検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

5件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
すぐに実践できる脳機能を強化させる方法!スマートドラッグも
脳トレや脳フィットネスが話題になったように、脳の機能を向上させることには誰もが興味を持っています。脳も臓器の一つなので、その機能をアップさせるには食べ物からしっかり栄養を取ることが前提です。その前提のもと、ここでは食事以外で脳機能の強化に良い方法を考えてみましょう。

とはいえ、時間がかかったり難しかったりして取り組みにくいものでは、気軽に始められませんし、長続きもしません。ふだん仕事で忙しいビジネスパーソンでも、簡単に生活に取り入れられる方法には何があるでしょうか。

その前に、脳機能が強化されるのに必要なものを押さえておきましょう。それは脳内で分泌される脳内物質です。ドーパミンやノルアドレナリン、セロトニンなどの名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。これら脳内物質がしっかり分泌されると、脳が効率的に回転するようになります。したがって、脳機能強化の方法とは、脳内物質をいかに効率良く分泌させるかの方法なのです。

その観点から誰でもすぐに実践できる方法として、運動をおすすめします。「なんだ運動か」とがっかりしないでください。運動こそ脳を鍛えるのに最も効率の良い方法なのです。そもそも人間は原始の時代から運動していました。狩猟生活が中心の時代の人間は、獲物を取るために1日に50km以上も走っていたそうです。

時には1日100kmも走ることもあったというこの時代の人間は、たとえ家からどれほど遠く離れたところに行っても、迷わず帰ってくることができたと言います。それは、このような強力な運動習慣によって脳が鍛えられており、危険な場所や帰路などをしっかり記憶できていたからというのが理由です。

実際、それは最近の研究で実証されています。運動によって脳から「脳由来神経栄養因子(BDNF)」が分泌され、脳の神経同士がシナプスでつながり、ネットワークを広げていきます。そうやって脳内で神経が複雑に張り巡らされるほど、端的に言えば頭が良くなるということです。運動すればするほど頭が良くなると言い換えてもよいでしょう。

ここでいう運動とは、体力を必要とするものでもなく技術を要する高度な種目でもありません。散歩程度の軽い運動で十分です。たとえば、朝早く起きて20~30分散歩するだけでも、運動不足の解消につながるほか、脳内物質の分泌が活性されることがわかっています。また、朝に散歩すると朝日を浴びることでセロトニンの分泌がより活性化されるとともに、ビタミンDも増えます。ビタミンDは免疫力にかかわる重要なビタミンですので、朝の散歩で病気に強い体を作ることにもなるのです。

朝起きてすぐに散歩に行くのが難しい人は、職場に行くまでの通勤時間を利用しましょう。スマホを見ながらダラダラ歩くのではなく、歩くリズムに意識を集中して早足で歩くのです。これだけでも脳機能の強化に大きな効果が期待できます。

運動以外で誰でもすぐに実践できそうな方法には何があるでしょうか。体力の有無に関係なく簡単にできるのは、8時間以上の睡眠です。睡眠が脳の健康に重要なことは近年強調されていることですが、脳機能を強化するには8時間以上の睡眠が推奨されています。

8時間以上はなかなか難しいという人でも、少なくとも睡眠不足を感じないだけの睡眠時間は確保しましょう。睡眠不足は脳の健康の大敵で、記憶力の低下など脳機能の衰えにつながってしまいます。また、長時間眠るだけでなく、質の良い睡眠を取ることも大切です。そのためには、寝る直前に飲み食いしたりベッドでいつまでもスマホを眺めたりせず、寝る3時間ほど前に食事を済ませ、ベッドに入ったらほかのことはせずにすぐに寝てください。

脳トレで話題になったように、パズルやゲームなども脳機能強化に有効です。実際、外傷性脳損傷やアルツハイマーを患っている人でも、パズルやゲームによって脳機能が改善することがわかっています。ゲームはストレス解消にもなるので、やりすぎない程度にやってみてはいかがでしょうか。

新しいことを始めるのも脳にとって良いことです。年を取るほど毎日同じことの繰り返しで、新しい経験が少なくなる傾向がありますが、それでは脳機能を衰えさせてしまいます。新しいことなら何でもかまいません。新しい外国語を勉強するのももちろんよいですし、「初めての道を歩く」、「初対面の人と会話する」、「いつもと違う料理を作る」といった小さなことでも脳機能の強化に有効です。

ストレスを減らすことも脳機能の向上に良いことがわかっています。過度なストレスが心身の健康に悪いのは常識ですが、慢性的なストレスも脳のエネルギーを消耗させるのです。忙しい人でも時には何もせずにボーッとする時間を作ってみてください。

以上、脳機能の向上に良い方法を見てきましたが、冒頭にも述べたとおり最も効果的なのは栄養です。ふだんの食事を見直すことが前提ではありますが、食事に気を使う余裕がない時はスマートドラッグもあります。脳機能を短期的にアップさせる薬で、個人輸入代行サイトにて手軽に購入可能です。
スマートドラッグ以外にも集中力を高める身近な食べ物を紹介
仕事や勉強のパフォーマンスを上げるために集中を力アップしたい、でもなかなか集中力が持続しないと悩んでいませんか?集中力を高める方法はいくつかありますが、中でもチョコレートを食べる方法はおすすめです。チョコレートならコンビニやスーパーで手軽に購入できるでしょう。なぜチョコレートが集中力を高めてくれるのか、3つの要因が考えられます。

まずはカカオポリフェノールです。チョコレートはカカオが主原料ですが、その中に含まれているのがこの成分です。このカカオポリフェノールが集中力アップに貢献するといわれています。というのも「脳由来神経栄養因子(BDNF)」を活性化する効果があるからです。BDNFとは脳内物質の一種です。BDNFは記憶をつかさどる物質と言われているので、これが活性化されれば記憶力の向上に役立つでしょう。特に勉強する際には傍らにチョコレートを準備しておくといいです。

カカオポリフェノールには、他にも血管を拡張する効果があります。血管を拡張すれば血流もアップし、脳へも必要な栄養分の供給がスムーズになるでしょう。これも学習効果に寄与するかもしれません。さらにコレステロール値を下げて動脈硬化予防や心拍数の安定などの効果も期待されています。健康維持の目的でチョコを食べる習慣をつけるのもいいかもしれません。

また、チョコレートというと甘いイメージを持っている人は多いでしょう。チョコレートが甘いのは、ブドウ糖が含まれているからです。私たちが食事で摂取した糖質は、消化吸収工程を経てブドウ糖になりエネルギー源となります。チョコレートの場合すでにブドウ糖の状態なので、糖質よりも吸収効率がアップします。特に脳が活動するためにはエネルギー源であるブドウ糖は欠かせません。脳が疲れてしまって、集中力散漫となっているときには素早く糖分を吸収できるチョコレートを食べるといいでしょう。

最後に、チョコレートに含まれるテオブロミンが集中力アップに関係しています。テオブロミンはカカオに含まれている成分の一つです。テオブロミンにはセロトニンと呼ばれる脳内物質に働きかける働きがあるといわれています。セロトニンは自律神経のバランスを整える働きに関係しています。自律神経のバランスが整い、リラクゼーションや疲労回復効果が期待できます。このように、いろいろな側面からチョコレートは集中力アップに貢献する食べ物なのです。

チョコレートといっても、お店に行くといろいろなメーカーから多種多様な商品が出ているでしょう。その中でどれを購入すればいいか迷うと思いますが、そのときはビターチョコレートを選ぶといいです。チョコレートは大きく3種類に分類できます。カカオマスというカカオパウダーとカカオバターを組み合わせたものに砂糖を入れたビターチョコレート、カカオマスト砂糖、全粉乳を入れたミルクチョコレート、そしてカカオバターに全粉乳と砂糖を混ぜ合わせたホワイトチョコレートです。

ミルクチョコレートの場合、全粉乳が入っています。その分カカオの占める割合がおのずと少なくなります。一方ホワイトチョコだとカカオパウダーが含まれていないので、カカオの持つ集中力アップの効果が十分発揮できません。もし集中力を高めるために間食でチョコレートを食べようと思っているのであれば、ビターチョコレートの中から商品を探してください。近年のチョコレートを見ると、カカオ成分がどの程度含有されているか表示されている商品も少なくありません。この場合、カカオ成分が70%前後の商品を選ぶといいでしょう。

そして、チョコレートを使って集中力を高めようと思っているのであれば、食べるタイミングも重要です。チョコレートを食べるのは仕事や勉強など集中力を高める場面の前、もしくは休憩中に食べるのがおすすめです。なぜタイミングが重要なのかと言うと、血糖値の変化が関係しているからです。チョコレートなどの糖分を摂取すると、急激に血糖値が上昇します。そしてしばらくするとまた急激に下降します。血糖値が急激に下がる場面では、集中力が散漫になりがちです。ですから作業に取り掛かる前にチョコレートを食べて、血糖値の変化を落ち着かせます。もしくは休憩中にチョコレートを食べて、テオブロミンで疲労回復したところで再開するのがおすすめです。

作業をしながらチョコレートを食べるのはおすすめできません。なぜなら、血糖値の急激な変化によって集中力が逆に低下し、作業効率がダウンしてしまうからです。

チョコレートに加え、スマートドラッグを摂取するのもおすすめです。スマートドラッグには脳への血流をアップする効果があるといわれています。脳は血液に含まれるブドウ糖などを栄養分にして活動しています。脳への血流が増加すれば、脳が活動するために必要な栄養分が効率よく供給されます。脳の働きが活発になるので、それだけ集中力を高められる可能性があるわけです。「知的ドーピング剤」というニックネームがあるほど、高い効果が期待できます。脳をシャキッとさせて集中力アップしたい時には、チョコとスマートドラッグを組み合わせて活用するのはいかがでしょうか?
スマートドラッグとは?どんな効果があるの?
スマートドラッグ(smart drug)とは服用することで記憶力や学業の効率向上といった効果が期待できる薬剤のことです。簡単に言えば「脳を覚醒させる薬」と言えるでしょう。

薬で身体の機能を向上させる、あるいは回復させることは以前からよく行われています。その極端な例がスポーツのドーピングです。薬剤には体のメカニズムに働きかける効果があるのですから、それをうまく利用することで身体能力を高めたり、疲労回復や体調不良を改善することができるわけです。それを思考の分野にも採り入れてみようというのがスマートドラッグなのです。

うつ病や不安障害など「心の病」への関心が高まっていることで神経伝達物質に関する知識も広く知られるようになっています。セロトニンやドーパミンといった神経伝達物質がやる気など精神状態に影響を及ぼすことがとくによく知られています。だったらこうした神経伝達物質の働きを促す、あるいは高める効果を持つ薬剤を服用すれば脳の機能を高めることができるんじゃないか?というのがスマートドラッグなのです。

その意味ではスマートドラッグは心の病の治療と背中合わせにあるとも言えるでしょう。精神的に落ち込んでやる気が出ない、あるいは記憶力や思考力が低下してしまった状態を改善するために抗うつ病などの薬剤を使用するなら、純粋に記憶力や思考力を向上させるためにスマートドラッグを服用するのもありなんじゃないか?というわけです。

こうした事情を考えても、スマートドラッグは覚醒剤をはじめとした違法のドラッグとは異なることがわかります。覚醒剤とはアンフェタミンなどの効果によって脳内で快感を司っている部分を刺激することで精神的に「ハイ」な状態を生み出すものです。こうした効果が脳の働きを活性化し、ユニークなアイデアなどを生み出すきっかけになることもあるかもしれません。しかしもともとの目的は手っ取り早く快感を味わうためのものです。

それに対してスマートドラッグはあくまで脳の働きを活性化させること、そして思考や記憶力を鈍らせている精神状態を活性化させることを目的としています。快感を味わって怠惰な状態になるのではなく、むしろ活発な活動を促すために服用する、と言ってもよいでしょう。

なお、スマートドラッグとひとくちに言ってもさまざまな種類があり、先述したセロトニン、ドーパミンの活動を促すタイプのほか、脳の血流を促すタイプ、あるいはメチルフェニデートのような「覚醒刺激薬」と呼ばれるタイプのものなどがあります。最後のタイプは過眠症やADHD(注意欠陥多動障害)などの治療で実際に用いられています。

スマートドラッグに注目しているのは学業の効率アップを目指したい大学生のほか、ハードワークを求められる頭脳労働やクリエイティブ系の人たちが多いと言われています。学生の場合は自分の能力が数字の形ではっきり現れるため、なんとかその数字をアップさせるためにスマートドラッグに頼ることが多いようです。クリエイティブ系・頭脳労働系の人たちは成績をアップさせるよりも忙しい就業環境のなかで自分のパフォーマンスを低下させずに維持するためにスマートドラッグを使用するケースがあるようです。夜遅くまで勉強・仕事をするときにカフェインを摂取するのと似たような部分があるのかもしれません。違うのはスマートドラッグの方が高い効果が期待できる、ということでしょう。

このスマートドラッグのポイントは、服用してからしばらくの間のみであること。ですから「飲めば頭が良くなる」というわけではないので気をつけましょう。要するに記憶力や思考力が向上している間に勉強なり仕事をして能力を発揮する、または覚えるべきことを記憶する必要があるわけです。あくまで勉強・仕事とセットで効果を発揮するものだということを忘れないようにしましょう。

そしてもちろん、乱用には要注意。どんなに安全な薬であっても乱用しすぎれば体に害をもたらします。それだけにスマートドラッグを「どのタイミングで」使うかも重要になってくるでしょう。大事な仕事をするとき、難しい勉強をするとき、テストのとき…安易に利用せず、ピンポイントで使用することで安全かつ効果的にスマートドラッグを役立てていくことができるでしょう。

具体的な効果としては注意力や記憶力の(短期的な)向上のほか、思考速度のアップ、脳の覚醒などが指摘されています。

こうしたスマートドラッグは個人輸入代行業者で海外製の製品を購入することもできます。海外製といってもすべて日本語で商品情報をチェックし、注文することができるので通常のネット通販と変わらない感覚で利用することが可能です。具体的な効果や有効成分などの情報も商品紹介ページに記載されていますから、それらを確認したうえで安心して購入できるでしょう。

もっとバリバリ働きたい、学業の成績をアップさせたい、あるいは最近思考力が低下しているような気がする…といった悩みを抱えている方はその対策の一つの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。
日常生活でもスマートドラッグが活躍する?
集中力が良くなったり、頭の回転が速くなったり、またやる気がアップするなど、スマートドラッグによって得られる効果はたくさんあります。スマドラとの愛称を持つスマートドラッグは、日本国内においては海外からの個人輸入をしなければ手に入れることが難しいのですが、欧米ではより手軽に購入できる環境がすでに整備されています。

スマートドラッグにはたくさんの種類がありますが、多くは脳の中枢神経に作用し、神経の高ぶりを鎮静化してくれたり、心のモヤモヤを取り除くことによって、脳が一つのことに集中しやすい環境づくりに貢献してくれます。その結果、神経が研ぎ澄まされて集中しやすくなり、記憶力がアップするなど、嬉しい効果を得ることができるのです。

もともとスマートドラッグは、ADHDやてんかんなど、中枢神経が原因となっている疾患の治療に使われていました。もともと1990年代に、勉強に集中できるとか、記憶力が良くなるという効果を知ったアメリカの学生たちの間で大流行したのが、スマートドラッグが一般の人たちに使われるようになった始まりです。当時は、なんとハーバード大学に所属する学生の約20%程度が、試験勉強の前にはスマートドラッグを使用して記憶力や集中力をアップさせていたのだとか。

スマートドラッグの中には、試験前の学生や、仕事に集中したい人が使うことを前提として、脳が必要とする栄養成分も配合してサプリメント風に仕上げているものもたくさんあります。例えば、リラックス成分のトリプトファンをはじめ、記憶力アップに貢献してくれるDHAやEPAなどは、ドラッグストアで市販されているサプリメントにも含まれている成分です。薬効成分にサプリ成分を配合しているのか、それともサプリ成分のミックスに薬効成分も混ぜているのか、どちらが主体なのかはその商品ごとに異なります。しかし、サプリ感覚で摂取することを目的として開発されたスマートドラッグも多く、欧米では気軽に購入できるのです。

医薬品として高い薬効が期待できるスマートドラッグは、上記のようにADHDの治療に用いられています。ADHDは神経系の疾患で血液検査など数値的に診断できるものではなく、医師が問診やヒアリングをしながらケースバイケースでADHDかどうかを判断します。日本においては、ADHDの発症率はそれほど高くはありませんが、欧米ではアメリカの発症率14%、イギリスの発症率17%のように、日本と比較するととても多くの人がADHDを患っているという統計があります。スマートドラッグがたくさんの人に受け入れられて普及してきたのも、そうした背景が大きく関係しているのかもしれません。

ちなみに、欧米の学校では、ADHDを患っている学生に対する特別措置が存在します。それは、集中できないという疾患の特性を配慮して、試験時間を延長してもらえるというものです。もちろん、試験時間を延ばしてほしいからADHDを自己申告するという事はできません。しかし診断されると、試験の時間を延長してもらえるのです。そうした情報が広く浸透している地域においては、なんとクラスの半数がADHDの特別措置を受けることもあるのだとか。

そうした手続きを踏まなくても、スマートドラッグがあれば必要な時に集中力や記憶力、またやる気をアップすることができます。常用性がない薬効成分を選べば、常に服用しなければ落ち着けないという事態になるリスクは低いでしょう。

スマートドラッグが活躍してくれるシチュエーションには、さまざまなものがあります。上記のように、試験前の勉強や、作業に集中したいときをはじめ、心配事や不安で心ここにあらずの場合にも、スマートドラッグを服用することによってザワつく心を落ち着かせることができ、リラックスすることができます。

また、不規則な食生活やバランスが偏った食生活をしている人にとっても、スマートドラッグは大きな効果が期待できます。脳が正常に活動するためには特定の栄養成分を一定量摂取しなければいけないわけですが、食生活のバランスが偏っていると、食事から必要な栄養成分をとれないという事態が起こりやすくなるでしょう。そんな時にスマートドラッグを服用すれば、脳にとって必要な栄養成分を与えることができます。脳をより正常に近い状態で機能させられるという点もまた、スマートドラッグが与えてくれる大きな効果なのです。

スマートドラッグを服用する際に知っておきたいことは、薬効やサプリ成分の効果は定着せず一過性のものにすぎないという点です。服用したからと言って、脳がシャキッとした状態がずっと続くというものではなく、薬効成分の持続時間が過ぎると、少しずつ効能は薄れていきます。そのため、服用の際にはどのぐらい効果が続くのかを自分自身で確認しながら、服用のタイミングなどを決めると良いかもしれません。また購入する際には、どんな薬効成分が使われているかという点を確認するほか、どのぐらいの用量なのかをチェックすることをおすすめします。
生活習慣の改善やスマートドラッグで脳のパフォーマンスを向上させよう
近年、脳のパフォーマンスを向上させ、日常生活にさまざまなメリットを生み出そうとする試みが注目されています。具体的には、運動を日常に取り入れて脳の活性化を促す脳フィットネスや、クイズやゲームを使用して脳を鍛える脳トレなどが挙げられます。

脳は生命維持や感覚、そして運動機能など、人間の身体の全体のコントロールを行っている、とても重要な臓器です。そんな脳のパフォーマンスが向上したら、私たちの生活がより良いものになることは想像に固くありません。ぜひ日常生活に脳のパフォーマンスを向上させる方法を取り入れて、高パフォーマンスな状態が維持できるように頑張っていきましょう。

脳のパフォーマンスを向上させる方法は色々あります。まずは自分のできそうな範囲から始めてください。

1つ目は、水を飲むことです。「たったこれだけ!?」と驚かれる方も多いと思いますが、実は脳を構成する要素の80%以上は水分で出来ています。そのため、水分不足の状態になってしまうと、脳の働きが低下してしまうのです。1日に必要な水分摂取量は人によって異なりますが、喉の乾きを覚えた時点で、身体はかなり脱水の状態にあると言われています。そうなる前に意識的にお水を飲むようにすることが大切なのです。

水分補給というと、お茶やコーヒーを選択してしまう人が多くいます。しかし、これらの飲み物には利尿作用がある成分が含まれているため、逆に水分を身体から排出してしまいます。脳水分補給という名目で何かを飲むのであれば、ミネラルウォーターを選択しましょう。

2つ目は、8時間以上の睡眠を習慣にすることです。脳の健康を整えるために、睡眠は必要不可欠です。睡眠を取るだけで、脳は健康的に疲労を回復させることができるのです。質のよい睡眠を取るためには、入眠前の取り組みがとても大切になります。深い眠りを阻害する、寝る前のスマートフォンの使用や、就寝直前の飲食は控えるようにしましょう。

寝室の環境を整えることも重要です。就寝時の照明が明るすぎるのもよくありませんし、ベッドや布団の周辺にものが散らかっていて、寝返りが打ちにくいという環境も問題です。自分が安心して眠れる暗さや広さを整えるだけでも寝付きに変化が現れます。今一度、自分の睡眠スタイルを見直してみましょう。

3つ目は、定期的なストレス解消を行うことです。ストレスは、脳のパフォーマンスを下げる大きな要因です。慢性化したストレス状態は脳のエネルギーを減少させ、記憶力の低下などを引き起こしてしまうおそれがあります。

ストレスを軽減させる最も簡単な方法は、「ボーッとする時間を作る」ことです。仕事も趣味も何もせず、ただボーっと頭を空っぽにする時間を作るだけで、脳のストレスは軽減され、精神的にも落ち着きます。普段からせかせかとせわしなく働いている方こそ、こうした時間を定期的に取り入れることをおすすめします。もちろん、他に自分自身のお気に入りのストレス解消法があるという方はそちらでも全然構いません。とにかく、自分自身の心と身体、可能なら脳も、休まる時間を作ることが大切なのです。

4つ目は、新しいことへの挑戦です。脳は初めてのことに直面すると、脳細胞感のつながりが強化され、新しい回路を生み出すことができます。新しいことといっても難しく考える必要はありません。初めてのレシピに挑戦してみたり、いつもと違うルートで帰宅してみたりなど、簡単なことでも構わないのです。映画館や美術館に行って今まで触れてこなかった作品に出会うというのも有効です。自分自身に合った方法で取り入れてみてください。

5つ目は、適度な運動です。ウォーキング・ランニングなどの有酸素運動やストレッチなどには、脳を活性化させ、記憶力を高める効果があると言われています。人によって適度な運動というのは異なりますが、一般的には週に2回、1時間程度の運動が脳には望ましいでしょう。運動は脳以外の身体の健康維持にもとても役立つため、特にデスクワーク中心で仕事であまり動かない方は、積極的に取り入れるようにしましょう。

そして6つ目が、腸内環境を整えることです。腸は第2の脳と言われている臓器で、腸の働きが弱ると、脳にも影響が出ると考えられています。腸内環境を整えるサプリメントなど、現在は数多くの製品が販売されています。積極的に取り入れて、腸内フローラを健康的なバランスで保つように心がけましょう。

以上が脳のパフォーマンスを向上させる方法です。これらの方法でもなんかピンと来ないという方は、薬の力で脳の機能を向上させるという方法もあります。脳の機能を高める薬をスマートドラッグと言います。服用することで、短期的に記憶力や思考速度を上げたり、感覚を鋭利にすることができたりなどの効果が得られます。スマートドラッグは個人輸入サイトなどで購入できるので、気になる方はチェックしてみてください。
スマートドラッグも一つの方法!脳の血流をアップする方法
私たちが生きているのは、絶えず血液が全身を循環しているからです。呼吸によって取り入れた酸素、食事で摂取した栄養素などを血液にのせて体中に届けています。もちろん血液は脳へも流れ込み、その機能を維持するのに非常に重要な役目を果たしているのです。

酸素と栄養素を含む血液は全身にとって重要ですが、脳には他の細胞や臓器以上に多量の血液を必要としています。血液が心臓から送り出されていることは皆さんご存じのとおりですが、実は、その送り出される血液のうちおよそ20%は脳に運ばれているのです。

脳がそれだけ多量の血液を必要としているのは、その機能を維持するのにたくさんの酸素と栄養素を必要しているからです。つまり、脳には常に血液が必要だということで、それが途絶えるとわずか数分で機能をストップしてしまいます。

それだけ重要な脳の血流なのですが、人間は40歳ごろを境に徐々に脳の血流が悪くなってしまいます。それは、加齢とともに血管が固くなることが一つの要因です。脳の血流が悪くなれば、その神経細胞の活動にも影響を与え、活性度が低下したり細胞の数自体が少なくなったりしてしまいます。

そう聞くと不安に感じますが、逆に言えば、脳の血流を改善することで、その機能を今より強化することも可能だということです。加齢とともに頭の働きが衰えてきたと感じられるのであれば、ぜひ脳の血流を増やすことを考えてみてください。

では、どうすれば脳の血流を増やすことができるのでしょうか。もちろん前提として食事があります。どれだけ血流が良くなっても、それにのせて運ぶべき栄養素が不足していては意味がありません。ですので、まずは食事内容を見直すとともに、規則正しい食生活をこころがけてください。そのうえで、次に見直したいのが睡眠習慣です。

東洋医学では、午前0時の前後2時間が睡眠において大切と考えます。この時間帯に体の陰陽が交代し、その後で新しい血が作られると考えるため、この時間帯にはしっかり眠っておくべきなのです。この考え方を取り入れるとするなら、なるべく午後11時までには就寝するようにしましょう。

しかし、お仕事のなどの関係で、必ずしも毎晩午後11時までに眠れる人ばかりではないはずです。そういう方でもあきらめる必要はありません。多少時間が前後してもかまわないので、なるべく睡眠のリズムを整えるようにしてください。

脳の血流アップに睡眠が重要だと述べましたが、血流が悪いと寝つきが悪くなるのも事実です。寝つきが悪いまま布団の中でだらだら過ごすと、眠っても浅い眠りが多くなりがちで、血流がさらに悪くなってしまう恐れがあります。そういう場合は、一度体内時計をリセットすることを考えてください。

体内時計のリセットは簡単です。朝起きた時に日光を浴びることでリセットされます。それによってセロトニンという脳内物質の分泌が良くなり、それが夜寝るころにはメラトニンという睡眠ホルモンに変わって寝つきを良くしてくれます。

よく眠れるようになるためには、日中体を動かしておくことも大切です。運動自体に全身の血流を良くする作用があるので、運動習慣がない方もぜひ新たな習慣として取り入れるようにしましょう。

とはいえ、なかなか運動する時間が取れないという方も多いはずです。しかし、運動だからといってそれほど気負う必要はありません。ウォーキングや軽いジョギング程度で十分ですし、その時間もないというのであれば手先の運動でも血流アップの効果が期待できます。

たとえば、服のボタンを留めたりパソコンのキーを打ったり、また、財布から小銭を取り出したりといった日常の動作は、すべて手先の微妙な運動によるものです。これを可能にするのは脳の神経細胞が正常に働いているからなので、逆に、手先を動かす運動をすることで、脳の血流をアップし、神経細胞の働きを活発にすることもできます。

運動以外では呼吸の仕方も大切です。口からの浅い呼吸になっている方は注意しましょう。鼻からゆっくり呼吸することで血流が良くなり、脳に流れ込む血液量もアップします。それによりセロトニンといった脳内物質の分泌も活発化するため、ストレスが軽減してリラックス効果も得られるはずです。

このように、食事を前提とし、睡眠を見直し運動や正しい呼吸法を生活に取り入れていくことで、徐々に脳に流れ込む血流がアップしていきます。東洋医学的に目安となる期間は約4か月です。新しく作られた血液が全身を巡って、全部が新しくなるのに120日ほどかかると考えられています。

とはいっても、4か月も待たずともそれ以前に変化は実感できるでしょう。血流がアップすると、脳の働きが良くなるだけでなく、体の不調も徐々に解消されていくはずです。

また、スマートドラッグという脳の血流アップに役立つ薬もあります。ヒデルギンやピラセタムなどが有名です。これらのスマートドラッグは個人輸入代行サイトで購入できます。上記の方法と併せて、関心のある方はご検討ください。
スマートドラッグはこんな風に活用するのがオススメ!
知的ドーピング剤とも呼ばれているスマートドラッグは、一時的に脳の働きを活性化することができます。一般的なドーピング剤はプロのアスリートがパフォーマンス効果を一時的に高める目的で使う薬物で、オリンピックなどの公式競技においては禁止されています。そのため、ドーピングと聞いて、「怖い」とか「危ない」というイメージを持つ人は多いかもしれません。

しかし、このドーピングがどうして禁止となっているかはご存じでしょうか?それはずばり、公平ではないからです。薬剤の力でパフォーマンスをアップする選手と、しない選手が同じ土俵で競うことは、確かにフェアではないでしょう。公式の競技ではできるだけフェアな基盤で勝負することが重要なので、こうしたドーピングの使用はNGとなっているのです。

それでは、知的ドーピングのスマートドラッグはどうでしょうか?スマートドラッグは脳の認知機能を強化することができる医薬品で、記憶力や集中力が高まるという薬効が期待できます。覚せい剤のような違法薬物ではなく、配合されている有効成分はすべて、モダフィニルやメチルフェニデートのような、臨床医学で実際に使われているという点が大きな特徴です。

日本においてはまだ、スマートドラッグはメジャーな存在ではなく、賛否両論です。しかし、アメリカのようにすでにスマートドラッグが普及している国もあり、日本でも少しずつ普及すると予想されています。現在のところ、スマートドラッグは個人輸入代行サイトを活用して購入できます。

スマートドラッグはどんなシーンで活用するのが良いのでしょうか?アメリカの例を見ると、夜勤を終えた後にマイカーを運転して帰宅しなければいけない人に対し、強い眠気で運転のパフォーマンスが低下しないようにという目的で、スマートドラッグが使われています。

集中力や記憶力を高めるという目的を考えると、私たちの生活の中でもスマートドラッグが活躍してくれるシーンはたくさんあるでしょう。例えば、受験勉強や試験勉強の時にスマートドラッグを使えば、勉強の効率アップにつながりますし、大きな効果が期待できそうです。また、仕事で集中しなければいけない時に使えば、脳がシャキッとして、生産性が高まることでしょう。

スマートドラッグには、さまざまな種類があります。それぞれ、どんなメカニズムでどんな作用があるかは異なるため、ニーズや目的に合ったものを見つけることが、スマートドラッグとうまく付き合うコツと言えるでしょう。

集中力と記憶力をアップしたい人にオススメなのは、コリン作用性のものです。神経伝達物質の一つであるコリンは、脳内の神経伝達物質量を正常な状態にする他、作用をシャープにする働きもあります。その結果、右脳と左脳とリンクしている脳梁間の情報伝達がスムーズになり、記憶力や集中力が高まるのです。

普段から気分に浮き沈みがある人、緊張しやすい人やあがり症の人にオススメのスマートドラッグもあります。対ストレス用スマートドラッグとも呼ばれているもので、あがり症改善のために服用する人も少なくありません。イノシトールやチロシン、ホスファチジルセリンなどを有効成分とするスマートドラッグは、精神安定剤的な作用があり、不安な気持ちや焦る気持ちを抑えて穏やかにしてくれます。心がざわざわすることで仕事に集中できない人にとっては、このタイプのスマートドラッグを使うことによって、安定した精神状態を手に入れることができ、仕事にも作業にも集中しやすくなるでしょう。

集中力が長く続かない人や飽きっぽい人にオススメのスマートドラッグもあります。カフェインやアドラフィニルなどの有効成分が配合されているものが該当し、脳のスタミナレベルをアップすることによって集中力をいつもより長く持続できる効果が期待できるでしょう。

このうちのカフェイン成分は、スマートドラッグの有効成分としても大きな効果が期待できますが、私たちが普段から口にしている緑茶や炭酸飲料、コーヒーなどにも含まれています。朝コーヒーを飲むと頭がシャキッとするのは、このカフェインの働きによるものです。スマートドラッグでも同じメカニズムで脳がシャキッとするわけですが、含有量が多いために、シャキッとできる時間が長く続くというわけです。

スマートドラッグは、服用すると即効性があります。継続して服用する必要はなく、必要な時に服用すれば、一時的に脳の働きを活性化できるという魅力があります。普段から常用しなくても、試験前や仕事が忙しい時、念のために持っておけば、大きな安心感につながるのではないでしょうか。いろいろな種類があるので、いくつか試してみて効果の違いを比較し、自分にぴったりのスマートドラッグを見つけるのも良いでしょう。海外からの個人輸入代行サイトを利用することで、多種多様なスマートドラッグの中から、ニーズや用途に応じて必要なものをリーズナブルに購入できます。
睡眠や瞑想、スマートドラッグなど、脳をスッキリリフレッシュさせる方法を紹介します
仕事や学業のパフォーマンスは脳のコンディションで決まるというくらい、私たちは頭を酷使しながら生活をしています。そのため、脳が疲れて頭がもやもやしてしまうと、集中力が低下し、いつもならしないようなミスをしてしまったり、うっかり物忘れをしてしまったりするということが増えてきます。こうした脳の疲労は蓄積されていくものなで、きちんとケアをしておかないと、後々精神的、肉体的な病として自身の身体に降り掛かってくることもあるので注意が必要です。もし、少しでも頭の回転が遅くなったと感じるようなことがあれば、早めにメンテナンスをして最高のパフォーマンスに戻してあげましょう。

脳の疲労感を取り除き、スッキリとした頭を手に入れる方法はいくつかあります。1つ目は1日6時間以上の睡眠時間を確保することです。脳は眠っている間にその日に吸収したデータを整理し、休息を行います。そのため、ある程度まとまった睡眠時間を確保し、深い眠りに就くだけでも脳は自動的に健康な状態へと回復していきます。質の良い睡眠を手に入れるためにも、就寝前はゆっくりとお風呂に浸かり、明るすぎない部屋でリラックスして過ごすのが良いでしょう。

2つ目は軽い運動です。軽い運動は体中の血流をアップさせる効果があるため、自然と脳に行き渡る血流もアップし、脳の働きを促進させる効果があると言われています。一口に運動と言っても様々な種類がありますが、脳の状態を回復するのに特におすすめなのがウォーキングです。ウォーキングは足腰に負担がかかりにくい運動でもあり、特に特別な道具も必要ないため、誰でも簡単に始めることができます。おすすめなのはある程度キビキビとしたスピードで40分程度歩くことです。ウォーキングコースをお気に入りの場所にしたりすると同時にストレス発散にもなるので、是非日常生活に取り入れてみてください。

3つ目は瞑想です。瞑想とは心を無にしてリラックスする方法の1つです。瞑想は頭をスッキリさせるだけでなく、ストレス解消にも効果があるとされています。今回紹介する瞑想方法は特に場所を選ばず、学校や仕事の休憩時間などでもさっと行える簡単なものなので、是非試してみてください。やり方はとても簡単です。背筋をのばして座り、目を閉じて自然な呼吸を行います。この時、口呼吸ではなく鼻呼吸で行い、お腹をふくらませるくらい深くたっぷり吸い込むのがポイントです。この呼吸に意識を集中させ、それ以外のことは何も考えない状態を1分程度繰り返します。たった1分の瞑想ですが、疲れた脳にたっぷりの酸素が行き渡ることで脳がスッキリとし、集中力が回復します。

4つ目は腸内環境を整えることです。腸は第2の脳と呼ばれるくらい、脳の働きと大きく関係のある内臓の1つです。そのため、腸の健康は脳の病気への抵抗力や優秀さを判断するための指針となると言われています。腸の働きは日々の食生活や適度な運動によって整えることができるので、バランスのよい食事と規則正しい生活を心がけることが大切です。

5つ目はゲームやパズルを楽しむことです。ゲームやパズルには、脳の働きを活性化させ、集中力を高める効果があるとされています。この効果を利用して認知症患者の方の脳トレーニングには、こうしたゲームやパズルが取り入れられています。この方法を行う際のポイントはあまり長時間根を詰めて行わないことです。あまりにもゲームやパズルに集中してしまうと、逆に脳を疲労させることにつながってしまうので、ちょっとした休憩感覚で行うことのできるライトなものを選ぶと良いでしょう。

そして6つ目はスマートドラッグです。スマートドラッグとは、記憶力や集中力、そして学習能力を高めるとされている薬の総称です。1990年のアメリカで初登場したスマートドラックは、熱狂的な愛好者を生み出し、ブームが巻き起こりました。一口にスマートドラッグといっても様々な種類があり、大きく分けると3種類に分類することができます。1つ目は認知症やアルツハイマーの治療薬として医療用に使用される薬品のものです。2つ目は、ミネラルやアミノ酸、そしてビタミンなどの栄養補助食品に該当するもので、そして3つ目は、朝鮮人参やイチョウなどのハーブを使用したものです。これらのうち、お薬として使用されているスマートドラックが、病気以外の方の脳の働きを向上させスッキリとした頭を手に入れる手助けをしてくれるとされています。スマートドラックの入手方法は簡単で、通販サイトを利用すれば手軽に入手することが可能となっています。薬品系のスマートドラックにも様々な種類がありますので、きちんとどのような効果が得られるのか説明がされているサイトを選ぶと安心です。また、スマートドラックは複数の種類を同時に飲んでしまうと強い副作用を発生させるものもあります。用法用量を守って正しく使用すれば問題ないものなので、きちんと説明書きを熟読してから使用するようにしましょう。
ぐっすり眠ると頭が良くなるって本当?記憶力と睡眠の関係を知ろう!スマートドラッグについても解説
勉強や仕事のパフォーマンスを上げるために、記憶力は不可欠なスキルです。受験や資格取得はもちろんのこと、日々の仕事や学習の成果にも、大きくかかわってきます。記憶力は、鍛えれば鍛えるほど向上するといわれています。でも、なるべく努力しないで記憶力を鍛えたいと思う方も多いのではないでしょうか。

今回は努力せずに記憶力を高める方法として、睡眠にスポットを当てます。睡眠と記憶力の関係を学んで、手軽に記憶力を高めませんか?

睡眠は心身の疲れを癒すための休息である同時に、記憶を脳に覚えさせるための時間でもあります。睡眠中に、脳に記憶が定着するプロセスをみていきましょう。

私たちは睡眠中に、ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返し行っています。ノンレム睡眠は、夢を見ない深い睡眠で、この時に脳が休息をとっているのです。これに対してレム睡眠は夢を見ている状態で、身体の疲れを癒しています。

ノンレム睡眠とレム睡眠をワンセットとする睡眠サイクルが、一晩で4~5回繰り返されるのが一般的です。1回の睡眠サイクルは約90分。眠ってすぐに訪れる1回目と2回目の睡眠サイクルでは、ノンレム睡眠の方が長く続き、レム睡眠はわずか数十秒程度です。この最初の2回の睡眠サイクルで、私たちはぐっすりと深く眠ります。この深い睡眠のことを、「徐波睡眠」と呼んでいます。

徐波睡眠は、脳に記憶をとどめるための重要な眠りです。徐波睡眠時に脳は記憶を作り出し、さらには問題を解決し、新たな発想を生み出すという働きを行っています。それだけではありません。その日の嫌な出来事の記憶をリセットして、心を癒してくれているのです。徐波睡眠時には、成長ホルモンの分泌が活発になることも分かっており、寝入りばなの深い眠りは、心身にとって何よりも重要なのです。

一方、朝方に訪れる3回目と4回目の睡眠サイクルでは、レム睡眠の時間が長くなります。そして後半のノンレム睡眠時には、「手続き記憶」を定着させたり、複数の記憶を関連付けて整理したりといった作業が行われています。手続き記憶とは、自転車の乗り方など、体で覚える記憶です。

これに対して、朝方のレム睡眠時では、「エピソード記憶」を脳に定着させています。エピソード記憶とは、“いつ・どこで・だれが・何をしたか”といった、出来事に関する記憶です。

さらに、必要なときに必要な事柄を思い出せるように、記憶の引き出しにラベルをつける作業も行っています。このため、受験などで勉強する時間が増えると、記憶を定着させるために、後半のレム睡眠の時間が長くなります。

このように、睡眠中はノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しながら記憶を整理し、脳に定着させているのです。

眠りの質が悪く、問題解決やアイデアの創造、嫌な記憶のリセットがうまく行われません。これでは、パフォーマンスも下がってしまうことでしょう。

また、睡眠時間が短いと、睡眠サイクルが途切れてしまいます。特に、後半の「手続き記憶」や「エピソード記憶」の定着が行われませんから、頑張って勉強をしても記憶に残らず、無駄になってしまうのです。

一晩の眠りで、睡眠サイクルを4回~5回繰返すことが重要です。睡眠サイクルの長さは個人差がありますが、通常90分~120分程度です。スマートフォンの睡眠アプリで、自分の睡眠サイクルを計測してみるのも良いでしょう。

睡眠アプリを使うときに気をつけたいのは、アラーム機能です。睡眠アプリには、レム睡眠時にアラームを鳴らして起こしてくれる機能があります。レム睡眠時は眠りが浅いので、スムーズに目覚める効果があると人気です。

でも朝方のノンレム睡眠は、記憶の定着に欠かせない睡眠です。記憶の定着を行っている際にアラームが鳴ると、途中で定着作業はストップしますから、記憶は定着しませんし、目覚めの爽快感も失われてしまいます。ベストなのは、睡眠サイクル4回目のレム睡眠で記憶の定着作業を終えた後、5回目に訪れるレム睡眠時に起きることです。記憶も定着し、スッキリと起きられます。

5回目のレム睡眠で起きるためには、最低でも7時間半~8時間程度の睡眠時間が必要です。十分な睡眠時間を確保し、ぐっすりと眠れる環境を作りましょう。

十分な睡眠が得られない場合は、昼寝をするのも効果的です。アメリカの大学で、昼寝と記憶の形成についての実験が行われ、昼寝による徐波睡眠でも、記憶力が向上することがわかりました。昼寝で徐波睡眠を活用するためには、60分~90分の睡眠が必要です。通常、眠ってから30分後に徐波睡眠が訪れます。60分の睡眠なら徐波睡眠が得られます。

科学雑誌の「My Science Academy」の記事によると、昼寝の時間は60分が理想的だと
いうことです。特に、人の顔や名前を覚えるのに最適だと発表されています。ただ、睡眠サイクルの途中で起きるので、しばらく頭がボーッとすることがあるそうです。

90分の昼寝なら、睡眠サイクルを1周します。レムとノンレムの両方の睡眠が取れるので、しっかりと記憶を定着させることができます。目覚めたあとも、頭はスッキリしています。

良質な睡眠は、記憶力の向上に欠かせません。でもその効果をより実感したい方向けに、スマートドラッグが販売されています。もともとは、アルツハイマー病やパーキンソン病などの治療薬として開発されました。脳の機能が向上するため、記憶力や集中力、判断力が求められる学生や起業家などのエグゼクティブ、ビジネスパーソンから注目を集めています。良質な睡眠を得ると同時に、スマートドラッグを上手に活用すれば、今以上のパフォーマンスが発揮できることでしょう。
スマートドラッグと併せてチャレンジしたい、脳を活性化させる散歩について
手軽な有酸素運動のひとつとして散歩が知られるところです。実は、散歩にはただ身体的な健康に良い効果があるばかりでなく、脳を活性化させる働きがあることをご存じでしょうか?

散歩をすることで脳を活性化させ、記憶力や思考力を向上させることが可能です。日々の仕事で「良いアイデアが思い浮かばない」「仕事が行き詰っている」「タスクが多くて混乱する」といった状態にある場合、散歩でその状況を打破することも可能です。もちろん、散歩をすることで気分転換を図る効果もありますが、散歩にはそれ以上の脳への直接的な効果があることが医学的にも証明されています。

脳に対する散歩の効用として、まず血流と酸素が与える影響を挙げることができます。歩くことで心臓と肺が活発に動くようになりますが、その状態を20分維持=20分間歩き続けると、体内の血液が活発に循環するようになり、体内の隅々までに新鮮な空気(酸素)がいきわたることになります。このようにして脳の前頭葉に十分な酸素が送り込まれるようになると、注意力や思考力、意欲が13%以上上昇することが研究で証明されています。

なぜ、血流量が増して脳に十分な酸素が供給することで、脳の能力が13%も活性化するのでしょうか。それは、脳の前頭葉に新鮮な血液と酸素が送り込まれることで、脳の神経線維が結び付けられるからです。個々に存在していた複数の脳細胞が神経線維によって接続されることで、新たな思考回路が形成されることになります。これにより、脳の機能の活性化が図られるわけです。

散歩が脳にもたらす効果は、血流量と酸素の増加ばかりではありません。散歩をすることで脳内物質の分泌が促され、精神的な高揚感を得る効果もあります。一定速度で5分間以上歩行すると、脳内でセロトニンという脳内物質が分泌されます。このセロトニンには爽快感や前向きな意欲を感じさせる効果があり、意欲の向上を図ることができます。

セロトニンはその別名を「幸福ホルモン」とも言い、体調や気分のコントロールをつかさどる脳内物質です。セロトニンが多く分泌されると、前向きな気分になります。朝、目覚めて太陽の光を浴びることで爽快感を感じることがあると思いますが、これはセロトニンの分泌が影響しています。セロトニンの分泌は、規則正しいリズム運動によって促進されることが知られています。散歩は誰にでも手軽にできるリズム運動と言えます。

脳を活性化させるために散歩をする場合、ひとつ注意する必要があります。脳の活性化を目的として散歩をする場合、ただやみくもに歩くだけの散歩は効果がありません。それどころか、歩くことを目的に散歩することは、脳トレの効果をダウンさせる可能性もあります。

何も思考しないでただ歩くだけの散歩では、身体的な健康効果を得ることはできますが、脳の活性化にはつながりません。脳の活性化させ、思考力・記憶力を高めるための散歩に必要なことは「楽しみながら散歩する」ことです。歩くことを楽しむことで、脳はより活性化することになります。

楽しんで歩く方法は、人によってさまざまでしょう。普段通ることのない道を歩いたり、訪れる機会のない街に興味を持って出かけてみたり、目的地を定めず気の向くまま歩いてみるなど、大切なことは歩く距離や時間をの目標をあえて設けず、歩くことを楽しみとすることを主目的として散歩をすることです。

脳が人体全体をコントロールする機能を持ち、心身の司令塔的な存在であることは誰も知るところです。脳は大脳と小脳、脳幹の3つの部位からなっており、最も大きいのが「大脳」です。全体の8割の容量を占め、その前半分、ちょうどおでこ部分にあたる「前頭葉」の「前頭前野」は、思考力・注意力・アイデアをつかさどる脳の中枢部とされています。意欲や行動力を司るのも前頭葉です。前頭葉(前頭前野)を活性化することで、心身共に活性化をはかることが可能になるのです。

脳を活性化させることで、思考力・理解力を向上し、物事の処理能力が高まる他、注意力や判断力が高まり、決断力やリスク回避能力もアップします。新しいアイデアを思いつく想像力が発達し、学習記憶能力も向上します。また、感情の抑制能力も高まるので、むやみに感情的にならず、穏やかな気持ちを維持できるようにもなります。脳の活性化はさまざまなメリットをもたらしてくれるでしょう。ぜひ、脳を活性化させる散歩を活用したいものです。

近年、脳の血流を増加させ、活性化に効果のある薬剤として、「スマートドラッグ」が注目されています。「ピラセタム」や「ヒデルギン」といった薬が有名ですが、脳の血流をアップさせ、脳機能の強化と調整の効果があるとされています。散歩と併用することで、さらに効果的に使用できます。スマートドラッグの入手には、インターネットの個人輸入代行サイトを利用するのが時間も選ばず、最も手軽で便利な方法でしょう。
集中が続く時間はどのぐらい?長く集中するならスマートドラッグがおすすめ!
勉強や仕事に集中しなければいけない時は、誰にでも多かれ少なかれあるでしょう。そんな時には、時間を忘れて何時間かの集中した状態を維持したいものですが、多くの人は長時間集中し続けることはできません。集中したいけれど持続できなかったり、集中しているのに頭の中に入ってこなかったりすると、かえって作業の効率はイマイチとなってしまうでしょう。

人間の集中力には、限界があります。何時間もずっと集中し続けることは難しく、一般的には「周囲を忘れるほどの集中」している状態を維持できるのは、約15分程度という研究結果があります。ピークに集中していなくても、ある程度集中した状態が持続できれば、脳が情報を吸収しやすい状態にあるため、作業効率は決して悪くないでしょう。しかし、疲れた状態で作業を続けていても、残念ながら頭にはほとんど入っていないことが多いかもしれません。

ただしこの15分という時間は、一度に集中できる時間ということで、1日当たり15分だけということではありません。つまり、15分間集中したら少し休憩をして、再び15分間集中することは十分に可能です。

例えば、学校の授業の時間を考えてみてください。小中学校あたりだと、1クラス45分程度の授業が多いのではないでしょうか。そして大学になると、1クラスの授業時間は90分となります。どちらも15の倍数です。教え方が上手な先生や、わかりやすいと評判の先生の多くは、一度に集中できる時間は15分という点を踏まえて、メリハリのある授業を構成しています。例えば、15分ごとに鉛筆を休める時間を設けたり、冗談を言ってリラックスさせたり、また深呼吸をするという方法もあります。

学校の授業では、時間の配分や調整は、教える側の先生が管理してくれています。しかし社会人になると、自分自身で時間の調整や管理をしなければいけません。集中が必要な作業なら、このリズムを念頭に入れながら、集中しては少し休憩というパターンをリピートすることによって、長時間の作業でも効率性を高めることができるでしょう。

それでは、作業効率をマックスにする集中の方法には、具体的にどんな方法があるのでしょうか?

最初に行うことは、事前の準備です。集中している時間は、できるだけ動かずにぐっと作業にのめりこみたいものです。そのためには、必要なものはできるだけ事前に準備しておくことをおすすめします。例えば何本も鉛筆が必要なら、すべて削って目の前においておくと良いでしょう。鉛筆削りを取り出して削るよりも、集中力の無駄遣いを防止できます。

次に行うことは、15分という1回の集中タイムで行うことは、1つだけに絞ることです。休憩を挟めば再び15分間集中することはできます。そのため、集中する15分の間にアレもコレも詰め込みすぎないようにしたほうが良いでしょう。

15分の集中タイムの間には、集中すべきことのみに対応することを心がけましょう。自宅で一人で勉強や仕事をしている人なら、集中している途中に誰かから話しかけられることはないでしょう。しかし学校や職場では、なかなかそういうわけにいかないかもしれません。集中しているときに話しかけられたり電話がなると、どうしても集中力は途切れてしまいます。作業する場所や環境などを考えて、できるだけ集中が途切れずに済むことを考えることもまた、作業効率を高めるうえでは大切なポイントです。

15分の集中タイムを何回かリピートすることによって、作業効率が高い時間を長く維持することができます。しかし、リピートすればするほど、15分単位ごとの作業効率は残念ながら低下してしまいます。そのため、90分ぐらい集中したら、10分程度休憩時間を作り、疲れた脳を休めてあげることも大切です。

私たちの体内環境は、脳を集中させる作業に適した時間帯と、そうでない時間帯とがあります。できるだけ作業効率を高めるためには、集中しやすい時間帯にはできるだけ集中できる環境に身を置くことも、大切なポイントです。

集中力が高まりやすい時間帯は、午前中の10時から12時ぐらいです。必ずこの時間帯というわけではなく、目覚めて脳が活発に機能できる状態にあってお腹が満腹過ぎず空腹過ぎない時間帯なら、多少のずれが生じても問題ありません。お腹の空き具合は、食後3時間ぐらいを目安にすると良いでしょう。

この条件を満たせば、午後や夜間でも集中しやすい体内環境を見つけることは可能です。例えば、ランチを昼12時にいただく人なら、午後15時から16時あたりに集中しやすい体内環境を整えることが可能です。もしも午後から集中力が必要な作業をするのなら、お昼休みに少し仮眠するという方法もおすすめです。

もしも試行錯誤したけれどなかなか集中力が続かない人は、スマートドラッグを活用するという方法も解決策の一つです。個人輸入代行サイトを利用すればネットショップ感覚でたくさんの選択肢の中から、ニーズに合わせて医薬品をリーズナブルに購入できます。
スマートドラッグにプラスして集中力を持続させるためのテクニック
大人が続けて集中できる平均時間は50分程度とされています。ただ、50分間一心不乱に一つのことに集中できるというのではありません。50分の間にも、一時は集中力が非常に高まることもあれば、途中で少しダレることもあるなど、波があるものです。ですので、集中力の本当の持続時間というと、せいぜい15分程度となるでしょう。

たった15分しか集中できないのかと思うとがっかりしそうですが、落ち込む必要はありません。15分間は高度に集中できるのであれば、その15分を何度も繰り返すことによって、トータルでは長時間集中力を維持することが可能になります。では、具体的にどうすればよいのでしょうか。

まず、何事であれ事前の計画が重要です。集中して何をやりたいのでしょうか。勉強でも仕事でも何でもかまいませんが、大切なのは、「何を目標に」、「何から始めて」、「どの順番で」やっていき、「いつ終わるのか」を事前に明確にしておくことです。こうすることで、全体の流れが始める前から把握できます。

逆に、これをせずに行き当たりばったり始めてしまうと、全体の流れがわからないため作業も漫然となりやすいです。そのせいで、本来発揮できるはずの集中力さえ発揮できず、無駄に時間を浪費することになってしまいます。先ほど述べたように、集中力の1回の持続時間は15分程度です。その15分の間は1秒も無駄にしないように、前もってその時間内で何をどのようにするのかを決めておくようにしましょう。

集中力を発揮するには、集中力を阻害するものをあらかじめ排除しておくことも大切です。部屋が散らかって気が散るのであれば、先に片付けておきましょう。

脳は秩序を愛するものです。たまに「散らかった環境の方が集中できる」と言う人がいますが、目に入るものが多くなるほど、脳が認知しなければならないものも多くなってしまいます。教科書の横に漫画があったら、どうしても漫画に手を伸ばしたくなってしまうのが人情です。スマホをいつもそばに置いておく人は多いですが、それも集中を乱す大きな原因ではないでしょうか。そもそも、余計なことに気を取られて、肝心の集中したいことに対する認知力が足りなくなっては意味がありません。こだわりがないのであれば、部屋も整然と片付けておいた方がよいでしょう。

もちろん部屋の中だけでなく、作業するデスクの整理も重要です。漫画やスマホなど余計なものはしまってしまい、デスクの周辺は作業に必要なものだけを手に取りやすいように配置しましょう。

どうも集中できないという方は、今のデスクがご自身に合っていない可能性を考えてみてください。たとえばデスクの高さが合わないと、腰や肩に余計な負担がかかってしまうため、集中しようにも集中できません。人によっては、そもそも座って作業するのが苦手ということもあります。それならスタンディングデスクを導入するなど、ご自分が本当に集中して作業できるように、道具や環境を整えておくことが大切です。

これでようやく集中するための環境が整いました。あとは作業を開始するだけですが、集中し慣れていない人の場合、15分間といえど集中が続かないということもあるでしょう。そういう方のために、集中力を維持するための工夫もお伝えします。

なかには静かすぎる環境ではかえって気が散るという人がいます。ふつうに考えるとうるさい環境より静かな環境の方が集中できるものですが、物音一つしない静寂のなかより、少しぐらい音がしている方が集中しやすい場合もあるものです。そういう方はBGMを上手に利用しましょう。歌のある音楽は歌詞に気を取られてしまうのでNGです。音楽なら歌詞のないインストゥルメンタル、もしくは、自然の音などの環境音の音源がよいでしょう。最近では海や川、雨の音、鳥のさえずりなどの音源が多数出ています。

音の次に考えたいのが香りです。見落としがちですが、人は意外と嗅覚に左右されています。また、脳は知覚した香りとともに、セットでその時の情景を記憶するようになっているため、香りを上手に活用すればいつもより記憶力を高めることも可能です。一般的に集中力アップによい香りというと、ペパーミントやローズマリーの香りが挙げられます。それ以外でも好きな香りがあれば、ぜひ香りを嗅ぎながら作業してみてください。香りのない状態よりも集中できることを実感できるはずです。

最後に、今では集中力アップの定番テクニックとして有名ですが、「ポモドーロ・テクニック」を紹介します。これは、作業時間25分と休憩時間5分の30分単位で作業を区切る方法です。タイマーで計測して、25分経ったら今やっている作業が途中でも手を置きます。休憩の間は別の作業をするのではなく、体を動かしたり瞑想したり脳をリラックスさせるのがポイントです。休憩後、また25分の作業タイムに入り、また5分休むというサイクルを繰り返します。

どうやっても集中力が続かないという方には、スマートドラッグがあります。集中力や意欲を一時的に高める薬として有名です。個人輸入代行サイトで誰でも簡単に買えます。
スマートドラッグってどんな薬?
スマートドラッグとは、理解力や判断力、論理力などの認知能力と記憶力を高め、脳機能をサポートする効果を持つ成分を含んだ薬のことです。日本では、アルツハイマーなどの脳の働きが衰える病や、脳の機能が異常を起こすことで身体的症状を引き起こすパーキンソン病の治療薬として利用されているものが有名ですが、このほかに集中力を高めたり難しい仕事をスムーズにこなしたりすることを目的として、利用されているケースもあります。

もともとは医薬品として利用されてきましたが、近年はサプリメントや健康食品として販売されているものも少なくありません。脳の神経伝達物質の量を増やして思考力をスムーズにする、あるいは酸素の供給量を増やしてエネルギーを活性化させるのが医薬品としてのスマートドラッグです。一方、サプリメントとして売られているものは、アミノ酸やビタミンを主成分とすることで脳の神経伝達物質の合成を助け、頭を整理するサポートをしてくれます。

スマートドラッグの持つ効果のメカニズムは、それぞれ薬の種類によって異なります。集中して考えるのが苦手だったり、頭を使っているとすぐに疲れてしまう、難しいことを考えると混乱してしまうといった場合、悩みに合わせてスマートドラッグを選んでいくことになります。

思考や記憶、判断をするためには脳が正常かつ充分に機能することが重要ですが、その際に鍵となるのがセロトニンやドーパミン、アセチルコリンなどの神経伝達物質です。これらの物質が脳内で充分に分泌されていれば、考えたり集中したりも満足に行えますが、高い集中力や記憶力が要求されるとなると早々に消費され、注意力や判断力、記憶力などが下がってしまうことが多いです。脳内神経伝達物質の分泌量は、個人差や時と場合によっても異なりますが、スマートドラッグはそんな時に、代替となる成分を意図的に摂取することで脳の働きをサポートしてくれるのです。長時間頭を使っていると注意力が落ちてしまう、ミスが目立つというような人はスマートドラッグを利用することでパフォーマンスを上げていけるでしょう。

また、判断や思考、記憶力などを求められる場面となると、不安や緊張で気分が沈んでしまうという人にもスマートドラッグはおすすめです。スマートドラッグの中には精神安定剤や抗うつ剤のような働きをしてくれるものもあり、利用すれば気分の低下からの思考停止を防げます。精神安定を図ってくれるスマートドラッグには、天然ハーブや気持ちを落ち着かせてくれる作用のある神経伝達物質の素となるアミノ酸などを含んだものがあるので、こういったものを選択していくと、気持ちをしっかりもって思考し、判断できるようになります。

神経の成長促進や脳細胞の保護など、一時的な機能の働きの改善だけでなく、脳の成長そのものをサポートしてくれるものもあるので、ニーズに合ったものを選べばより満足に利用していけるでしょう。

スマートドラッグを利用する場合、詳しい服用方法はそれぞれの薬によって異なりますが、基本的には効果が表れて欲しいタイミングを見計らってその30~60分ほどまでに飲めばOKです。食事の影響をほとんど受けないことから、食前や食後を問わず利用できるものがほとんどです。スマートドラッグの便利な点は、効果を発揮して欲しい場面のために、長期間飲み続けて備える必要が無いところです。会議やテスト、勉強の前など、その時々に合わせて直前に服用すればOKなので、いつでも便利にその効果を頼れます。ただし、医薬品として分類されるスマートドラッグの場合は他の薬との併用が問題となるものもあるので、この点については確認しましょう。サプリメントタイプは基本的に問題無く利用でき、こちらの方が重宝に利用できることは間違いないでしょう。

スマートドラッグという名前のイメージから、反射的に違法薬物を連想してしまう人もいますが、実際にはそうではないので安心して服用して大丈夫です。服用することで脳に足りていない物質を補い、脳の働きを促進させて思考力、記憶力、判断力をサポートするものですから、日常生活において考える力や集中力が足りていないと感じる人はぜひスマートドラッグを利用してみてください。スマートドラッグの力を借りて脳の働きをサポートしていけば、パフォーマンスが上がるのはもちろん、自分自身にもより自信を持てるようになるでしょう。日々を充実させるためにも、スマートドラッグは有意義に利用できる薬なのです。また自分に合ったスマートドラッグをきちんと把握しておくと、いざという時に上手に利用しより良いパフォーマンスを発揮できるようになります。自分がどういう時に思考や判断力が落ちてしまいがちかといったことを見つめ直し、より良い効果を得られるものを見つけておくと良いでしょう。自分に合ったスマートドラッグを知っておくと、どんな時でも慌てず対処できるようになります。
頭がシャキッとするスマートドラッグの選び方
スマートドラッグとは、服用すると頭がシャキッとしたり、集中力が高くなるなど、脳の機能を高める効果を持つ医薬品のことです。脳の働きを一時的に活性化できる成分はたくさんあり、医薬品に分類されなくても、例えばコーヒーやお茶に含まれているカフェインや、魚の油に含まれているDHA、たばこに含まれているニコチンなどはよく使られています。スマートドラッグとして医薬品に分類されるものは、これらの作用がより明確になったものだと考えると分かりやすいかもしれません。

スマートドラッグを使うことによって、脳の働きを一時的にパワーアップできます。eSPORTSのようなゲーム大会においては、自分の力をスマートドラッグによってパワーアップすることは不正行為だと考えるため、競技に参加する際にはスマートドラッグを使用していないかどうかというドーピング検査が行われます。しかし、自身が普段に使う場合にはそうした検査はありませんから、自己管理で利用が可能です。

スマートドラッグには、たくさんの種類があります。大きく分類すると、頭をシャキッとさせるのか、それともリラックスさせるのかに分類できます。その中でも人気が高いのは、集中力を高めたり、頭の回転が速くなる作用を持つピラセタムという有効成分です。ヌートロピルとかミカオームなどの医薬品が該当し、これは脳内のコリン作動系医薬品に分類されます。

脳内のアセチルコリンを増やす作用を持つシチコリンやホスファチジルセリンなども、スマートドラッグの有効成分として人気があります。これは、学習能力や判断能力を高めたい人に効果的で、記憶力がアップしたい時におすすめです。一時的な服用でも効果はありますが、継続して服用してもOKなものもたくさんあるのが特徴です。

チロシンもまた、脳の働きをシャキッとしてくれるスマートドラッグで、やる気を高めたり疲れにくくなるという効果が期待できます。仕事に集中したいけれどなかなかできない場合や、短い時間で仕事を片付けてしまいたい時などには、効果的かもしれません。

スマートドラッグには、過剰な神経の働きをリラックスさせる作用を持つものもあります。例えば、あがり症や緊張症を軽減する効果のあるプロブラノロールは、インデラルなどの医薬品に含まれている有効成分です。心拍数を抑えることによって神経の高まりや血圧上昇を抑え、脳をリラックスした状態にできます。

高ぶる気持ちを落ち着けたい時に効果的なスマートドラッグは、コリンです。血圧の上昇を抑えることによって神経を安定させるとともに、記憶力がアップする効果が期待できます。常にストレスを感じてイライラしている人にとっては、コリンを服用することで落ち着くことができて学習能力も高まるという2つの効果を同時に得られるでしょう。

リラックス系のスマートドラッグには、ストラテラやDMAEなどもあります。ADHDの人が服用していることが多い医薬品で、注意が散漫になってしまったり、思考が絡まってしまった状態を改善できる作用が期待できます。ちなみにこのDMAEは、頭をシャキッとさせる作用を持つチロシンと相性が良く、併用することができます。

これらのスマートドラッグは、それぞれ作用が異なり、得られる効果は異なります。そのため、スマートドラッグを選ぶ際には、自分がどんな効果を得たいのかというニーズや希望によって選ぶと良いでしょう。どのタイプも脳の神経へ直接作用するため、服用する用量にはくれぐれも注意が必要です。過剰に摂取してしまうと、副作用が大きく出てしまうことがあるためです。

例えばピタセラムの副作用は、眠気や下痢などがあります。集中力を高めるために服用しているのに眠くなったのでは、意味がありません。もしも眠くなってしまう場合には、服用量を減らすことで対応してみると良いでしょう。

リラックス系のスマートドラッグでも、副作用が起こることはあります。例えばプロブラノロールでは、めまいがしたり脱力感、頭痛などがありますし、ストラテラでは継続的に摂取すると体重が減少したり動悸、多汗症などを起こすこともあります。

スマートドラッグを選ぶ際には、相性が良くない禁忌薬が存在する場合があります。そのため、普段飲んでいる薬がある人は、スマートドラッグが禁忌にならないような注意も必要でしょう。頭をシャキッとしたい時におすすめのピラセタムやシチコリンに関しては、特に禁忌となっている薬はありません。しかし、サプリメントを摂取している場合には、何を摂取しているかによっては相性がイマイチとなっていまう可能性もゼロではありません。そのため、スマートドラッグの服用を始める際には、体調のわずかな変化にも気を付けると良いでしょう。

脳に直接作用するスマートドラッグは、できるだけ信頼できる個人輸入代行サイトを利用することをおすすめします。インドを拠点として正規の医薬品輸出業者として認可を受けているコンディション21なら、日本人も多く利用している個人輸入代行サイトです。高品質のスマートドラッグをリーズナブルに購入できるという点で、高い人気があります。
近年注目のスマートドラッグとは?通販サイトで購入できる?
日本では今後高齢化社会がますます進むとみられています。それとともに注目されているのが認知症です。認知症は高齢者の間で発生リスクが高まるといわれていて、どのようにケアしていくかが今後の課題になるでしょう。認知症の一種であるアルツハイマー病の治療薬として注目されているのが、スマートドラッグです。スマートドラッグとは脳機能をサポートするための医薬品で、記憶力のほかにも認知能力に刺激を与える働きがあるといわれています。アルツハイマー病のほかにも脳機能の異常で全身症状を引き起こすパーキンソン病の治療薬として使われているものもあります。

なぜスマートドラッグが脳機能を向上させられるのか、それは薬の種類によって異なります。脳の神経伝達物質や酵素、ホルモンなどの化学物質の供給をスムーズにする薬もあれば、酸素の供給量をアップさせる薬も見られます。また神経の成長を促すような医薬品も見られます。

スマートドラッグは治療以外にも、摂取することで脳機能を強化する効果も期待できることから、健康な人でも購入することがあります。実際スマートドラッグを服用した人の中には「頭がすっきりする」とか「記憶力がアップしたような気がする」といった意見も見られます。具体的にどのようなメカニズムがあるのでしょうか?

まずは神経物質の調整効果のある薬が挙げられます。私たちが頭を使って考えたり、記憶したりするためには神経伝達物質が欠かせません。アセチルコリンやセロトニン、ドーパミンといった物質が該当します。しかし分泌量には個人差があります。分泌量をアップすることで長時間集中力を高めたり、記憶力をアップしたりする効果が期待されます。長時間作業をして集中力が低下した、些細なミスを起こしたことのある人は対策として、スマートドラッグを摂取してみるといいでしょう。

精神安定剤に近い働きのあるスマートドラッグも見られます。緊張する場面で気持ちが安定しない、気分が沈みがちになってしまう人はこのタイプのスマートドラッグがおすすめです。アダプトゲンをはじめとして天然ハーブの配合されているものもあれば、アミノ酸の含まれている薬なども見られます。

スマートドラッグの中にはクレアチンやアセチルカルニチンなどの配合されているものもあります。これらの成分には脳の栄養分や酸素の供給量をアップする効果があるといわれています。脳が活発に活動するためには栄養分も必要ですし、酸素も欠かせません。酸素が欠乏すると急激に脳機能は低下してしまうといわれています。クレアチンには脳のエネルギー源といわれるATPの生成を促す働きがあります。一方アセチルカルニチンにはATPの原料の一つである脂肪酸を脳に届ける働きがあるといわれています。ピラセタムやビンポセチンといった成分が配合されたスマートドラッグであれば、酸素の供給を促す効果が期待できます。

ADHDという言葉を聞いたことのある人もいるでしょう。このADHDの治療に利用されているスマートドラッグも見られます。脳の整理を進め、集中力を高める効果があるといわれています。カフェインやニコチン、ニセルゴリンといった成分が含まれていれば、頭の回転やスタミナを強化する働きがあると判断しましょう。

記憶力に自信がなければ、ホスファチジルセリンやイチョウ葉エキス、ローズマリーエキス、ビタミンCなどを配合しているスマートドラッグを摂取するといいでしょう。記憶に関係する脳の部位に海馬があります。ホスファチジルセリンにはコルチゾールの脳内増加を抑制する働きがあるといわれています。コルチゾールはストレスホルモンの一種で、脳内に溜まると海馬の働きがダウンしてしまいます。またビタミンCにはアンチエイジング効果があるといわれています。脳も同様で、脳細胞の酸化に伴う老化を防ぐ効果が期待できます。物覚えが悪いと思うのであれば、これらの脳細胞を保護して海馬の活性化を促すようなスマートドラッグを服用するといいでしょう。

ヒデルギンやイデベノンなどの成分の配合されているスマートドラッグの場合、神経の成長を促す効果があると考えてください。先に挙げた2つの成分はいずれも、神経成長因子のような働きをすると考えられています。神経成長因子は脳神経の成長を促進し、脳機能の向上が期待できます。

スマートドラッグは今では通販サイトで購入することも可能です。長時間労働で脳が疲れている、でも脳の働きを活性化させないといけないと思うのであれば、通販サイトでスマートドラッグを注文してみるといいでしょう。スマートドラッグを取り扱っている通販サイトはいくつかありますが、その中でもおすすめなのがコンディション21です。スマートドラッグも数種類取り扱いがあります。サイトでは商品別にどのような効果が期待できるか、簡単に紹介しています。どれを購入するか迷ったら、商品説明をチェックしてみるといいでしょう。
スマートドラッグも!脳の血流をアップして脳を鍛える方法
ボケ防止には指先の運動がよいと聞いたことはないでしょうか。実際、指先を使ってする細かい作業は脳に良いことがわかっています。

最近ならスマホやパソコンで文字を打つといった作業もありますが、このような日常的な作業を行うためにも、微妙な動きが指先に要求されます。その動きを要求するのが脳です。つまり、脳にある無数の神経細胞がコントロールしているからこそ、指先がこうした微妙な動きができるようになります。

年齢を重ねるにつれ、指先の細かい動きが難しく感じる人は多いでしょう。これも脳の神経細胞の働きを考えれば当然です。年を取るほど神経細胞の働きは衰えてしまうので、それによって指先の動きも鈍くなってしまいます。

しかし、たとえ加齢で衰えた神経細胞であっても、脳をしっかり刺激してあげることでその働きを改善することは可能なのです。また、神経細胞の働きが改善されると、判断力や記憶力に大切なアセチルコリンなどの脳の神経伝達物質も活性化されるため、若返った気分になったり記憶力がアップしたようにも感じられます。さらに、ノルアドレナリンという積極性とも関係する物質も活性化されるため、生きること全般のやる気までアップするでしょう。

このように脳を鍛えると良いことばかりなのですが、「あまり使いすぎても疲れるし脳にも良くない気がする」とは思ってないでしょうか。そう思っているのなら間違いです。

人間が自分の意思で使うことができるのは、脳のごく一部に過ぎません。その割合は全体の2%などとも言われることもあるように、どんなに脳を使っていると思っても、使いすぎになるほど使うことはできないのです。逆に、自分でも使っていないと感じる程度では、脳にはほとんど刺激がない状態ということになります。ですから、どんどん脳を鍛えましょう。

脳を鍛える方法にはいろいろありますが、誰でもすぐに始められる方法としておすすめなのがウォーキングです。歩くことで血流が良くなり、脳に流れ込む血液量もアップするため脳を鍛えることになります。「それならジョギングの方がよくない?」と思いたいところですが、ジョギングだとやり慣れていない人の場合、三日坊主に終わる可能性が高いです。

ウォーキングなら誰でも気軽に始められますし、体にも無理がないので長く続けられるはずです。最初は近所をぶらぶら歩くだけでもよいでしょう。歩くのが苦でなくなったら、徐々に時間と距離を伸ばしていきます。さらに、スピードも上げて、いわゆるエクササイズウォークという腕を大きく振るスタイルで歩けるようになれれば最高です。

ウォーキングはリズム運動の一種です。リズム運動はセロトニンを活性化し、メンタルにも良い効果をもたらします。それに加えて、ウォーキングで足、腕、腰、背中などの筋力維持にもなります。さらに、外を歩くことで新鮮な空気をたっぷり取り込めるので、体の血流が良くなるのです。

健康のために歩く場合、1日1万歩を目安にするとよいと言われます。しかし、実際に歩いてみると1万歩はかなりの距離です。歩幅にもよりますが、男性なら7~8kmは歩く必要があるでしょう。それだけの距離を一度に歩こうと思うとまとまった時間が必要です。そうすると、「歩く時間がないから今日はやめよう」となって、徐々に歩くことすらやめてしまう危険性があります。

大切なのは歩き続けることです。一度に1万歩歩けなくても、10分や20分などこまめに時間を作って歩くようにすれば、1日の合計で1万歩は無理なく達成できます。時間がないから歩かないという考え方はやめ、歩ける時に歩くようにしましょう。

とはいえ、やはり「この時間帯に〇〇分歩く」などと決めて、毎日の習慣にした方が続けやすいことは確かです。そうじゃないと、「今は少し気分が乗らないから、夕方にしよう」などと思い、結局、その日は歩かずじまいなんてことになってしまいます。歩くことが完全に習慣化するまでは、「何があってもこの時間はこれだけ歩く」と決めて毎日続けることを意識した方がよいでしょう。

脳を鍛えるには脳の血流をアップするとよいのですが、実際、脳へ心臓から1日でどのぐらいの血液が送り込まれているのかご存じでしょうか。1分あたり約1.4Lなので、1日なら約2,000 Lにもなります。2,000 Lというとドラム缶にした10本分ぐらいです。これだけ大量の血液が、たった1日で脳に送られているなんて驚きではないでしょうか。

驚くのはこれだけではありません。ウォーキングをすることによって、脳へ送られる血液の量はこの10倍にまで高まります。脳へ送られる血液が増えるほど、酸素や栄養が血液と一緒に脳へと届けられるわけですから、ウォーキングが脳を鍛えるのに最適というのもうなずけるでしょう。

ところで、脳の血流をアップさせるのに効果が期待できるスマートドラッグをご存じでしょうか。ピラセタムやヒデルギンといった薬がありますが、血流をアップし、脳機能の強化や調整によいとされています。通販サイト「コンディション21」にて購入可能ですので、興味のある方は見てみてください。

カテゴリ一覧

ページトップへ
インデラル通販&個人輸入・コンディション21 のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。