検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

48件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
知っておきたい睡眠薬の種類別の効果と持続時間
不眠や睡眠障害で辛い、という時に、症状改善のために使う睡眠薬にはいくつかの種類があり、それぞれの使い方も違ってくることはご存じでしょうか? 自分に合わない睡眠薬を使っても、期待通りの効果が得られずかえって逆効果になってしまうこともあるので注意しましょう。睡眠薬のタイプによる効果や持続時間をきちんと把握して、自分の睡眠障害の症状に合った薬を選択することが重要です。

すべての薬には「効力」(効き目の強弱)と「持続時間(効果が続く時間)」という2つの特徴があり、これは睡眠薬も同様です。自分の症状に合わない睡眠薬では睡眠途中で目が覚めてしまったり、起床後も睡眠薬の効果が残ってしまうなど、かえって身体に悪影響を与える場合もあります。睡眠薬を使用するにあたってはどの薬が自分に合っているかを良く考えて選択する必要があります。

睡眠薬を効果的に使用するには、飲むタイミングを考えることも重要です。薬の成分の濃度が血液中で最も高まる(血中濃度が高まる)のは、薬を飲んでからおよそ30分から1時間後となります。つまり、睡眠薬の場合就寝直前に寝床につくことで、薬の効果のピークが最も高いうちに入眠できることになります。タイミングを誤って服用すると、効果がないと誤解してしまい飲む量を増やしてしまう場合もありますが、これは危険なことなので気をつけましょう。

睡眠薬は新陳代謝の活発化に伴い、効果が薄れていくという特徴もあります。効果のピーク時間が過ぎるのに合わせて新陳代謝が上がるようにすれば、睡眠薬の効果を穏やかに鎮静させていくことができます。それぞれの睡眠薬の効果時間を把握し、適切なタイミングに服用できるよう、知識を持っておきましょう。

睡眠薬は効果によって大きく「ベンゾジアゼピン系」「非ベンゾジアゼピン系」「メラトニン受容体作動薬」「オレキシン受容体拮抗薬」の4種類に分けられます。

「ベンゾジアゼピン系」は睡眠薬としては最もポピュラーなタイプの薬です。脳神経の活動全般を抑え眠りやすくするのが特徴で、国内では50年以上前から使用されています。さまざまな効果時間を持つ種類がある一方、ふらつきの副作用や依存性が高めというデメリットもあります。

「非ベンゾジアゼピン系」はベンゾジアゼピン系の持つふらつきの副作用や依存性を緩和した睡眠薬です。

「メラトニン受容体作動薬」は体内時計を調整し睡眠を促すメラトニンというホルモンと似た作用を持つ薬です。副作用がなく、総睡眠時間を増やせるのが特徴です。

「オレキシン受容体拮抗薬」は目覚めを促すオレキシンというホルモンを抑制し眠りやすい状態を作ることを目的とする薬です。寝つきが良くなり、寝ている途中で覚醒する(中途覚醒)を防ぐ効果もあります。

睡眠薬は「超短時間作用型」「短時間作用型」「中間作用型」「長時間作用型」の4種類にも分類されます。

「超短時間作用型」と「短時間作用型」は入眠障害やシフト勤務といった事情で昼夜逆転した生活をしている人に向いている薬で、半減期が短いことから翌朝に効果が残りにくいのがポイントです。超短時間型なら2時間から4時間、短期型は6時間から10時間で血中濃度が半減します。メラトニン受容体作動薬の「ラメルテオン」、非ベンゾジアゼピン系の「ゾルピデム」、ベンゾジアゼピン系の「トリアゾラム」が代表的な薬です。

「中間作用型」と「長時間作用型」は、寝ている途中で目が覚めてしまう中途覚醒や、早い時間で目が覚めてしまう早朝覚醒の症状がある人に向いている睡眠薬です。主にベンゾジアゼピン系の薬が当てはまることが多く、不安の緩和効果も期待できるので精神疾患が原因の不眠にも効果があります。血中濃度半減期は中間作用型で20時間から30時間程度、長時間作用型のものは30時間以上かかるとされています。「ニメタゼパム」や「クアゼパム」等が代表的です。

睡眠薬を安全に使用するために2つの注意点に気を付けましょう。

1つは「用法容量を守る」ということです。飲むタイミングを間違えたり自分に合わない効果の睡眠薬を使ってしまう、効果がないと思い込んで服用量を増やしていくといわゆるオーバードーズに陥る危険性があります、薬の効能を良く知った上で正しく使用するようにしましょう。

もう1つは「お酒とは絶対一緒には飲まない」ことです。寝酒として飲酒している人もいらっしゃると思いますが、そのことから睡眠薬とアルコールを一緒に飲むとより効果が高まると思ってしまうこともあるようです。しかし、睡眠薬とアルコールの同時摂取は不安や焦燥、攻撃的になるなど精神面の副作用が強く表れることが知られています。睡眠薬とアルコールの同時服用は絶対に避けましょう。

睡眠薬を入手したい場合はインターネットの個人輸入代行サイトから購入するのが手軽でおすすめです。自分の睡眠障害の症状をきちんと把握し、自分にあった睡眠薬を選択してください。
夏なかなか寝付けない…眠りやすくするための対策とは?
近年日本の夏は厳しい暑さになるのが当たり前になりました。大半の地域で最高気温35度超えを連日記録しますし、夜になってもなかなか30度を切らない地域もあるほどです。中には40度を超えるような地域も見られます。こんな厳しい夏場に、暑くてなかなか寝付けずに慢性的な寝不足に苦しんでいる人はいませんか?もし夏になかなか寝付けないのであれば、できるところから対策を講じることです。

夏眠るためには、睡眠のメカニズムを把握することです。私たちが眠気を催すのは体の内臓の温度を表す深部体温が下がるからです。就寝前には手足の末端から熱を放出する、汗をかくなどして体温を下げます。そうして深い睡眠に入るための準備をしています。ところが夏場は外気温が高いです。ということは、深部体温をなかなか下げられません。このため寝つきが悪くなる、もしくは就寝できても体温が下がりきらないために浅い眠りになってしまうのです。

つまり夏場でもぐっすり眠るためには、寝室の温度や湿度をどう調節するかがポイントになります。室内の温度を調整して、体温の下がりやすい、眠りやすい環境を作りましょう。そのためにはまず理想の寝室の環境を把握することです。日本睡眠研究所というところによると、夏の寝室は温度28度以下、湿度50~60%が理想の環境といいます。ですからエアコンを使って、理想的な室温と湿度に調整しましょう。

また寝具の環境も重要です。寝床内環境といって、寝具内の温度や湿度も眠りやすさにかかわってくるといわれています。寝床内環境の中で理想といわれているのが温度が33度・湿度50%というものです。ただし温度は1度・湿度5%の誤差は許容範囲です。もし通気性や吸水性の悪い服を着て眠っていると、熱がこもってしまって寝床内環境がどんどん悪化して眠りにくくなります。そこで夏場は、通気性や吸汗性に優れた素材のパジャマや寝間着を着用するのがおすすめです。

ただしうえで紹介したのはあくまでも目安です。すべての人が上で紹介した条件で寝付きやすくなるとは限りません。体感温度には個人差があります。同じ気温でも暑がりの方もいれば、寒がりの方もいるでしょう。これは性別や年齢、筋肉や脂肪量によっても変わります。また同じ人でも条件が日によって変わることもあり得ます。体調によっても微妙に条件が変わってくることにも留意しましょう。いろいろと室温や湿度を微調整して自分にとって理想の条件を見つけてみてください。

理想的な室温や湿度に調整するためには、エアコンの使用は必須です。厳しい暑さの夏場にエアコンを使用しなければ、ヘタすると屋内で熱中症で倒れてしまう危険性もあります。エアコンを調整するときには上で紹介した温度設定にすればいいと思うでしょうが、これは間違いです。実はエアコンの設定温度=室温とは限らないのです。日当たりや外気温によっては、設定温度よりも暑い可能性も十分あります。ですから適切な室温に調整したければ、温湿度計を寝室に備え付けるのがおすすめです。

エアコンはできれば眠っている間、ずっとつけっぱなしにするのが好ましいです。中には「眠っている間体が冷えて風邪をひいてしまうかもしれない」とタイマーを設置している方もいるようです。どうしてもタイマーを設定したければ、1時間や2時間といった短時間で切るのは好ましくありません。せっかく寝つけてもまた温度が上がってしまって、暑さで起きてしまうからです。少なくても3時間はエアコンをつけっぱなしにするのがおすすめです。睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠が一定のサイクルで繰り返されるのですが、大体3時間で一つのサイクルが完了します。睡眠サイクルに合わせて、タイマーが切れるように設定してください。

また夏は暑いのでシャワーだけで済ませてしまう人も多いでしょう。しかしお風呂に入ったほうが寝付きやすくなります。お風呂に入ることで体の芯まで温められます。そして風呂から出ると体が冷えてきますから、そこで眠気を催せるわけです。夏場は38~39度程度のぬるめのお湯に時間をかけてゆっくりつかりましょう。そうすれば、体の芯までしっかり体温を上げられます。

このような対策を講じても、やっぱりなかなか眠れないという人もいるでしょう。その場合には睡眠薬を使ってみるのも一つの手です。寝つきが悪ければ、睡眠導入剤を使ってみるといいでしょう。すっとスムーズに眠れる可能性もアップします。睡眠薬は依存性があるのではないかと思っている人もいるようですが、そんなことはありません。広く知られている薬であれば、安全安心に使用できます。

通販サイトを見てみると、睡眠薬のオンラインショッピングサービスを行っているところも少なくありません。ネットで簡単に注文でき、自宅に商品が届くのでお店に行く手間を省けます。200錠や300錠のまとめ買いのできる商品もありますので、不眠症で悩んでいる人は購入を検討してみるといいでしょう。

カテゴリ一覧

ページトップへ
インデラル通販&個人輸入・コンディション21 のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。