検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

21件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
うつ病リスクが高い性格や環境・危険因子について
うつ病で精神科を受診する人の数は年々増加の傾向にあります。うつ病発症の背景にあるのはリストラや人間関係など、職場や仕事関係で生じる問題や結婚、家族との問題、更にはうつ病そのものの社会的認知度が上がっていることも要因として挙げられます。まさにうつ病は現代病ともいえる心の病です。

統計的に見た場合、うつ病を発症するのは15人に1人程度とされますが、特殊な要因があるわけではなく、誰もがうつ病になる可能性があります。一言で「うつ病」と言ってもその症状の程度は「疲れやすい」「やる気が出ない」程度の軽症から、落ち込みが激しく社会生活に支障をきたすレベルまで様々です。最悪の場合自殺に至るほど精神的に追い詰められてしまう場合もあり、軽く扱うべき病気ではないことは間違いありません。

うつ病になりやすい人には性格的な傾向や特徴があることが知られています。

まず、うつ病になりやすい人の共通点として挙げられるのが「疲れやすい性格」です。うつ病とはごくわかりやすく表現するなら「心が疲れてしまう病」とも言えます。「疲れやすい心」とは「頑固」「几帳面・完璧主義」「真面目」という3つの性格を持つような人の心を指していると言えます。特に「真面目でかつ完璧主義」というのは、日本人の特徴的な性格とも言えます。こういった性格を持つ人は周囲の期待に応えようと過剰に頑張りすぎたり、周囲のいい加減な人に腹を立てることが多く、心が疲れてしまいやすい性格という事がいえます。

うつ病は個人の性格や気質だけが原因で発症するものではありません。その人の置かれた環境や出来事も発症の要因となることに注意が必要です。特にうつ病発症のきっかけとなりやすいものには「配偶者の死」「離婚」「リストラ」「引っ越しなど生活環境の急変」「重いローン」「病気」などが挙げられます。これらのストレスが過度にかかることでうつ病発症のトリガーとなってしまいます。普段からいかにストレスの解消を図るかが重要と言えるでしょう。カラオケや軽い運動など、自分なりのストレス解消法を身に着け日頃実践することがうつ病の予防に効果的です。

性格・気質や環境・出来事の他にも、うつ病の発症を引き起こす危険因子もあります。性別では女性の方が男性と比較して約2倍うつ病を発症しやすいことがわかっています。金銭的な困難、別居や離婚もうつ病の危険因子に数えられます。子供の頃のトラウマ体験や都会での独り暮らし、慢性的な身体疾患などもうつの危険因子となります。頼れる友人がいないことや慢性的にストレスがかかった状態も危険性があります。

女性が男性よりもうつ病のリスクが高いのは、女性の方が男性と比較して妊娠や出産、その前後の体内ホルモンのバランスの急激な変化など身体的なストレスが大きな原因と考えられています。働きつつ育児や家事をこなす、職場で男性社員と対等に扱われるために、それまで以上に頑張ろうとすることがストレス値を高くする要因となっています。

うつ病の治療に最も大切なことが十分な休養です。心身ともに十分な休息を取ることがうつ病の改善につながることはよく知られています。うつ病になる人はもともと生真面目な性格であることが多いことから、休息を取ることに抵抗感を感じる人も少なくありません。しかし、まず休むことが重要であると考え、しっかり休養をとるようにしてください。

生活習慣が不規則であるとうつ病になりやすいとされています。起床と就寝の時間を決め、規則正しい生活をすることが大切です。朝の日光を浴びることで体内時計を整えることもできるのでおすすめです。

自分の気持ちが楽になることを生活に取り入れましょう。例えば散歩することでも良いですし、音楽を聴くことでもかまいません。無理のない範囲で生活の中に取り入れていきましょう。

うつ病になると食欲不振になったりすることも知られていますが、食事を摂らない生活が続いてしまうと健康に悪影響が出ることは避けられません。特定の食品に偏食することをさけ、可能な限りバランスの良い食生活を心掛けるようにしましょう。

ただし、生活習慣の見直しや十分な休息で改善できるのはうつ病がまだ初期の軽度な症状が出ていることまでで、そのまま進行してパニック発作や不安障害といった深刻な症状が現れるようになってくると、精神安定剤の使用を検討する必要も出てきます。精神安定剤には神経に作用し緊張を緩和したり、うつ病によって分泌が低下しているホルモンの役割を代替するものがあり、気持ちを落ち着かせる効果が見込めます。薬物の使用に抵抗を感じる人も少なくないとは思いますが、適切な使用で利用すれば危険性のある薬はありませんので、必要に応じて精神安定剤に頼ることを考えた方が良いでしょう。

精神安定剤は一般的なドラッグストアや医療品店では扱われていないので、ネットにある個人輸入代行サイトを利用すると便利です。

カテゴリ一覧

ページトップへ
インデラル通販&個人輸入・コンディション21 のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。