めまい、物忘れ、抑うつ感、ちょっとしたことでイライラしてしまう、おこりっぽくなるなどがあります。

最後に、更年期を過ぎた56歳から老年期を迎えます。この頃には、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌がほとんどなくなり、病気としては、骨粗しょう症や高脂血症、高血圧、糖尿病などに注意が必要です。

以上のように女性の一生をライフステージごとに見ていくと、いかに女性ホルモンによって、体や心が影響を受けているかがよくわかると思います。人生100年時代と言われ、豊かな老年期を過ごすためには、更年期の辛い症状も、できるだけ緩和したいものです。更年期症状への対策としては、生活習慣を見直し、規則正しい生活リズムを心がけ食生活や適度な運動や、ポジティブシンキングを欠かさないという、日常生活の見直しも大切になります。厚生労働省の統計によると、2019年(令和元年)の日本人の平均寿命は、男性81.41歳、女性87.45歳となっています。日本人女性の閉経の平均年齢が50歳と考えると、老年期は、おおよそ35年以上もあるといえます。豊かで明るい老年期を迎えるためにも、更年期の辛さを上手に乗り越えたいものです。

さて、プレマリンというお薬をご存知でしょうか。プレマリンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)が、卵巣機能の低下のために減少した場合に使用されるホルモン剤です。更年期障害や不妊治療、生理不順の治療の際に使用される薬です。服用すると、ホルモンバランスが安定するため、体への負担が減り体調も安定すると言うメリットがあります。ご自分での生活習慣の見直しをしながら、生活リズムを整えることも大切です。そして、時には、薬を併用していくことで、現代医学の恩恵を受けることも賢明といえるでしょう。
不妊治療とプレマリン
近年晩婚化や「不妊症」というワードの認知度の増加により、不妊治療を行う夫婦が増えています。健康な男女が性交をしているにも関わらず1年以上妊娠しない状態のことを「不妊」と呼びますが、ある調査によると夫婦全体の5.5組に1組が不妊治療を受けているという結果が出ています。年齢を重ねるたびに卵子の数が減ってしまう関係で不妊治療にはタイムリミットがあり、30代前半で治療を開始すれば8割ほどの確率で妊娠できるのですが、40代になると途端に1割程度まで落ち込んでしまいます。意外と知られていないのが、男性側にもそういったリミットはあり、40歳を過ぎると生殖器の機能が衰えてしまうというデータがあります。

不妊治療の方法には、いくつかの種類があります。まず、最初に試されるのが、タイミング療法です。基礎体温を測ったり、超音波で卵子の成熟具合を見ながら排卵日を予測しそのタイミングに合わせて性交を行う方法で、費用は一度の診療につき数千円程度しかかかりません。ほとんど自然な妊娠と同じ形なので、特に危険性もなく比較的若い世代向けに採用されている方法です。

排卵が不規則であったり、無排卵の場合にはホルモン療法が適用される場合が多くなります。排卵誘発剤などの投薬治療を採用してスムーズに着床への過程を進ませるようにします。排卵誘発剤にはいくつか種類があり、中には多胎妊娠(双子や三つ子)となる確率を高めるものもあります。薬を使用する治療のため副作用が起こる可能性も高いですが、流産を繰り返してしまうケースにはこの方法が適しているとされています。費用は使用する薬によって異なり2万~100万円ほどかかります。

また、用意した精液を排卵日に子宮内に注入する人工授精という方法もあります。タイミング療法が成功しなかった場合に採用され、人口受精で妊娠まで至る確率は1度の治療につき10%と言われています。勃起障害などの性交障害があっても挑戦できる点はメリットと言えるでしょう。ただ、1回につき3万~4万円ほどの費用がかかるので何度も試すのはなかなか難しいかもしれません。

さらに、体外受精や顕微受精という方法があり、卵子と精子を体外で受精させます。体外受精の場合は、受精卵を胚まで子宮外で育てたものを子宮に戻します。卵管性不妊や精子無力症の場合などにこの方法が適用されますが、卵巣過剰刺激症候群の発症というリスクもあります。顕微受精は、顕微鏡を覗きながら卵子に精子を注入する方法で、体外受精で妊娠まで至らなかった場合などに適用されます。体外受精、顕微授精共に200万円近い費用が発生しますので、不妊治療の最終段階とも言えます。

不妊治療は医療行為ですので、段階を追うごとに費用負担が嵩んでいきます。これまで体外受精と顕微授精に関しては、1回に付き30万円まで国からの助成金が出ていました(43歳までが対象)が、2022年4月からは基本的な不妊治療全てに関して保険が適用されるようになったため、助成金制度が廃止となります。保険が適用されることで治療費は3割負担となり、医療費控除の対象にもなるのは嬉しい変化ですね。不妊治療に対するハードルが下がり、間口が広がることになるでしょう。

とはいえ、まだまだ不妊治療に対して抵抗がある方や、出来る限り自然妊娠をしたいと考える方は少なくないでしょう。そんな方にお勧めなのが「プレマリン」です。更年期障害の治療に多用されるプレマリンですが、実は不妊治療にも効果があります。

プレマリンには、エストロゲン(別名卵胞ホルモン)を活性化させる働きがあり、子宮内膜を厚くしてれる作用があります。子宮内膜が厚くなると受精卵が着床しやすい環境が整うので妊娠する可能性が高まるのです。エストロゲンの不足は、生理不順や卵巣異常を引き起こします。成熟した卵子を作り出すためにもエストロゲンは大切なホルモンとなりますので、自然妊娠を促す強い味方となってくれることでしょう。

プレマリンの服用方法は、年齢や目的によって異なります。更年期障害などの対策のためには、1日1~2錠を服用しますが、不妊治療の場合は、治療したい持病がある場合とそうでない場合でもさらに違いが出てきます。特に治療しなくてはいけない病気がなく、不妊治療だけに焦点を充てる場合にはカウフマン療法という方法が適用されます。カウフマン療法は、プレマリンとプロゲステロン剤を併用して行う治療法です。4週間を1周期として、飲み始めから11日目までは1日1錠のプレマリンを服用し、それ以降はプロゲステロン2錠を追加して毎日服用します。28日が経過するとその後1週間は生理週間となり、その間の服用は必要ありません。

薬を服用するだけで良いこの方法はすごくメリットが多いのではないでしょうか。副作用も胸の張りや悪心など軽い症状のみの報告となっていますので安心してお使い頂けます。不妊にお悩みの方は一度試してみてください。
更年期障害をプレマリンで克服しませんか?
更年期障害は、女性が閉経を迎える時期に陥る症状です。女性には一生の中で4つのライフステージが存在します。初潮を迎える時期である思春期、妊娠や出産を迎える性成熟期、閉経を迎える更年期から閉経後の老年期です。この更年期は個人差がありますが、40代後半から50代後半までの期間をさしています。閉経を迎えるのは50歳前後。この時期は月経をつかさどる女性ホルモンの分泌量に変化がみられるため、生理周期の乱れや心身の不調に悩まされることも。
この中で更年期障害は、日常生活に支障をきたすほどの心身の不調に対して使われる言葉です。朝なかなか起き上がれない、疲れが取れずに化粧乗りも悪い、やる気が起きずすべてがおっくうだといった症状のほか、治まらない動悸や突然の発汗やほてりといった症状もあります。人によっては不定愁訴と呼ばれる、些細なことにもくよくよすることや、涙もろくなってしまう症状のほか、夜中に何度も目が覚めてしまう、寝汗がひどいといった不快な症状も見られます。短期間で乗り越えられるひともいれば、10年近くつらい症状が続くひともいるようです。

女性の場合40代後半から50代後半の時期は自分の体の変化だけではなく生活にも何かしらの変化を伴う時です。子供の独立や結婚、家族の介護、定年退職というように生活が一変してしまう状況も否めません。こういったライフスタイルの変化も更年期の症状に拍車をかけてしまうことが考えられます。更年期障害と重なるとイライラが収まらないといった小さな症状から、希死念慮というように精神を病んでしまうこともあるでしょう。

更年期障害はホルモンバランスの変化で起こる症状なので、病気と位置付けることが難しいケースもあります。しかし生活に支障をきたすことや、状況によっては命の危険もあることから早めの対処が必要です。ホルモン製剤を用いた治療で、つらい症状を緩和させることができるので、我慢をせずに薬の使用も検討してください。。

更年期障害の治療において、第一段階では漢方薬による治療が選択されます。数か月服用しても症状が改善されず、ホルモンの数値に異常がある場合は、ホルモン補充療法が選択されます。ホルモン補充療法はこのところの更年期障害の治療法としてポピュラーなものとなっており、多くの患者の症状緩和につながっています。また、不定愁訴やうつなどの症状がある場合は、抗不安薬や抗うつ薬を用います。抗うつ薬はホルモン補充療法と併用もしくはホルモン補充療法から切り替えることもあります。症状や様子などを見ながら慎重に切り替えていくので、まずはカウンセリングを受けてみましょう。このほか、状況打破が更年期障害の突破口とも考えられています。趣味を見つける、共感してもらえる相手と話をするといったことでも、更年期障害を和らげる特効薬になることもあるようです。

更年期障害の治療について、ホルモン補充療法を選択することがあります。これは子宮の有無によってもその方法が変わってくるので注意しなければいけません。一般的にはプレマリンなどに代表されるエストロゲン製剤と黄体ホルモン製剤を合わせて服用する方法が一般的ですが、子宮を摘出している人には黄体ホルモンの服用は不要です。また閉経前か、閉経後時間が経過しているかといった状況でも服用方法は変わってきます。生理周期に合わせてホルモンを補充する方法をとっています。閉経前後の状態にある女性の場合、生理期間中はエストロゲン製剤と黄体ホルモン製剤を休むという方法が一般的です。女性ホルモンの薬を服用するための自己管理も必要になるので、カレンダーや手帳などに生理のスケジュールを記載しながら続けましょう。
閉経後数年経過した女性に対するホルモン補充療法はまた方法が異なります。エストロゲン製剤と黄体ホルモン製剤を休薬せずに補充し続けます。こちらは、服用する量は閉経前の女性とは異なることも考えられるので医師の指示に従いましょう。
女性ホルモン製剤を服用する際は、腎臓や肝臓に疾患を持っていないか、女性ホルモンに起因するがんなどの疾患がないかなどを検査することをおすすめします。また、年齢的な理由により女性ホルモン補充療法ができない場合もあります。おおむね65歳以上の女性に対するホルモン補充療法は適用せず、漢方薬などを用いるようです。

ホルモン補充療法を始めてから気になる副作用もあります。不正出血や下腹部の痛み、吐き気などが考えられます。また乳房のハリを感じることもあるようです。不快な症状が続く場合は、女性ホルモンの薬の量や服用頻度を調節していくので、医師と二人三脚で乗り切ることが大切です。また、プレマリンなどのエストロゲン製剤のみでは乳がんのリスクが高まりますが、黄体ホルモン製剤を合わせることで、乳がんなどのリスクを減らせます。女性ホルモン製剤を服用する場合は、定期的な検査を行いながら、状況をチェックしていくことをおすすめします。
冷え性は女性ホルモンが不足している?プレマリンでホルモンアップを目指そう!
女性ホルモンとは、妊娠や出産に大きく影響しているホルモンとして知られていますが、役割はそれだけではありません。女性の場合には、子宮や卵巣に携わる機能を活性化するなど、エネルギー供給の役割もあります。この女性ホルモンは、女性なら誰でも体内で分泌されますが、20代後半あたりから分泌量は次第に減少してしまいます。その理由は、老化です。

20代後半ですでに老化が始まるなんて現実味がないかもしれません。しかし体の機能はそれぞれ、何歳ぐらいでピークを迎えるかは異なっており、女性ホルモンの分泌という点においては月経がスタートしてから分泌量は右肩上がりに高まりますが、25歳あたりにピークを迎え、そのあとは少しずつ分泌量が低下してしまうのです。この分泌量が急激に低下する40代から50代にかけては、女性は更年期と呼ばれる症状が起こります。

女性ホルモンの分泌量やバランスは、人によって多少の個人差があります。例えば女性ホルモンの中でも月経期から排卵日まで分泌量が優位になる卵胞ホルモンが活発に分泌されやすい人は、女性らしい体つきになったり、ニキビなどができづらく美肌を手に入れやすいという傾向があります。一方、排卵日から次の月経まで分泌量が優位となる黄体ホルモンは、妊娠に欠かすことができない役割をしていますが、体内では男性ホルモンとよく似た作用があり、肌荒れの原因になるといったデメリットもあります。

女性ホルモンの役割は、他にもあります。このホルモンは、体を温める役割もしています。女性ホルモンの分泌が低下すると、体は冷えやすくなります。特に子宮や卵巣などの生殖器系器官は体の中でも最も冷えやすいと言われており、冷えることで機能が低下するといった事態も懸念されます。また、こうした器官が冷えることで、子宮や卵巣系の様々な疾患にかかりやすくなることも懸念材料と言えるでしょう。

ちなみに、体温が1度下がることによって、体の免疫力は37%も低下し、基礎代謝は15%も低下してしまいます。冷えやすい子宮や卵巣にとっては大きな打撃となることは、言うまでもありません。

女性ホルモンは、精神的な影響を受けやすいホルモンとしても知られています。疲労やストレスを感じると、ホルモンの分泌量が低下してしまうことは珍しくありません。学校や仕事などでストレスを慢性的なストレスを感じていると、それによって女性ホルモンが正常に分泌されづらくなり、不妊の原因となったり、年齢によっては更年期障害の症状がひどくなったりします。

体を温めることは、女性ホルモンの分泌を活性化する役割があります。温かい食事を心がけて体を冷やさないように心がけたり、お風呂に入る際にはシャワーではなく湯船にしっかり使って体を芯から温めることも、大きな効果が期待できます。その他にも、ウォーキングやストレッチなどの運動を取り入れることで、体内の血行を良くすることもおすすめです。

子宮や卵巣は特に冷えやすい傾向があるため、外出の際にはできるだけ下半身を冷やさないように注意することも、温める効果という点ではおすすめです。素足にミニスカートでは、体は冷えてしまいます。ミニスカートをはくなら中にタイツやストッキングをはいて冷やさないように気を付けるとか、お腹周りを冷やさないように冬には毛糸のパンツを着用するなど、見えない所でできる工夫はたくさんあります。

それでも、慢性的なストレスや疲労を感じながら生活している人にとっては、女性ホルモンの分泌量がアップしないというジレンマに悩むかもしれません。また、体が冷えやすくて何をしてもポカポカにならない人にとっても、冷えによって女性ホルモンの分泌が低下することは大きな悩みとなってしまうでしょう。

そんな時には、体内で分泌できない分をプレマリンなどのホルモン剤で補充することも検討してみてはいかがでしょうか。

医薬品として服用できる女性ホルモンには、卵胞ホルモン系のものと黄体ホルモン系のものとがあります。例えばホルモン剤として人気が高いプレマリンは、卵胞ホルモンを補充できるので、バストアップや美肌効果が期待できるでしょう。一方の黄体ホルモン系のものにはリノラルやプロペラなどがありますが、これらは更年期障害の症状を軽減したり、骨粗鬆の予防や症状軽減効果が期待できます。

こうした医薬品は、ドラッグストアなどでは市販されていません。そのため、購入するなら海外からの個人輸入代行サイトを利用するのがおすすめです。日本国内で購入するよりもリーズナブルに購入できるので、継続して服用したい人にとっては大きなメリットと言えます。また、こうしたサイトはたくさんの商品の中からネットショッピングのように気に入ったものを選ぶこともできます。気になる商品や話題の商品、人気の商品を試してみて、自身の体との相性を見てから続けるかどうかを判断することも、今輸入代行サイトなら自由自在なのです。
プレマリンで更年期対策!予防もできる?
更年期は閉経する時に訪れる前5年間、後5年間程度の期間をいいます。個人差もありますし、その症状はさまざまで、まったく何も起こらない人もいれば、何年も苦しむ人も少なくありません。「あれがそうなの?」と気づかない症状も更年期障害の一つかも。でも不安になる必要はありません。しっかりと認識しておけば恐れることは何もないのです。

更年期が原因で起こる症状は、わかっているものだけでも200種類ぐらいあると言われています。これは、生理周期が変化するだけではなくホルモンバランスが崩れる事によって様々な障害が起こるからです。そのため、更年期とわからずに体調不良の原因がわからず悩む人もいるほどです。

主な症状は、生理周期が前より短くなる事です。生理日は安定しているけど、24日から26日周期ぐらいの生理はもしかしたら更年期の前触れかもしれません。他の症状は、こうした生理周期と共に起こることがあるものです。一つは自律神経失調症です。この症状一つとってもたくさんあるため具体例をあげるとすれば、体温調節ができていない、日中なのにだるい、やる気がない、頭痛やめまいなども含まれます。年齢は一般的には40代前半から始まるといわれていますが、30代でも起こる人はいますし、更年期というのを実際自分で判断するのは難しいです。そのため、当てはまる症状が起こっている時にはウェブの簡易チェックなどを使って確かめてみてください。その原因不明と思っている症状は、ホルモンバランスをとる事で解消されるかもしれません。

「更年期太り」と名前があるように、更年期の年齢になってから突然痩せなくなったという人が多いです。代謝量が落ちてしまう事は、多くの人が知っていますが、食欲を抑制するホルモンの分泌が低下してしまう事も原因の一つです。代謝量がおち、食欲が増える状態は体重にもあらわれていきます。ホルモンバランスの問題なので、一度ついてしまった脂肪はなかなかとる事ができません。「いつものようにダイエットしているのになかなか痩せない」と感じたら、昔の自分と体は変わっている事を自覚しましょう。

更年期にダイエットする時の注意点があります。1つ目は睡眠です。質のいい睡眠をとる事はホルモンバランスを整えます。特に朝の早起きは前の日にいかに質のいい睡眠をとれたかにかかってきます。理想の起床は日の出から6時ぐらいまでの間に起きる事です。しっかりと質のいい睡眠がとれるホルモン分泌が促され、自律神経が整います。

もう1つは代謝をあげるために運動をする事です。急に体がおもくなってしまうとだるさや面倒な気分になり気分も塞がってしまいます。まずはできるところから始めましょう。ストレッチやマッサージなども効果的です。運動の注意点は急激に過度な運動を行わないことです。時間をかけて約2週間から3週間を目安に徐々に増やしていきましょう。

更年期の予防方法はあまり行っていない人が多いのですが、ほとんどが家で簡単にできるようなものばかりです。いつ、どんな風に来るかわからない更年期障害ですが、予防をする事で気持ちが違います。誰もが閉経という時期を迎えてしまうのでやっておいて損はありません。

更年期予防はプレ更年期とよばれる30代後半ぐらいから少しずつ始めるといいでしょう。この年代には原因不明の不調も多く、内科や外科に相談しても様子をみましょうと言われるかもしれません。それぐらい更年期障害は予期せぬところに表れるのです。よくある症状は体の痛み、精神的いらいらや落ち込み、やせないなどです。これらの症状で原因がはっきりとしなければ、プレ更年期かもしれません。

更年期予防の方法として、まずは生活習慣を見直し食事、運動、睡眠から整えていきましょう。もし、途中で挫折しても大丈夫です。今のあなたはプレ更年期によるものですから、できないからと言って自分を責めたりしないでください。時間はかかりますが、必ず回復すると信じて焦らず自分のペースで進めていきましょう。

わかってはいるけど、仕事や育児でどうしても自分の体を大事にできない時期があります。プレ更年期、または更年期障害に悩む働くママさんは、いくら食生活改善といっても優先順位は子供達や時間に追われてしまう事がほとんどでしょう。そんな時は、無理せずあきらめず市販薬に力を借りましょう。

卵胞ホルモン薬のプレマリンは更年期障害を改善する市販薬です。足りなくなってきた女性ホルモンはこうしたお薬で補うことで悩みが解決する事がよくあります。ホルモン補充療法という治療薬です。市販でも購入できるためうまく活用して更年期障害を乗り越えましょう。プレ更年期は閉経が来るまでずっと続くものです。

プレマリンを服用し改善がみられたら、食事療法と平行して継続するなら、成分が一緒で価格が手頃なジェネリック薬も検討してみましょう。プレマリンのジェネリック薬では、エストロモン、プレモンなどがあります。これなら価格も半分ぐらいに抑えられるので家計にも安心です。
更年期のつらい症状のメカニズムと改善方法!プレマリンで女性ホルモンを補うのも一考
更年期の不快な症状はなぜ起こるのでしょうか。更年期の症状は月経の働きと大きく関わっています。一般的に、日本人の女性が更年期を迎えるのは50歳前後の10年間と言われ、この時期に閉経を経験します。ただし、この時期は個人個人で異なり、早い人では40代前半、また遅い人では50代後半に閉経となる場合もあります。閉経とは卵巣の活動が衰え、月経の活動期間が終わることを指します。月経には、卵巣から出るエストロゲンとプロゲステロンという、2種類の女性ホルモンが関与しています。

エストロゲンは子宮内膜を厚くして、受精卵が着床しやすいように準備をします。子宮内膜がぶ厚くなると、下垂体から卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)の分泌が急激に増加し、排卵が促されます。排卵が起こると卵胞が生まれ、それが黄体へと変化します。このときに、プロゲステロンが、受精卵が着床するための環境を作るのです。分厚くなった子宮内膜を柔らかくふわふわの状態でキープし、着床しやすい状態に整えます。

せっかくエストロゲンとプロゲステロンが、受精卵を着床させるためのふかふかのベッドを作っても、妊娠しなければ意味がありません。受精卵が着床しなかった場合、黄体は小さく縮み、子宮内膜は剥がれ落ち、月経となって排出されます。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、10代の思春期から分泌量が増え始め、一般的には18歳~45歳の期間に分泌量が安定して推移します。そして、45歳から55歳の更年期になると、卵巣の活動が次第に衰えてきます。それに伴って、エストロゲンの分泌量も低下していきます。分泌量はなだらかに減少するのではなく、増えたり減ったりを繰り返しながら、不安定な状態で減っていくのです。

この時期は女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が非常にアンバランスな状態になり、脳が混乱します。その結果、自律神経のバランスも崩れやすくなり、不快な症状が起こるのです。

更年期には人によって差はあるものの、何らかの不調が生じます。特に症状が重く、日常生活に支障をきたすケースを更年期障害と言います。更年期障害の症状は、人によってさまざまです。エストロゲンの低下による身体機能の乱れに加えて、体の状態、性格、人間関係など、さまざまな要因が複雑に絡まり合って発症するからです。

1つ目は、心や神経に関係する症状です。イライラする、気分が落ち込む、強い不安を感じるなど、気持ちが不安定になることがあります。

2つ目は、血管や熱の放射に関係する症状です。ほてる、のぼせる、汗が出る、ホットフラッシュなどがあります。

3つ目は、皮膚や分泌に関係する症状です。喉の渇き、ドライアイなどが代表的です。

4つ目は、消化器系の症状です。胸焼け、胃もたれ、吐き気、下痢、便秘など、胃腸に症状が出ることがあります。

5つ目は、運動器官系の症状です。肩こり、背中の痛み、腰痛、関節痛、手の指の痛み、体が一部がしびれる、冷え性、疲れやすくなるなどがあります。

日本人の女性で最も多い症状のトップ5は、1位が肩こり、2位が疲れやすくなる、3位は頭痛、4位はのぼせ、5位は腰痛となっています。

エストロゲンにはほかにも、自律神経を安定させる働きがあります。そして、乳腺の発達を促し、女性らしい体型を作ります。また、髪の毛や肌を美しくする働きもあります。脳の活性化、骨を強くする、コレステロールの分解及び排出の促進といった働きもあります。このように、女性の美と健康にとって、エストロゲンは重要な働きをしているのです。エストロゲンの低下は更年期のさまざまな不快な症状を引き起こすだけでなく、これらの機能が失われるため、閉経後数年から、骨粗鬆症や動脈硬化、認知症などのリスクが高くなると言われています。

更年期の症状を和らげるためにも、エストロゲン分泌量を増やす工夫をしたいものです。残念ながら、エストロゲンの分泌量そのものを増やす方法はありません。しかし、日常生活でエストロゲンの代わりになる物を食べる、自律神経をととのえるなどを心掛けることで、つらい症状を改善しやすくなります。

更年期で心掛けたいのは、主に次の3点です。

1点目は、食事です。エストロゲンそのものを食事から摂取するのは難しいのですが、同じような分子構造を持つ食品を摂取することは可能です。

女性にとって救世主となる食品、それが大豆です。エストロゲンと似ている構造をしているのが大豆に含まれる大豆イソフラボンで、積極的に食べたい代表選手です。

ホルモンバランスを整える栄養素「ビタミンE」もおすすめの食品です。アーモンドやアボカド、かぼちゃ、大豆などに豊富に含まれています。

2点目に、腸内環境を整えることも大切です。女性ホルモンの分泌は、腸と深く関わっているからです。大豆イソフラボンがエストロゲンと似た働きをするためには、腸内環境を整える必要があると言われています。糠漬けや納豆などの発酵食品やオリゴ糖のほか、バナナ、ゴボウ、海藻などの食物繊維を多く含む食品も積極的に食べましょう。

3点目は、血行を良くすることです。ストレッチやウォーキング、ヨガなどの軽い運動を習慣にしましょう。血行を良くして新陳代謝を高めることは、女性ホルモンの働きにも良い影響を与えます。ストレス解消にもなりますから、リラックス効果が得られるのもメリットです。

女性ホルモンは、プレマリンなどでも補うことができます。
女性ホルモンを増やす方法をご紹介!効果がなければプレマリンもおすすめ!
女性ホルモンには、女性らしいボディラインを作る際に活躍する卵胞ホルモン(エストロゲン)と、妊娠する際に活躍する黄体ホルモン(プロゲステロン)とがあります。これらのホルモン分泌は、月経の周期と連動しており、毎月どちらが優勢となるか絶えず変動しています。しかしこのうち卵胞ホルモンは、年齢とともに分泌が減少するという特性があり、ピークとなる20代後半から30代前半を過ぎると少しずつ分泌低下が始まり、閉経を迎える45歳から55歳あたりでは激減してしまいます。

老化による女性ホルモンの分泌低下は、誰にもどうすることもできません。しかし普段の生活の中で、分泌低下のスピードを遅くすることは可能です。具体的に、どんな方法があるのでしょうか?

1つ目の方法は、食生活を見直すというものです。女性ホルモンを含む食材というものは存在しないため、体内で分泌できない分を外から食べ物で補給することはできません。しかし、ホルモンバランスを整える作用を持つ栄養成分はあります。そうした食材を積極的に食べることで、女性ホルモンが分泌されやすい体内環境を整えることができます。

基本的には、肉や魚などのたんぱく質に加え、炭水化物や脂肪などをバランスよく摂取すると良いでしょう。その中でも特にオススメなのは、キムチや納豆、味噌などの発酵食品です。また、オリゴ糖を多く含むゴボウやネギ、バナナなどもおすすめですし、これらの食材には食物繊維が豊富なので、腸内環境を整える働きもしてくれます。

女性ホルモンのバランスを整えるためには、こってりした洋食よりもあっさりした和食を中心とした食生活がおすすめです。外食の際には、ラーメンや牛丼のような丼ものよりは、定食系を選ぶことで栄養バランスを取りやすくなるでしょう。

2つ目は、睡眠時間を確保するという方法です。良質な睡眠は、女性ホルモン野分泌を促してくれます。毎日規則正しい時間に睡眠することに加え、睡眠時間は6時間から7時間ぐらい確保できるように調整してみてください。良質な睡眠を毎日しっかりとっていることで、体内環境が理想的な状態へと近づきます。女性ホルモンを増やすことはできなくても、体内で分泌されるべき女性ホルモンの量を最大化することは可能なのです。

睡眠の質を高めるためには、寝室の明るさや気温などを工夫すると同時に、寝る前には脳を興奮させないようにスマホやパソコンなどのガジェットから離れることも効果的です。また寝る直前にお風呂に入ると神経が高ぶってしまうので、お風呂は寝る2時間ぐらい前までに済ませておくと良いでしょう。

3つ目は、運動する習慣をつけるというものです。ハードな筋トレをする必要はありませんが、日常生活の中で適度に体を動かすことによって血行が良くなり、体の代謝が改善できます。体内環境が整うことで女性ホルモンの分泌が活性化されるというわけです。

しかし、運動が嫌いな人にとっては、毎日体を動かすのが嫌だと感じるかもしれません。そんな時には、ストレッチ系のヨガに取り組んでも良いですし、ラジオ体操を真剣にするというだけでも大きな運動効果が期待できます。またウォーキングや自転車での移動なども、血行を良くして代謝を高めるためには、十分な運動となります。毎日の生活習慣の中に体を動かす要素を取り入れることなら、デスクワークやパソコンワークなどで運動不足になりやすい人でもトライしやすいのではないでしょうか。

4つ目は、プレマリンのような女性ホルモンを体の外から補充するという方法です。ドラッグストアなどで気軽に購入できる商品ではありませんが、海外からの個人輸入代行サイトを利用すれば、クリームや経口摂取などの方法で不足する女性ホルモンを補給することは可能です。

医薬品によって女性ホルモンを補給することは、ホルモンの低下によって引き起こされる更年期障害など不快な症状を軽減する効果が期待できます。普段はそれほど症状で悩まされることはないけれどたまにつらいという人なら、プレマリンなどが手元にあれば大きな安心感となるのではないでしょうか。

海外の個人輸入代行サイトは、プレマリンのジェネリック医薬品も豊富に取り扱っているという魅力があります。海外からの発送となりますが、日本からの利用者が多いサイトを利用すれば対応が慣れているため、注文してから素早く発送してもらえます。また価格面でもリーズナブルなので、できるだけお金をかけずに更年期障害の症状を軽減したいという人にもおすすめです。

女性ホルモンが障害に分泌される量は、小さじ1杯程度と少量です。しかしその小量なホルモンによって女性の体や健康は大きく影響を受けていますし、ボディラインや美肌、髪の状態も左右されます。年齢によって少しずつ分泌が低下してしまう女性ホルモンですが、プレマリンなどで外から補給することによって、ホルモン分泌の定価による不快な症状を軽減できることは、大きな安心感と言えるでしょう。
更年期のつらい症状を軽減するサプリメント・漢方薬・プレマリン
更年期特有の症状の軽減にサプリメントが有効なことがあります。サプリメントは栄養補助食品であって薬ではありませんが、ご自身の症状にぴったりの成分が配合されているものなら、ある程度は症状を緩和する効果が期待できるでしょう。

ただ、更年期の症状に良いと言われるサプリメントにも多くの種類があります。サプリメントの種類が違えば、当然配合される成分も違うため、どんなサプリメントがご自身の症状に適切なのか判断するために、まずは更年期の症状向けのサプリメントに配合される代表的な成分をチェックしておきましょう。

更年期の症状に良いとされるサプリメントの多くには、エクオールという成分が配合されています。これはエストロゲンという女性ホルモンと同じような働きをする成分です。女性は閉経の前後を中心にエストロゲンが不足したり過剰に分泌されたりすることがありますが、そんな時にエクオールを摂取すると、エストロゲンの分泌を整えてくれます。更年期によく見られるホットフラッシュや肩こりなどの不調を軽減する効果が期待できるでしょう。

イソフラボンも代表的な成分です。こちらは大豆などに豊富に含まれるポリフェノールとして有名ですが、実は更年期障害の緩和治療に昔から利用されていました。女性ホルモンと似たような働きをするほか、カルシウムが溶け出すのを防いで骨粗鬆症のリスクを軽減します。

40種類以上の成分を含むローヤルゼリーも、更年期のサプリメントに配合されることが多いです。ビタミン、ミネラル、アミノ酸、エストロゲンなど、女性の健康に必要な成分がたっぷり摂れますので、更年期でなくても体質改善に良いでしょう。

ヨーロッパで昔から重宝されてきたレッドクローバーというハーブも、サプリメントの配合成分のなかによく見られます。エストロゲンと同じような働きをする成分が含まれているのが理由です。また、このハーブならではの効果に、鎮痛や抗炎症の作用があります。風邪気味の時などにもおすすめです。

以上、更年期のつらい症状を軽減するためにサプリメントを利用する際に注目したい成分でしたが、つらい症状の緩和には漢方薬という選択もあります。

更年期だからといって、その時期の女性が全員つらい症状を抱えているわけではありません。特に不調を感じることなく過ごす人もいます。一方、日常生活が送れないほどひどい症状を発症する人もいるように、個人差が非常に大きいのも更年期の一つの特徴なのです。

では、なぜ人によってこんなに違いがあるのでしょうか。漢方では体質の違いにその原因があると考えます。

「気」「血」「水」が漢方では体を支える三本柱として重視されているのをご存じでしょうか。これらは、簡単に言えば体の「元気」「栄養」「潤い」を示しています。この3つがどれもしっかりしていると体調が万全なのですが、人によってそれぞれ状態が異なり、どれか一つでもひどく弱っていると体調にも大きな影響が出てしまいます。更年期の症状がつらくなるのは、漢方では、これら三本柱のどれかが弱っていると考えられているのです。

また、更年期の症状は時間とともに変化します。今は不調もなく問題ないとしても、数年経てば大きく崩れることもあるのです。更年期の期間はだいたい10年ほどあると考えられますから、その10年間に症状が軽いこともあれば非常につらくなることもあると覚えておくとよいでしょう。

この変化も、漢方では上記の三本柱のバランスが崩れることによって表れると考えます。ちなみに、調子を崩しやすいと言われる順番は、気、血、水です。更年期の症状もこの順に変化することが多いとされています。

そこで、更年期の初期によく見られる不調、気の崩れによる症状を緩和するために有効な漢方薬をいくつか見ておきましょう。

一つは、のぼせやホットフラッシュの軽減に有効とされる「加味逍遙散」です。気の乱れを整えるとともに、過剰な発熱を抑えます。また、気だけでなく、血と水のバランスを整えるのに良い生薬も配合されているので、更年期に見られやすい代表的な不調に幅広く対応可能です。月経不順や冷え性、不眠などの改善にもよいでしょう。

不安が強くそのせいで不眠にもお悩みの方には、「柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)が良いです。気を整えることによって、高ぶりがちな神経を穏やかにしてくれます。不安や不眠のほか、強い恐怖感、動悸の改善にもおすすめです。

胃腸が弱く疲れやすい方におすすめなのが「加味帰脾湯」です。気だけでなく血の弱りを改善する生薬を配合した漢方薬なので、胃腸の弱い人、心身の疲れで眠れない人によいでしょう。ほてりやイライラの改善にもおすすめです。

サプリメントや漢方薬でも症状が改善されないなら、「プレマリン」という薬はいかがでしょうか。これはエストロゲンの補給のための薬で、海外では更年期障害の治療薬としてよく利用されています。国内でも個人輸入代行サイトを通じて手軽に入手できるので、更年期特有のつらい症状にお悩みなら検討してみてはどうでしょう。
更年期障害の症状はいつまで続く?プレマリンで対処するのも一考
中高年女性が悩まされる症状に、更年期障害があることは広く知られているでしょう。更年期障害で現れる症状はいろいろとあります。手足が冷える、倦怠感がある、不眠、憂鬱、イライラする、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴りなど人によってさまざまです。その中でも代表的な症状として、ホットフラッシュがあります。ホットフラッシュとは、別に運動をしたわけではないのに体が熱くなる症状です。のぼせたようになる、体が火照るなどです。また寝汗を大量にかき、起きるとパジャマがぐっしょり濡れているといった症状を訴える方も少なくありません。

中高年女性にとって更年期障害は避けて通れない症状かもしれません。しかし個々人を見てみると、その症状はかなりばらつきのあることがわかります。更年期障害で日々の生活に支障の現れる人もいれば、あまり感じることなく過ぎてしまうような人もいます。更年期障害で重い症状になりやすい人を見ると、いくつか共通効果があります。

まずは生活が不規則な人です。例えば夜更かしを続けている、休日になるとずっと寝ているような生活リズムが日によってばらばらだと、自律神経のバランスが乱れてしまいます。もし生活リズムが乱れているのであれば、今後更年期障害が広く現れる恐れがあります。規則正しい生活リズムを常日頃から意識しましょう。

現代社会はストレス要因がそこかしこに転がっています。仕事へのプレッシャーもありますし、人間関係の悩みもあるでしょう。ストレスフリーの生活を続けることは難しいかもしれません。しかし過度にストレスをため込みすぎてしまうと、更年期障害が強く表れる恐れがありますので注意しましょう。こちらも自律神経が関係しています。通常であれば、交感神経と副交感神経がスムーズに入れ替わって、心身ともに健康なコンディションを維持できます。しかしストレスを過剰に溜め込んでいると交感神経を常に刺激して、興奮状態が続きます。自律神経のバランスが崩れ、心身に不調をきたし更年期障害の症状も重たくなりがちです。

また、極端に痩せている人も要注意です。月経が起きるメカニズムとして、レプチンが関係しているといわれています。このレプチンは、脂肪細胞から分泌されています。しかし痩せていて脂肪細胞が十分でないと、レプチンの分泌量も低下します。その結果、ホルモン分泌に影響を及ぼします。過激なダイエットをしている人で月経の来なくなる方がいるのはこのためです。月経がないとエストロゲンの分泌も減少します。このように、痩せている人や無理なダイエットを何度も経験している人は、女性ホルモンがもともと低下しているかもしれません。卵巣機能にも悪影響を及ぼしているかもしれません。その結果、更年期障害になりやすいと考えられています。

また、更年期障害になりやすい性格もいくつかあります。完璧主義者、まじめな性格で言われたことを途中で投げ出さないような頑張り屋さんに多いといわれています。細かなことがいつも気になってしまうので、交感神経の刺激される機会が多いです。その結果、自律神経のバランスを乱してしまうわけです。性格はそう簡単に変えられるものではありませんが、もし心当たりがあれば注意しましょう。

夫婦関係や家族関係でストレスを抱えている人も注意しないといけません。更年期のタイミングでいろいろと悩みを抱える場合があるでしょう。子供がいる場合、配偶者との間で子育ての方針が食い違って対立しているケースもあるかもしれません。子供がある程度大きくなると進路に頭を悩ませることもあるでしょうし、反抗期で子供とコミュニケーションがうまく取れずに困っている人もいます。このようなストレスが過度にたまっていると、更年期障害が強く出てしまうかもしれません。

更年期障害が現れると、どのくらい続くのかも気になる人もいるでしょう。更年期障害は女性ホルモンの分泌が急激に低下することで発症します。しかし、女性ホルモンの急激な低下に体が慣れれば、更年期障害の症状も落ち着いてきます。この慣れるまでの期間ですが、人によって異なります。しかし一般的には50代後半になると、だいぶ落ち着く人が多いようです。ただし、絶対のこの時期とは言えません。50代後半にちょうど親の介護をしていて、それで手いっぱいだと更年期障害が起こらないケースもあります。そして介護が終わってほっとしたところで更年期障害を発症するような人もいるのです。

しかし、もし更年期障害で日常生活に支障をきたしているのであれば、対策を講じるといいでしょう。そこでおすすめなのが、プレマリンです。プレマリンは卵胞ホルモン薬のことで、女性ホルモンと同じ働きをします。更年期障害は女性ホルモンの分泌が低下することで発症する症状です。外部から女性ホルモンを補給することで、更年期障害の症状を改善できるといわれています。プレマリンは通販サイトなどでも販売されているので、一度チェックしてみるといいでしょう。
月経不順や更年期の悩みに役立つプレマリン
女性特有の悩み、月経不順と更年期は慢性化してしまうことも多く、しかも体の不調だけにとどまらず精神面の不調をもたらすケースもあるだけにとても厄介です。原因がひとつではないことも多く、症状を和らげつつ、根本から改善していけるような対策・治療を行っていく必要があります。それだけに「この方法なら月経不順・更年期対策はバッチリ!」といった方法はなく、ひとりひとりの健康状態に合った対策が求められます。

そのためにもどうして月経不順や更年期障害が生じるのか、体のメカニズムを知っておく必要があります。そのうえで自分が抱えているどんな問題がそのメカニズムに悪影響を及ぼしてしまっているかを把握し、それに合った対策・治療を採り入れていくことになります。

もともと女性の体は黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)という2種類の女性ホルモンがあり、この2つがバランスをとることによって月経周期が保たれています。いずれも卵巣から分泌されているホルモンですが、エストロゲンの方は月経から排卵期間(卵胞期)に分泌量が増えて優位になり、プロゲステロンは排卵期間から次の月経に至るまで(黄体期)に増えて優位になります。この一方が優位になる状況が通常28日で、これを月経周期と呼んでいます。

ところが何らかの原因でこの周期が乱れてしまうと月経周期が乱れてしまったり、下腹部痛や体調不良、イライラをはじめとした精神状態の不調といった問題が生じてしまうのです。

ではどうして月経周期が乱れてしまうのか?多くのケースでは日常生活の習慣が原因で生じると言われています。とくに現代の女性に多いと考えられているのが無理なダイエットとストレスの蓄積です。急激なダイエットは健康に大きな害をもたらすことはよく知られていますが、ホルモンバランスにも非常に大きな影響を及ぼします。スポーツ選手の中にも過度なトレーニングで月経周期の乱れや無月経の問題を抱えてしまうケースがあるほどです。

ストレスの蓄積も現代の女性によく見られる厄介な問題です。現代はストレス社会とも言われ、日常生活のさまざまな場面でストレスを感じてしまうものです。しかも慌ただしい生活のなかでなかなか思うようにストレスを発散・解消する機会が得られずに蓄積させてしまいがち、それが心身に大きな影響を及ぼします。

具体的にはストレスが脳の視床下部に影響を及ぼし、エストロゲンの分泌量を減らしてしまうことが明らかになっています。女性ホルモンの分泌量そのものが減少すれば当然ホルモンバランスにも乱れが生じてしまうわけです。

さらに睡眠不足や栄養バランスが偏った食生活もホルモンバランスの乱れの原因と考えられています。現代人のわたしたちは日常生活のさまざまな場面でホルモンバランスを乱しやすい原因を抱えているといってもよいでしょう。

一方更年期障害の場合は閉経に近づくにつれて卵巣機能が低下し、女性ホルモン、とくにエストロゲンの分泌量が減少していくことで心身のさまざまなトラブルが発症するようになります。エストロゲンは単に月経周期を維持しているだけでなく、女性の健康を維持するうえでじつに幅広い役割を担っています。子宮内膜の安定や乳腺の発達といった妊娠にかかわる機能だけでなく、骨を丈夫にする、血流を保つ、さらには精神状態を安定化させる役割も担っていると言われています。それが更年期に入って分泌量が減少していくことでこれらの役割が低下し、心身両面に影響が出てしまうのです。

更年期障害の症状にはしばしば個人差が見られますが、それは卵巣機能の低下のスピードに個人差があるからです。急激な低下でエストロゲンの分泌量が急速に減少していく人ほど症状が現れやすくなります。

このように、月経不順や更年期障害の原因からエストロゲンの分泌量が大きく左右していることがうかがえます。ですからこれまで挙げてきた原因の改善を目指すだけでなく、減少しているエストロゲンをうまく補うことでも症状を和らげることができるのです。

この方法でとくに広く知られているのがイソフラボンでしょう。大豆に多く含まれていることでも知られるこの成分はフラボノイドの一種でエストロゲンと分子構造が似ている特徴を持っています。これを食事やサプリメントで摂取することでエストロゲンの不足を補う効果が期待できると考えられています。また近年ではエクオールという成分も同様の役割を保つ成分として注目されています。

そして、より直接的な効果が期待できる方法としてプレマリンという薬剤の使用もあります。これはエストロゲンの不足を直接補うことができる女性ホルモン剤で、更年期障害や卵巣機能不全(不妊症)、機能性子宮出血といった問題の治療に広く用いられています。簡単に言えばエストロゲンの減少がもたらす器質的な病気の治療に役立てられているのです。

イソフラボンやエクオールの摂取に比べて直接的な効果が期待できるため、症状が重い月経不順や更年期障害の改善にとくに効果的です。ほかにも骨粗鬆症の対策や不妊対策の治療にも用いられています。

このプレマリンは個人輸入代行業者を利用することで海外製のものを気軽に入手することが可能です。月経不順・更年期障害ともに一度発症すると慢性化しやすく、長い間悩みを抱えてしまっている方も多いはず。もちろん、適切な用量・用法をしっかり守った上での使用が大前提ですが、そんな長年の悩みを改善する方法としてプレマリンは優れた選択肢の一つになるはずです。
体内で女性ホルモンが分泌されないならプレマリンで補充!ポイントと注意点とは?
女性ホルモンの分泌は、30代に入ると少しずつ減少し、更年期と呼ばれる45歳ぐらいからは急激に低下してしまいます。50歳ぐらいの年齢で、多くの女性は閉経を迎えますが、閉経の前後5年ずつトータル10年間は、多くの女性が女性ホルモン野分泌減少が原因で更年期障害を経験します。

更年期は、誰もが経験する老化の過程です。しかし更年期障害の症状は人によって様々で、特に不快な自覚症状がないという人もいれば、寝込んでしまうほど症状がひどく出てしまう人もいます。まだ、どんな症状が出るかは多種多様なため、どんな症状がどのぐらいの度合いで出るかには大きな個人差があるのです。

では、更年期障害にはどんな症状があるのでしょうか?多く見られるのはイライラしたり気分が落ち込んでしまうというもの、のぼせやほてりなどのホットフラッシュなどがあげられます。さらに、肩こりや頭痛で悩まされる人も少なくありません。人によっては、関節痛や腰痛がひどくなる人もいます。

こうした症状が突然現れると、日常生活に大きな影響が出てしまいます。中には不眠になってしまう人も多く、夜は眠れないのに昼は眠くてウトウトしてしまうこともあります。

自信が更年期障害になるかどうかは、その時になってみなければ分かりません。しかしなったとしても適切なケアをすれば、つらい毎日を過ごさずに済みますし、それまで通りのハツラツとした毎日を取り戻すこともできます。

それが、ホルモン補充療法(HRT)というものです。これは、体内で分泌されない女性ホルモンを外から補充するというもので、基本的には女性ホルモンの中でもエストロゲンを補充します。

しかし、ホルモン補充療法は、その人の年齢や子宮の有無、そのほかの既往症や体質などによって、エストロゲン剤と黄体ホルモン剤を併用することもあります。その理由は、エストロゲン剤のみを継続的に服用していると、子宮ガンなど女性特有のガン発症率が高くなってしまうからです。

このホルモン補充療法は、飲み薬タイプのほかには、塗り薬や貼り薬など皮膚から有効成分を吸収するタイプもあります。しかし大きな効果を得られるという点、そして汗をかいたりファッションなどにも影響を受けないという点で、飲み薬タイプを選ぶ人は多いです。

飲み薬タイプの女性ホルモン剤は、腸まで届くとそこから吸収され、肝臓まで到達します。そこから全身に運ばれて体内では女性ホルモンが分泌されたような疑似環境を作り出してくれます。毎日服用しなければいけないというデメリットはあるものの、これは貼り薬や塗り薬でも同じですし、時間を決めておけばウッカリ飲み忘れてしまう事態も避けられるのではないでしょうか。

飲み薬タイプの中でも特に多くの女性から支持を受けているのは、プレマリンです。プレマリンのジェネリックにはエストロモンなどもあり、リーズナブルな価格で購入することができます。これはエストロゲン剤で、すでに閉経を迎えた後の人なら安心して毎日継続服用ができます。

まだ閉経を迎えていない人も、プレマリンを使用することは可能です。ただしこの場合、乳がんや子宮がんなど、女性特有のガン発症のリスクが高くなってしまうという点は理解しておかなければいけません。そのため、これらの健診は必ず定期的に受けるなど、対策を講じることが必要です。

閉経前の女性がプレマリンを使用する場合、黄体ホルモン剤と併用するという方法もおすすめです。使い方は2通りあり、プレマリンと黄体ホルモン剤をどちらも毎日服用するという方法と、プレマリンを生理日以外毎日摂取して、黄体ホルモン剤は生理予定日の2週間前から生理までの期間だけ服用するという方法です。後者の方法だと、ホルモン剤を使って疑似的に体内で女性ホルモンのリズムを整えることができ、更年期障害の症状軽減という点では高い効果が期待できるでしょう。

更年期障害の対策方法として、気軽にホルモン補充療法に挑戦してみたいという人は、海外からの個人輸入代サイトを利用するのがおすすめです。プレマリンのような新薬はもちろんですが、ジェネリックも充実しており、リーズナブルに購入できる価格帯が大きな魅力です。しかも個人輸入代行サイトの多くはジェネリック医薬品大国であるインドで製造されており、品質の面でもお値段の面でもとても優秀です。

こうした海外からの個人輸入代行サイトを利用する際には、日本人が多く利用しているサイトを選ぶことをおすすめします。注文方法や支払方法などが分かりやすくて簡単だったり、万が一の際にも日本語で対応してもらえるなど、使い勝手がよく整備されていることが多いでしょう。また、個人輸入代行サイトでは購入した商品は海外からの発送となりますが、かかる送料が無料だったりリーズナブルなサイトを選べば、より気軽に利用できるのではないでしょうか。その点でも、日本人が多く利用するサイトなら優良なサービスが期待できます。
更年期障害の改善にはプレマリンがおすすめ!
女性の身体はとても繊細で、生理周期に伴う女性ホルモンの変化によって、体調が大きく左右されます。男性からしたら、その体調の変化は理解できないものかもしれませんが、生理痛がひどい場合、起き上がることも困難なほどつらい思いをする方も多くいるのです。

ホルモンは内分泌腺から分泌され、体内に存在する各種臓器の働きを調整する役割を持っています。その中でも、女性特有のホルモンのことを一般的に「女性ホルモン」と呼びます。女性ホルモンには卵巣より分泌される、エストロゲンとプロゲステロンとがあり、排卵や月経の周期をコントロールしたり、女性の健康や美しさを維持したりなど、さまざまな働きを担っています。

そんな女性ホルモンですが、年齢を重ねると、だんだん分泌量が低下していきます。更年期に入ると、卵巣の機能低下に伴い、エストロゲンの分泌量が低下していきます。

本来であれば、エストロゲンが減少した場合、脳から卵巣へとエストロゲンの分泌量を増やすように指令を出します。その指令を受ければ、若い頃ならきちんとエストロゲンの分泌量は正常値まで回復します。しかし、更年期に入ると前述の通り、卵巣の機能が低下するため、脳からの指令を受けてもエストロゲンの分泌量を増やすことができなくなってしまうのです。

指令が来るけどエストロゲンの分泌量が増やせない、そんな状態を繰り返していると、次第にその他のホルモンのバランスや自律神経のバランスが乱れてしまいます。これらのバランスの乱れによって起こる、さまざまな身体の不調のことを更年期障害と言います。更年期症状には多くの症状があり、人によって症状の程度は大きく異なります。つまり、軽い症状で済む人もいれば、日常の生活が困難になるほど症状が重くなってしまう人もいるというわけです。

更年期障害の特徴的な症状として、1つ目にホットフラッシュが挙げられます。ホットフラッシュとは自律神経失調症の症状の1つである血管運動系障害で、エストロゲンの減少が原因で自律神経が乱れた結果、血液循環の働きに異常をきたしてしまう症状です。ホットフラッシュになると、特に激しい運動をしたわけではないのに、突然顔がカッと熱くなり、だらだらと流れるほどの汗が出たりします。血管運動障害にはホットフラッシュの他にも、動機や息切れ、そして寒気など、さまざまな症状があります。

2つ目は、精神的な症状です。更年期障害はホットフラッシュのような身体的な症状だけでなく、精神の面にも大きな影響を及ぼします。代表的な症状に、うつやイライラ、そして不安感などの情緒不安定、不眠や意欲の低下などが挙げられます。この精神的な症状は身体的症状と併発することもあり、日々状態が変化するため、自分自身の力だけで対処するのが難しいことも多々あります。

そして3つ目は、運動機能や内臓機能に関連する各種症状です。運動器にまつわる症状にはむくみや手足のしびれ、そして腰痛などが挙げられます。消化器にまつわる症状には食欲不振や吐き気、下痢や便秘、そして泌尿生殖器にまつわる症状には頻尿や性交障害などが挙げられます。これらは更年期以外にも見られる症状ですが、これらの症状のいくつかが併発したり、症状がより重くなったりするという特徴があります。

このように、更年期障害は多くの症状があり、自身の力だけでは症状の改善が難しいことがほとんどです。規則正しい生活を心掛け、可能な限り自律神経のバランスを整えることで、多少状態が軽減されることはあります。しかし、症状が重い人にはあまり効果が見られないこともほとんどです。そういった重い更年期障害にお悩みの方には、その症状を改善させる効果のある治療薬を用いるのがおすすめです。

更年期障害の治療薬として知られるプレマリンとは、エストロゲンを補給できる女性ホルモン剤です。閉経前後に少量用いることで、更年期障害によって引き起こされる身体のさまざまな症状を改善する効果を発揮します。更年期障害は閉経する前後の5年間に発症しやすいため、その期間に用いることで、女性ホルモンの急激な低下を抑制し、症状を出しにくくするのです。

プレマリンの効果は即時性ではなく、効果が現れるまでにどれくらいかかるかはそれぞれ症状によって異なります。また、改善したい症状によって服用する期間は異なりますので、説明をよく読み、用法容量を守って正しく使用することが大切です。プレマリンは服用している最中のみ、女性ホルモンを補うことができるため、服用をやめてしまうと再び女性ホルモンが低下し、更年期障害の症状がぶり返すことがあります。

気になるプレマリンの入手方法ですが、現在は通販サイトを利用することで簡単に手に入れることができるようになっています。通販サイトのプレマリンは、高品質かつ安価なものが多い傾向があります。注文さえしてしまえば家に届くという手軽さなので、気になる方はぜひ通販サイトを覗いてみてください。
プレマリンで症状を軽く!女性の更年期特有の症状とその原因
女性にとっての更年期とは、閉経前後のおよそ10年の期間を指します。初潮の年齢に個人差があるように、閉経の時期も人によって大きな差がありますが、女性なら大半の人が40代~50代にかけて更年期を経験することになります。

更年期にはいろんなつらい症状が表れる人が多いです。その症状も人それぞれですが、突然の急な発汗やほてり、のぼせなどのことを指す「ホットフラッシュ」は、更年期に見られる代表的な症状でしょう。そのほか、「疲れやすくなった」、「すぐにだるくなる」、「夜ぐっすり眠れない」という悩みや、憂鬱感、頭痛、肩こり、関節痛、また、動悸、耳鳴り、めまいなどの症状が見られる人も少なくありません。

まれに、特に何の不快な症状もなく更年期が過ぎる人もいますが、あるアンケートによるとおよそ8割の女性は何らかの不快な症状に悩まされると答えています。また、少し不快ぐらいなら耐えられますが、日常生活に支障が出るほど重い症状を発症させる人も少なくありません。このように、特に重い症状が出る場合を更年期障害と呼びます。

では、そもそもなぜ更年期にこのような不快な症状が表れるのでしょうか。いくつかの要因がありますが、大きいのが女性ホルモンの加齢に伴う減少です。女性ホルモンにはいくつか種類がありますが、更年期障害に特に深くかかわりがあるのがエストロゲンで、このホルモンの分泌量の変化によって体調が大きく変化します。

エストロゲンという女性ホルモンは、妊娠や出産に大きな役割を果たすほか、髪や肌の潤いを保つこと、血管や骨を丈夫にすること、コレステロール値を調整することなどの役割も挙げられます。そのほか、集中力や記録力を高めたり、気持ちを前向きにして心の安定をもたらしたりといった精神上の健康にも大きく影響しているホルモンです。

エストロゲンは常に一定の分泌量ではありません。年齢によって大きな変化があります。まず、エストロゲンが活発に分泌され始めるのが思春期です。その後、一般的に妊娠の適齢期と言われる20代から30代にかけてピークに達します。それ以降はどんどん減少していき、60代を迎えるころには分泌されなくなる人がほとんどです。それ以前、40代から50代にかけてのエストロゲンの分泌が著しく減少する時期が、女性にとっての更年期に当たります。

なお、更年期にはエストロゲンの減少が急激になるだけでなく、分泌の仕方が不安定で大きな揺らぎがあるのが特徴です。なぜ、分泌が不安定になるのかというと、加齢に伴う卵巣の働きの低下と関係があります。卵巣の働きが低下すれば、分泌できるエストロゲンも少なくなるのは当然です。しかし、脳はそれを察知して卵巣にもっとエストロゲンを分泌するように命令を送ります。

ところが、いくら命令されても卵巣のエストロゲンを分泌できる能力が低下しているため、命令どおりに分泌することができません。その結果、脳の命令と実際の体の反応との間に大きなギャップが生まれ、それによって脳が混乱してしまうのです。これが自律神経の乱れにもつながり、先に挙げたホットフラッシュや憂鬱感、イライラなどの自律神経失調症のような症状を発症させてしまいます。

以上が更年期障害の起こる大きな要因ですが、これに加えて個人の性格やストレス耐性なども関係します。神経質で何事も完璧にしないと気が済まないという人は、細かいことを気にしない大らかな性格の人と比べて、更年期に生じる不快症状を敏感に察知してしまう傾向があるようです。

さらに、女性を取り巻く環境の変化も更年期障害の症状に影響を及ぼします。女性の40代から50代にかけての時期といえば、一般的には子育てが落ち着くとともにライフスタイルが変化する時期です。また、子どもの自立による別れや老親の介護といったストレスも存在します。こうしたストレスによって、更年期に表れる症状がより重くなることもあります。

更年期に見舞われやすい症状とその発生する仕組みはわかりましたが、具体的にはどんなことに注意すればよいのでしょうか。まず、エストロゲンの分泌が不安定になっているサインを見逃さないようにしましょう。人によっては30代から徐々にエストロゲンの分泌が不安定になっていきます。月経周期の乱れ、月経の量や間隔の変化などが見られた時は注意です。

一方、閉経してしまえばもはやエストロゲンの分泌がなくなるので、その不安定な揺らぎによる不快な症状もストップします。しかし、エストロゲンがこれまで担っていた血管や骨を丈夫にするなどの効果までなくなってしまうことには注意が必要です。そのため、女性は閉経後、動脈硬化や骨粗鬆症のリスクが上がることが知られています。

更年期を健やかに過ごすためには、食事や睡眠などを見直し、規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。それでも症状が重くツラい時は、プレマリンなどの薬を活用するのもよいでしょう。プレマリンは、閉経前後に使用することで、卵胞ホルモンを補って更年期特有の不快な症状を軽くしてくれます。特にホットフラッシュの改善に高い効果のある薬です。

カテゴリ一覧

ページトップへ
インデラル通販・個人輸入 / コンディション21 のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。